2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

お薦めの本

無料ブログはココログ

カテゴリー「医療」の329件の記事

2020年2月19日 (水)

新型コロナウイルス、これはもう、インフルエンザと同じく、季節性流行病ですわ

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

新型コロナウイルス。以前私が書いた通り、クソ安倍政権と厚労省の無能ぶりが見事に発揮されています。いやもう、笑うしかないというか、予見した通りの現状に情けない限りです。

 

特に、船を隔離したことは、愚の骨頂です。私のように、アメリカで細菌学や免疫学を学んできたものとすれば、日本政府のしたことは愚の骨頂以外の何物でもなく。

 

中世のペストとは違うのですよ。当時、感染者を一箇所に集め、感染していない人たちを隔離しました。ペストと新型コロナウイルスの違いは、感染率の違い。特に、発症率の違いです。

 

船に隔離した人たち、当初は8割、もしくは9割の乗客は非感染者でしたでしょう。ところが、アホの日本政府のせいで、ウイルスの蔓延する船内に閉じ込められたせいで、非感染者も感染してしまったのです。これが、WHOのみならず、世界各国から日本政府が非難されている原因です。

 

非感染者まで、感染者と一緒に隔離したので、感染してしまったのです。私個人の意見ですが、新型コロナウイルスを、中世のペストと同じ扱いをした、クソアホ安倍政権と厚労省官僚の無能さの結果です。いやもう、無能すぎてあきれかえります。

 

SRASの時にしっかり学んでいたのなら、いや、それでなくても船にいた人たちを船に閉じ込めるのではなく、まずは緊急に港に隔離できる部屋を用意する。コンテナでもいいのです。(武漢ではこれを行なっていますよね?)とにかく船から下船させ、一人につき一つのコンテナ、もしくは隔離テント。ここで2週間の隔離を行う。その後、非感染者は開放で良かったのです。そして、必ずしっかり換気をさせること。船にも、強制的に風を送り込み、強制換気をさせるだけで感染は抑制できるのです。それどころか、クソアホ安倍政権は、窓もない密室に閉じ込めました。これでは、ウイルスを「人体を使って培養した」ことに他ならないのです!ほんと、SARSの時の感染対策を、全く学んでいない厚労省のアホ官僚どもには、腹がたつだけです!いや、もしかしたら、当時のことを知っていた官僚が意見具申したのでしょうが、それを全く聞き入れなかったクソ安倍政権自体が、その無能さの証明です!!!

 

確実に感染している人たちを隔離することは、間違い無いです。いいですか?「確実に感染している」人たちだけですよ?大問題は、感染していない人たちまで、感染者たちと「一緒に」隔離していることなのです!(だから国際的に問題になっているのです。)

 

今回の新型コロナウイルスは、ほぼ50%が症状を出さないのですし、潜伏期間が最大14日間という事実。(へたしたら、それ以上の潜伏期間かも?)船に隔離されている間に、それも検査の間に感染する可能性が大変高いのです。なんで、こんな単純で基礎的なことがわからないのか?やっぱり、厚労省のクソ官僚や御用学者がたちが、アホばかりとしか言いようがないです!

 

いやはや、一旦権力を持った人間がその後どのような言動をとるのか、見事なサンプルですわ。あぁ、そういう意味では、クソ安倍政権にかかわる全てのクソ政治屋と官僚ども、およびその腐った政治屋と官僚どもに尻尾を降っている警察、検察、大企業の輩ども、一般人より権力を持つ輩ども全てが腐りきった人間です。明日は我が身と思えるなら、その権力や肩書きを他者を救うために使うのが本来の使い道のはず。そうではなく、自己保身と腐ったお仲間のためだけに使う。

 

クソ安倍政権は、民主党が与党の時が最悪だったと言い放ちました。本当ですか?私には、民主党の時も悪かったですが、今のクソ安倍政権よりずっとマシだったとしか思えません。今のこの状況、なんら改善しないどころか、いたずらに感染者を増やした船の隔離、汚染水を大気放出か海洋放出しようとしている環境省、貧困に喘いでる人々を無視し、貧困は自己責任だと言い張っているクソ政権。民主党が与党の時より、今のクソ安倍政権である自民党の方が、圧倒的に悪政権だと思いませんか?

 

換気が大切です。部屋の換気をするだけで、かなり感染率を減らすことができるのです。これは、一般人における、インフルエンザ感染に対しても言えることなのです。とにかく、部屋に風を通し、部屋の空気を入れ替えること!これだけでかなりの感染を防げるのです。なんでこんな簡単なことを、政府が言わないのか?も、御用学者と言う連中も、結局アホバカばっかという証明です。寒いのと、感染するのとどっちがいいですか?寒いのは、着込めばなんとかなります。でしょ?それとも、換気もせず、もしかしたらウィルスがいるかもしれない場所に、自らを閉じ込めたいですか?そうしたい方はどうぞしてください。というか、クソ安倍を始め、今の自民党の腐った輩どもを、あの船に閉じ込めてやりたいですわ。軟禁状態に置かれる苦しみ悲しみを、自分がいつ感染してしまうのか?という恐怖をたっぷり味わわせてやりたい!

 

この国の腐り切った政治屋、および官僚ども。国民のことなどどうでもいいと考えていることが、改めて開示されてますけど、このことにどれだけの国民が気がついているのかどうか、はなはだ疑問です。

 

すでに新型コロナウイルス、インフルエンザと同等の季節性流行病になったな、というのが私の認識です。インフルエンザと同じですよ、インフルエンザと。ですので、マスクより、まずは手洗いです。これが一番大切です。

 

似たようなことをあげると、数年前に話題になったのですが、今ではほとんどマスコミも取り上げず、人の口にも上がらない、デング熱。これももう、日本では風土病と言っていいです。多くの健康な人なら風邪と同じような症状で終わってしまいます。デング熱は蚊によって媒介されますが、蚊を全滅させることはほぼ不可能です。人体へも有害副作用をおよぼす殺虫剤を、都内全域および地下施設(地下鉄の通路全部)へと噴霧することは不可能です。卵の状態、ボウフラの状態へはどうするの?蚊は、ほんの少しの水があれば、そこに産卵します。各家庭の植木鉢や、地下鉄内の水たまりなどなど。その全てに対してどう対応できますか?無理です。ですから、そこから考えても、すでにデング熱は日本において風土病となっていると言っているのです。現在、一切デング熱についてマスコミも政府も何も言わないのは、すでに風土病、つまり日本に「定着」している病気ということに他なりません。そういう意味で言うならばセアカゴケグモも、ヒアリといった危険外来生物も、日本に定着していますね。一時期、あれだけ騒がれましたが、今ではどちらの危険外来生物も、ほとんどマスコミで取り上げられることはありません。

 

焦ってマスクを買い求める必要性は、全くありません。それでなくても、今の社会の不安に付け入って足元を見た、転売屋の不当高額なマスクを買う必要は全くありません!マスクは使い捨てです。そんな高額なマスクを買って、あなたはそれを使い捨てできますか?10枚買って、それを一日一枚使い捨てていたら、10日で無くなります。その都度、不当な金額を払って買うのですか?それとも、使い捨てマスクを「洗って」使いまわしますか?そんなもの、何の効果もないのですよ?

 

ほんと、人間ってどうしてこうも嘘の情報に振り回されるのか?なぜ、自分の頭で考えないのか?ほとんどの人間は、全く進化していないのだなぁと改めて感じる次第です。だから今の世界は、これほど腐り、不正がはびこり、他人を陥れてでも自分だけが利益を受ければいいという腐り切った輩ばかり。まともに生きている人ほど、日々の生活に苦労している。こんな世界、社会は間違っているとしか思えないです。

 

インフルエンザと同じ対応でいいのです。症状が出たら、会社や学校に行かず、まずは家で一週間体を休めること。これに尽きます。高齢者、糖尿病や抗がん剤治療を受けているなどの、基礎疾患や免疫系に悪影響を与える薬剤を服薬している人は、要注意です。あぁ、あまりマスコミでは言われていませんけど、私としては喫煙者は要注意だと思います。

 

今回のコロナウイルス、気道に感染し、重篤な肺炎症状を引き起こします。喫煙者はタバコを吸っているというだけで、その呼吸器は非常に弱っているのです。若くて体力があったとしても、ちょっとしたことで重篤になりかねないな、と思うのです。ま、タバコを吸っている人は、あくまで自己責任です。結果として重篤になったとしても、それはまさに自己責任ですので。いやなら、タバコをやめればいいだけのことです。

 

コロナウイルスは、その感染源から1m離れれば、ウイルスは死滅するようです。感染力はインフルエンザと比べると弱いと考えていいかと。毒性も、インフルエンザほどではないです。WHOは2%と公表していますし。え?WHOは信頼できない?いえいえ、腐っている厚労省やクソ日本政府よりかは、ずっと信頼できますよ!

 

なら、なぜこれほど感染者が増えているのかって?不顕現、つまり無症状の人が多いからです。どうやら(健康人なら)50%の人は感染しても症状が発症しないようです。症状がなければ動き回ります。そして、不顕現でもウイルスを撒き散らします。だから感染者が増える。二分の一の確率で症状が出ないのです。毎日の通勤電車やバス内、あれだけの人混みですと、だれが不顕現感染者なのか全くわかりません。だからと言って、あの混雑の電車内で隣の人と1メートル以上間を開けることができるとでも?

 

感染している人、基礎疾患のある人だけ、万が一の予防を期待してマスクをつけることはいいでしょう。普通の人は、マスクなどしても無駄です。咳が出るときには、ハンカチや肘で咳を受け止めましょう。これが咳マナーです。手のひらで咳を止めるのは、無意味です!

 

本来なら、こういう咳マナーについてもっとマスコミや政府が広く通達しなくてはいけないことなのですが、やれ新型コロナウイルス感染者数が何人になっただの、死亡者が何人だの、そんなくだらないことばかり放送しています。そして、自分の頭でものを考えない、まさに無能な人間ほど、そう言った情報に振り回されるのです。

 

この日本では、クソ安倍政権は言うに及ばず、マスコミもマスゴミと言われるほど落ちぶれているのです。これが先進国?なにそれ?この国はすでに、三流国です!北朝鮮や中国、リビアといった、国民よりも権力者たちがいい思いをすればそれでいいという、腐り切った国と同じです。

2020年2月 9日 (日)

夜間のブラキシズム(歯の噛みしめや歯軋り)対策用マウスピースっていいですね!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

先日、人生3度目の腰椎椎間板ヘルニアだろうという記事の時に、夜間就寝時用のマウスピースを受け取ってくると書きました。それ以後使っていますが、これ、いいですね。

 

初日はかなりの違和感を感じました。そりゃそうです。気をつけないと、唇の外角が少し空き、唾液が出てきてしまいます。

 

ところが一晩寝てみて驚きました!朝起きた時に、顎の、顎関節付近の筋肉疲労がない!ここ何年間も、朝起きた時に、顎関節部分の筋肉疲労が気になっていたのです。それが、いきなり初回使用後からない!これは久しぶりに驚くべきことです。

 

それ以後、今に至っても毎晩(1回だけ酔ってつけ忘れたことがありましたが)つけています。体が慣れてくるのでしょうね。つけ忘れた時の翌朝も、顎の筋肉疲労がなかったのです。つまり、夜間就寝用マウスピースの位置を体が覚えてきたのでしょう。

 

このマウスピースのおかげで、今後歯が今以上に噛みしめによって欠けることもなくなれば、こんな嬉しいことはありません。

 

一応書いておきますが、私は歯軋りはありません。ただ、就寝中にかなり強く噛みしめているだけです。

 

もし、これを読んでいる方で、朝起きた時に顎関節の筋肉が妙に疲れている、歯軋りをしている、噛みしめによって歯が欠けてしまったという方は、ぜひ、歯医者で夜間就寝用マウスピースを作ったほうがいいです。

 

一番気になるのは値段でしょう。保険適応です。私の場合は、一回目の歯型作成に800円ぐらい。2週間後のマウスピース微調整および受け取り時に3020円でした。メンテナンスは、私は三ヶ月ごとに歯石取りなどの定期検査を受けているので、その時にマウスピースを持ってきてくれれば、適宜微調整や修復をするとのことです。柔らかいのと硬いのがありまして、私は手を使わないと外れない硬い方を選んでいます。柔らかい方もいいのでしょうけど、その分耐久力が少ないかも?と思ったのも理由の一つです。

 

こんないいものがあるなら、もうちょっと早く、少なくとも歯が欠ける前に教えて欲しかったです。

 

普段の手入れは、朝起きたら外し、水道水で十分洗い流し、乾燥させるだけです。手間いらずで楽ですよ、これ。

2020年2月 3日 (月)

新型肺炎対策として、マスクが売り切れだそうですねぇ

ようそこのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

も、マスクをしていれば防げると思い込んでいる人の多いこと多いこと!ウイルスの大きさを知ったら、市販されているマスクなんて、全く効果がないことがすぐ理解できると思うのですが?

 

こちらのブログが、なかなか秀逸です。歯科医の方が書かれたものです。

 

花粉症対策程度のマスクでは、全く防げませんよ?本当にマスクで、コロナウイルスを吸い込みたくないのであれば、N95レベル以上のマスクでなければ無理です。また、このレベルのマスクになると、本当に顔に密着します。こういうマスクをつけ慣れていない人にとっては、息苦しさを感じることでしょう。

 

普通のマスクは、ザルです。そして、ほとんどの人はマスクの付け方が実にいい加減。多くのマスクはN95ほどの密着性はないので、顔とマスクの隙間からも、ガンガンウイルス入って来ます。

 

N95レベルのマスクを普段から持っている人なんて、ほとんどいません。で、今回の騒ぎでネット上でも、近所のドラッグストアからも根こそぎマスクがなくなっています。

 

まるでオイルショックの時に、紙がなくなるのでは?!という不安感から買い占めに走った時を彷彿させますね。人間、こんな勝手な思い込みによる「不安感」で、ここまで理性をなくした行動をとるのですねぇ〜。面白いというよりも、いつまでたっても、何度でも同じ愚かな行為を繰り返すことに、人間というのはいつ進化するのだろう?と悲しい限りです。いつまでたっても、自分で情報を取捨選択し、自分の頭で考え、その結果のもとに動くということをせず、TVで映像に出ているから、周りの人がそう行動しているから、などという、頭空っぽの行動をいつまでもとっていてはいけないのです。自分の頭で考えて行動しないから、今の日本は狂った政治屋による狂った社会になっているのです。

 

冷静に、今回の新型コロナウイルスの感染力がどの程度のものか、その毒性は、そういった情報は厚生労働省のホームページにも、それ以外の感染症研究所など、嘘を平気でいう厚労省以外の専門機関や感染症専門医の「ほぼ」正確な情報をいくらでも読むことができます。そういうほぼ正確な情報を読み、自分の頭で考えてください。そうすれば、いたずらに周りに振り回されることもなく、無駄なお金を使うこともなくてすみます。ほんと、今の、人の不安につけこんだ法外な値上げ品を買う必要性は、全くありません!

2020年1月29日 (水)

もしかしたら(もしかしなくても)3度目の腰椎椎間板ヘルニアかも・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

昨日、朝、仕事に向かう時のちょっと前から、腰に変な違和感が。特に右側に。

 

同時に、右臀部、右大腿部裏側及び外側面、そして、下肢外側部に走る痛み。

 

これって、ヘルニアじゃね?そのまま仕事に向かいました。仕事中、なんども腰に変な痛みと違和感が走りました。

 

この違和感と痛みには記憶があります。そう、2度目の腰椎椎間板ヘルニアの時とほぼ同じ。

 

ということで、往診後の夕方、まずは初めての食事をとり、その後自分の治療を行いました。

 

出る出る。瘀血がたっぷり。ティッシュ一枚を血で染め上げました。同時に、食後2時間以上経っているので、漢方薬を2倍量服薬。

 

さて、風呂に入ろうとしたら、まだ腰に変な違和感が残っている。ということで、風呂上がり後、すぐに再度変な痛みが走る右側のみ、遠隔治療。いや、驚きました。夕食後の治療時以上に瘀血が止まらない!右側だけで、ティッシュ一枚が血で染まりました。こんなこと、本当に久しぶりです!というか、何年ぶりなんでしょう。まさに、痛みを忘れた頃に疾患がやってくる、です。絞っても絞っても、瘀血が止まらないのです。本当に、どす黒い、真っ黒な瘀血が延々出続ける。む〜、それだけ経絡をかなり損傷しているということです。

 

寝ている間、寝返りのたびに目が覚めましたが(気にしているから目が覚めます)、それでも朝まで以前味わったような、ヘルニアによる、神経が火で焼かれる、脈打つ痛みが出ることもなく。どんな痛みが想像ができませんか?的確に文字として表現しているのですけど。神経に沿って、火で焼かれている痛みが太ももから足先まで走るのです。これがヘルニアによる痛みです。安静にしていようが、動いていようが、寝ていようが、立っていようが、何をしていようが、突然起こる痛み。それがヘルニアによる、我慢するのがとても辛い痛みなのです。外果骨折の時にも書きましたが、骨折の痛みなど、この神経に直接関する痛みに比べたら、可愛いものです。これは、実際に経験した人でないと理解できないでしょうねぇ。

 

今日は、夜間に非常に強く噛み締めているため、その対策として作ったマウスピースの出来上がる日。ベッドから起き上がっても、以前の時のような非常な痛みがないです。昨晩、しっかり瘀血を出したのが良かったのかも?

 

今日の夜も瘀血が出るのではと思えます。同時に、昨年末からしていなかった、ケーシー療法を再開する予定です。

 

お金がないのと、無能な整形にわざわざ行く必要もないな、ということで、自分でこの(多分)3回目の腰椎椎間板ヘルニアを、自分の治療で治してしまう予定です。さすがに3回目、もうMRIの画像もいりませんわ。それよりも、今、あの整形の院長と顔を合わせたら、右外果剥離骨折の件で、患者である私の質問をはぐらかしたことを、とことんまで追求してしまうので。今、その追求する欲求を止めることは多分できません。余分なことに、ただでさえ少ないエネルギーと、無能な人間相手に残り少ない時間を費やしたくないので、自分で自分を治したほうがいいという判断です。英断だと思いませんか?!え?そんなことわからん?そうですか・・・。ま、素人さんならそうでしょうねぇ〜。

2020年1月27日 (月)

日本国内では、新型コロナウイルスによる感染者数の予想は

ようこそこお運び、熱く御礼申し上げます。

 

もう、いきなり中国国内での感染者数が増えましたね。さすがに、もう隠し通せないと判断したのかも。

 

それより、私の予想ですが、日本国内での、潜在(つまり、発症しない感染者も含めて)感染者は、最大1500人から2000人ぐらいになるだろうと、今の時点でそう予測します。

 

どうやら、感染力は思っていた以上に強くなっているようで、これが元々のこの新型の持っていた能力なのか、人から人へと感染する間に獲得した能力なのか、それはわかりません。ですが、どうやら、感染力が上がっているように思えて仕方がないのです。

 

今のところ、私の予想では、日本国内での(公的)感染者数は最大2000人になるだろうと思いますが、感染力がさらに増大したり、今以上に毒性(致死率)が上がるようなら、これも変わって来ます。正直、今回の新型コロナウイルスに感染した時の、初期症状が風邪やインフルエンザとそう変わらないのです。見逃してしまい、重症化して確定診断をするまでに当然人は動き回るわけですから、ウイルスをばら撒きます。う〜ん、そうなると2000人程度の感染者数は少ないかも・・・。この倍の4〜5000人の感染者が出ると上方修正したほうがいいかも。

 

も、正直、クソ安倍政権の対応が遅すぎますし、習近平の中国政府の動きも、SARSの時と同じく遅すぎます!

 

今の社会の最悪なのは、とにかく経済優先。つまり、金の動きが最優先なのですよ。金?そんなに、政府の機関がいくらでも印刷できる紙切れが、人の命や地球環境より大切なのか?!と問いたいです❗❗❗



自然がなければ、人間が生きていける環境が維持できなければ、絶滅です。そんな状況になっても、紙切れが役に立つと思っているのでしょうね、魂が腐りきった人間どもは!

 

もう、情けない限りです。自分だけが良ければそれでいい。それはとんでもない考えであり、神の意志からはほぼ反対です。自分のことより、他人の幸せを望む。それが神の望みなのですけど。

2020年1月25日 (土)

やっぱり無症状の人が確認されましたね

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

昨日書いたブログに、新型コロナウイルスに感染していても、無症状の人が必ずいると書きましたが、やはりというか、当然というべき発表が出ました。

 

新型肺炎で無症状感染者も、中国
7人一家のうち6人が武漢旅行

2020/1/25 10:43 (JST)1/25 13:45 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、発症した家族からとみられる無症状感染者が見つかったと中国のチームが英医学誌ランセットに24日発表した。自覚のないまま多くの人に接触し、感染を広げる恐れがある。チームは「患者を早期に発見、隔離することが重要だ」としている。

 見つかったのは中国・深セン市。7人一家のうち6人が昨年末に武漢市へ旅行し、2人は肺炎で入院中の親戚を見舞った。帰宅後、武漢に行かなかった1人を含む5人が相次いで肺炎を発症した。

 無症状だった残る2人のうち1人は、検査で肺の異常が見つかり、ウイルス感染も確認された。

 

えーと、記事に書かれている「患者を早期に発見・隔離」とありますが、無症状の人は病院に行きませんよ?それとも、赤ちゃんを含め、全ての人間を検査しますか?そんな不可能なことをやれるとでも思いますか?いや、お金と時間があるなら、全中国人や、感染者と接触、もしくは近くにいた全ての人を探し出して検査もできるでしょう。ですがそれをしている間に感染はどんどん広がるわけですし、発症する人は発症するわけです。結局、患者の早期発見・隔離というのは、あくまで理想論であり、机上の空論に過ぎません。だって、不可能なんですもの。同じバスや電車の車両にいた。同じ飛行機に乗っていた。同じ船に乗っていた。どうやってその人たちを見つけ出すと?不特定多数すぎるのです。

 

皆さんもそうでしょ?症状が出たから病院に行きますよね?無症状なのに病院に検査してくれと行きますか?それでなくても、未だ風邪とインフルエンザが蔓延している病院に、行きたいですか?そして、現行の日本の健康保険制度ですと、症状がないのに検査してくれというと、基本実費を支払わなくてはなりません。今、感染しているかどうかを確認するためだけに、高額の検査費用を負担してまでしたいですか?検査結果が出るまでに感染するかもしれないのですよ?そんな無駄なことをしたいと思います?

 

武漢封鎖も遅きに失している上、春節で中国民族大移動が始まっている。しかもさらに悪いことに、金がある人間は、賄賂で封鎖されている武漢からも、中国からもいくらでも逃げられるのが実情です。

 

しかし、見舞いに行っただけで感染しています。見舞いに行った全員が全員、感染者と接触したのでしょうが、思ったより感染力が強いです。見舞いに行かなかった家族にも感染しているのですから。これは、少なくともSARS並みの感染力を考えたほうがいいと思います。あとは毒性です。ウイルスが変異を起こして、毒性をあげたとしたら、今後とんでもないことになりかねません。

2020年1月24日 (金)

新型コロナウイルスについて思うこと。対応や感染対策について

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

SARSの時もそうだったのですが、今回も、中国政府は隠蔽しようとしていたようで。クソ安倍政権と全く同じですね〜。都合の悪いことは隠してしまえ、と。まぁ、どこの国の政府も嘘ばかりついて、国民に真実を伝えることは決してないのですけど。そんな政府を作ってしまっているのは、民主主義なら国民の投票です。つまり、国民がそんな腐った政府を、国を作ってしまっているということ。日本は形だけとはいえ、一応民主主義です。再度書きますが、あくまで「形だけ」民主主義です。実際は世界で最も成功している社会主義国家です。どこが社会主義国家?と思う人は、調べてみてくださいな。そのための道具としてネットもあるし、図書館もあります。

 

さて、こんな記事が。私もかなりの人数が、発表されているよりずっと多くの感染者、および発症者がいるはずだと思っているので。

新型肺炎発症者、さらに多数か
英大学が4千人程度と推計
2020/1/23 10:28 (JST)1/23 10:48 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームは22日、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染による肺炎の発症者数の推計をまとめ、これまでに報告された数よりも多くの人が発症している可能性があると発表した。

 中国当局によると、23日の時点で570人超の発症者が報告されている。一方、研究チームの18日までの推計で、4千人程度が発症している可能性があると指摘。推定は条件次第で千~9700人と幅があるが、少なく見積もっても報告済みの数より多い。

 研究チームは17日、12日までに約1700人が発症したとの推計を公表した。

 

中間あたりをとって4000人程度、ですね。感染率というか、感染の程度を考えると、5000人弱ぐらいが妥当では?と私も思います。

 

今日、1/24に日本国内で2例目の発症者が確認されました。さて、この中国人旅行者が発症するまで、日本国内のどこに行っていたか?どの程度の人と接触したか?混雑する電車やバス、タクシーなどを使ったのか?が懸念事項ですし、政府はしっかりチェックしなくてはいけない項目です。あれ?この隠蔽体質のクソ安倍政権下、こういうチェックをしてくれるのかしら?してくれなさそうだなぁ。めんどくさいとか、費用がかかるとか言って。のちのち、対応のずさんさや対応が後手に回ったことを追求されたら、厚労省の官僚に責任を押し付けて、知らぬ存ぜぬを決め込むつもりでしょう。クソ安倍政権らしい対応を、そうなった時に取るのが、今から手に取るように見えますわ。

 

ちょうど春節で、中国人大移動が起こります。人の免疫の不思議なところで、人によってはこの新型コロナウイルスに感染していても、全く無症状であったり、すごい軽い症状で終わる人も必ずいます。不調が目立っていなければ、当人はいつも通り行動します。さてさて、この春節の間、およびその後、世界中でどうなるか?が心配です。

 

今回の新型コロナウイルス、SARSより(今のところ)毒性が低いようだ、というのが救いです。毒性がSARSより低いので、死者数がまだこの程度で済んでいるのですから。感染率はよくわかりません。もしかしたら、SARSと同じぐらいの感染率かもしれません。

 

感染方法はどうやら接触感染、飛沫感染のようです。一番怖い空気感染ではないのが救いです。接触感染、飛沫感染なら、

  • 流水下での手洗いを徹底すること
  • 手洗いをしっかりするまで顔、特に口や唇を触らないこと
  • 手洗いをする前に、物を口から食べないこと
  • 外から帰ったら、すぐに服を一切合切脱いで着替えること

で、感染をかなり防げます。

 

アルコール消毒は?と考えるに、基本、ウイルスにはアルコールは消毒作用を持ちません。細菌ならアルコールは効果を出すことが多いです。ですので、アルコール消毒をしたから大丈夫と安易に考えず、やはり流水下での手洗いが一番です。何でもかんでもアルコール消毒していれば、感染しないと考えないように。

追記:一応、今回のコロナウイルスに対してアルコールが効果を出すようですね。

 

高齢だったり、基礎疾患がある方が亡くなっているようです。つまり、SARSの時もそうでしたが、体力勝負ということです。現時点で、この新型コロナウイルスに対するワクチンも、治療薬も存在していません。感染した人の免疫次第ということです。発症時に体力、免疫がしっかりしていれば、回復するでしょう。中国で初めて回復した人の記事を読みましたが、まだ20代で健康、若かったこと。体力があったのでなんとか回復したのでしょう。それでも記事によれば、体重は激減、今も胃腸障害が残っているそうです。発症中はなにも食べらなかったとあります。食べられないので、体力が一気に削がれるのは当然です。体力がなくなれば免疫も保ちません。

 

ここまで読んで、あれ?何かに似ていると思った方は鋭い。そう、抗がん剤のケースと同じです。抗がん剤も、患者さんの体力を一気に削ります。体力がなくなるので、亡くなってしまうのです。実際の話、日本では、抗がん剤によって殺されている患者さんが非常に多いのが現実です。この事実、厚労省もマスコミも病院も医師も製薬会社も全てグルになって、患者さんに伝えないのです。不都合な真実ですから。誰にとって不都合?患者さんにとって?違います。先に述べた通り、政府、厚労省、マスコミ(広告収入だから)、製薬会社、病院、医師にとって不都合なのです。結局、金のために患者さんたちは見殺しにされているのです。

 

不都合だから、中国政府は隠します。冒頭に述べた通り、クソ安倍政権も、不都合なことは全て国民から隠します。結果、一番被害を受けるのは国民です。独裁政権、社会主義国家ほど、歴史から学ぶことをしません。むしろ、同じことを延々と繰り返します。不都合なことを隠そうとするからですよ。隠すためには、歴史を無視しなくてはならず、慣例をなぞることしかしません。

 

今回の新型コロナウイルス、「なに(どの生物?)」が、最初のキャリアーか?というのがまだわかっていません。中国人は「なんでも」食べてしまうので、ある動物からではないか?とも考えられます。なぜ動物か?というと、ウイルスは生きた生体内でしか生きられないのが基本だからです。ですが私自身は、既存のコロナウイルスの変異によるものでは?と思います。中国の、急激な経済成長に伴う環境汚染は有名なところ。有毒物質、および家畜への抗生物質大量投与。汚染物質垂れ流しと、日々口にする動物肉の高濃度抗生物質漬けで環境を汚染しまくっています。劇物(抗生物質も実際、劇物といって過言じゃないです)に接触し、生き残れたものは変異したものだけ。動物の体内で変異し、それを食べた、もしくは濃厚接触した人間に感染し、発症したのでは?と思うのです。抗生物質は、人間の免疫の最重要拠点である、腸内細菌を殺しまくります。つまり、免疫が成り立たなくなるのです。そんな状態の人体に、変異したウィルスがきたら、一撃で免疫はやられてしまいます。もしこれが当たっていたら、結局人間の愚かな行為が人間に戻ってきているだけのことです。まさに、巻いた種を刈り取っているだけです。人の命や自然環境と言った、本来あるべき姿よりも「経済最優先」を推し進めてきた結果が、今の状況を引き起こしていると言えます。ちなみに、アメリカ牛肉や鶏肉も、高濃度抗生物質漬けですよ、そのほとんどが。みなさん、知らないでしょ?

 

つらつら書きましたが、感染予防したいなら、人ごみに行かない、流水下での手洗いの徹底、手洗い前に顔・特に口を触らないが予防策でしょう。

 

しっかし、今更武漢を封鎖しても遅いですわ。現代の人の移動距離を全く見誤っています。電車も飛行機も車もない時代、徒歩と馬を使っていた時代なら、まだよかったでしょう。ですが現代では、一人の感染者の移動距離は、その気になれば世界一周できます。中国政府の対応は、今回も遅きに失しています。日本政府の、クソ安倍政権の対応もきっと遅きに失すると思えて仕方がないです。さすが独裁政権、さすが社会主義国家。再度書きますが、日本も全く同じですよ〜。

 

そうそう、今回のような新型の病気のことを描いた映画、「コンテイジョン」がオススメです。ちょうど今回と同じく、重傷の肺炎を起こすウイルスによる病気です。まるで今回のことを予言したかのような映画です。この映画で、人間というものがそれぞれの欲望でどう動くか?ということを見事に描いています。是非、見て欲しいです。レンタルDVDでありますから。

2019年9月 8日 (日)

久々の、人喰いバクテリアについて

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

久しぶりに、映画ではなく医療系の内容です。記事はこちら

 

「人食いバクテリア」、以前に2度ほど私も書いています。気候変動、つまり、温暖化や水質汚染によって、この人食いバクテリアと呼ばれる細菌が、今まで症例がなかった場所でもその感染が増えてきている、という事実。

 

私個人としては、当然のことだと思ってます。温暖化よりも、水質汚染、それも特に、人間が使う「抗生物質」の下水からの垂れ流しが一番の原因だと思っています。

 

は?下水から抗生物質が?と思う人が多分ほとんどでしょう。ざーんねん!あなたがものを知らなさすぎです。

 

今の西洋医療、何かにつけて抗生物質を処方することは、過去30年以上前から行われていることです。それこそ、風邪(ウイルスが原因)に対しても抗生物質を出してきたのです。抗生物質は、「細菌」には効きますが、「ウイルス」には効果が全くありません!!にも関わらず、西洋医師たちは、それを出せば

  • 儲かる(日本の保険治療では特に。処方箋を書けば、医師が儲かるように作られているので。)
  • 風邪を引いたことによって免疫が弱り、細菌性感染を「防ぐため」という名目での「予防的投与」


をずっと続けてきているからです。2点目の予防投与、これが正直無意味としか思えないのですわ。風邪をひいている時には、身体中の免疫系が活性化しています。その活性が、風邪のウイルスだけに対してとなぜ思う?免疫は全身作用です。風邪のウイルスだけではなく、他の感染に対しても同時に働いているはずです。私個人の意見ですが、予防的投与ほど意味のないものはなく、その結果として、抗生物質への耐性菌をいたずらに作り出している「最大原因」だと思えて仕方がないのです。近年では、タミフルがそれです。高齢者や医療者への「予防投与」という名目で大量に使われた結果、タミフルにたいして耐性を持ったウイルスがほとんどとなってしまいました。結局、医者と製薬会社(と政府)を儲けさせただけです。

 

再度書きますが、ウイルスには、抗生物質は効きません!全く、全然、0%です!!!素人の患者さんは、そのことを全く知らないので、医者が自分の儲けのためだけに漫然と処方された抗生物質を、ずっと飲み続けてきたのです。はい、風邪に抗生物質が効果があると思い込んで。まさに、「思い込み」と医師たちからの「刷り込み」です。医師たちと製薬会社の、自分たちが儲けたいという「利己」に突っ走った結果がこれです。

 

記事ではフロリダですが、日本でも同じですよ。それほど社会に知られていないのは、マスコミが報道しないから。これに尽きます。正直、日本でも、人喰いバクテリアによる死者数は、確実に増えていると思います。厚労省が、その数を隠していたら、誰も知らないですよね〜。今のクソ安倍政権になってから、官僚がクソ安倍政権に忖度するようになり、クソ安倍政権にとって不都合なことは国民に対して隠すようになって久しいですから。国民の健康を守るはずの厚労省が、統計結果を改ざんするという、近代国家としてあるまじきことを平気でしている組織なのは、周知の事実。その結果、国民が多大な被害を、それも命を秤にかけた被害を受けているのに、この国の国民はいまだにクソ自民、クソ安倍政権を支持しているという体たらくぶり。情けなくて、もう涙も出ません。野党がアホばかり。それもあります。ですが、それでも今のクソ自民を蹴落として、他の野党を与党にして、社会を、政治を変えなくてはいけません。そうしないと、なにも変わらないからです。変化は痛みを伴うものです。病気もそう、失恋も、その他変化を伴うものは、傷みを伴うものです。ですが、それは大切なことを教えてくれています。残念ながら、人間というのは、傷みを伴わないと、大事なことがなんなのか理解・体感できないからです。それぐらい、今の人間は退化しているのです。

 

ちょっと話が逸れました。

 

無駄に処方された抗生物質。これを真面目に服薬された方は、尿や便から余分な、肝臓で代謝されなかった抗生物質が体外に排出されます。今の下水施設、この抗生物質に対しての処理を「全くしていません」!!(これ真実です。法的にも、下水中の抗生物質やホルモン剤を処理するようになっていませんから。)結果、排出された抗生物質は河川に、そして海にたどり着きます。河川や海にいる細菌たちは、この抗生物質の洗礼を受けるわけです。弱いものは死にますが、突然変異やもともと強いものは当然、生き残ります。そして、ほとんどの人は、細菌の世代交代の速さ、つまり耐性を持った子孫を作る速さを全く知らないのです。

 

抗生物質が垂れ流されるまでは、他の細菌たちが人喰いバクテリアの数を抑え込んでいたのは、想像に難くないです。人の皮膚上の常在細菌や、腸内細菌叢を考えても、全くその通り。悪いことをする細菌(毒性の強い細菌)は、他の良い細菌や、特に日和見菌によって、数で押さえ込まれているのです。だから悪さをしようとしても、数で負けているので人(弱い人)にたどり着くことができない。

 

ところが、垂れ流される抗生物質のせいで、多くの日和見菌や無害な菌を殺してしまいますと、押さえつけられていた人喰いバクテリアが一気に勢力を拡大するのは当然のことです。このこと、どんなに想像力がない人間でも、わかりますよね?

 

記事には少々ショッキングな写真も載ってます。ですがこの程度、まだまだです。この記事にある女性は、足首だけで済んだのですから。

 

以前の記事にも書いている通り、人喰いバクテリアにやられたら、デブリードメン(腐った部分の除去)が必須です。感染場所や感染した範囲によっては、この記事にある写真程度では済まないのです。記事にもありますが、下手したら足切断まで必要だったかもしれないのです。

 

この記事では、どうやら「クモに噛まれた傷」から人喰いバクテリアに感染したようだ、と書かれていますが、そうかもしれないし、そうではないかもしれません。

 

というのは、どこにも傷がないにも関わらず、人喰いバクテリアに感染したケースも多々報告されているからです。どうして感染したのかわからないわけです。

 

記事では気候変動が原因では、ですけど、私からすれば、気候変動よりも、行きすぎた抗生物質の使い方がいちばんの原因だとしか思えないのです。特に、記事にあるアメリカでは、「薬漬け」の社会ですから。実際に現地に住んでいたから言えるのです。生活習慣を変えるより、まずは薬。それがアメリカ社会であり、今の日本社会もほぼ同じです。

 

個人的には、すぐにでも下水と抗生物質処方に関する法案を変更しないと、今後、世界的に人喰いバクテリアによる被害が増加すると思えて仕方がありません。まぁ、今の腐り切った政治屋や官僚ども、この老害どもは、自分たちが細菌たちにとって一番の標的だということを理解していません。私としては、そういったクソ政治屋や官僚どもが、死の恐怖を感じながらデブリードメンで肉体を削がれ、高熱と痛みに苦しみながら、手足を切断され、最終的に苦しんで死ぬことを望んでしまいますけどね。医療者としてあるまじき考え?そうですか?多大な人々に対して苦しみを与えておきながら、自分だけは享楽を甘受し続けてきた輩が、最後に他者に苦痛を与えてきた原因を自分が受け、苦しんで死ぬことを望んでおかしいですか??まさに、自業自得だと思いません?私は、そんな利己のために他者に犠牲を強いてきたクソみたいな人間に対して、なんの優しさも持ちません。

 

記事にあるように、感染してからの進行速度は、驚くものです。あっという間に感染が広がるのです。日本のアホな医者どもだと、初期対応を誤る可能性が非常に高いです。なぜ?自分の専門以外は、全く無知だからですよ!学生の時には学んだかもしれないけど、一旦専門家になったらそのことをすっかり忘れます。記事にあるように、患者も初期症状は軽いので、近所の内科や整形ぐらいにしか行かないでしょう。ところが、感染についてすっかり忘れているそういう医師たちは、見落とすのですよ。

 

ちなみに、人喰いバクテリアに感染した時は、普通の抗生物質を使いませんよ。複数の、それも強烈な抗生物質を血液中に投入しないといけません。当然、ICUでの治療となります。命に関わる感染なのですよ。普通の病院で対応できる感染ではないのです。薬をもらったから大丈夫、という、この記事にあるような簡単な考えではすまないのです。

 

は〜、私のような一介の鍼灸師がこういうことを啓発しても、ほとんどの人が無視するのでしょうね。ま、私にできることはこうして事実と考察を提起することと、私の患者さんたちや子供たちに事実を話し、教育することだけです。も、草の根活動ですわ。

 

このことから見ても、今の政府もマスコミも、国民の命などなんとも思っていないという証明ですよ。そのこと、理解できますか?

2019年8月 8日 (木)

口腔内に大きな血豆が・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

まったく、先日の一件以来、どうも自分でも思った以上に思い悩んでいたようです。

 

昨晩、1日一食の夕食を摂取しているときに、噛んでもいないのに口腔内に大きな血豆ができました。は〜、もう嫌・・・。😔

 

噛んだのなら痛みがあります。痛みもなく、突然できた巨大な血豆。(直径2cm越えです。)すごい違和感を感じましたので、強硬手段を取ってみました。学会でもらった試供品の4番鍼(直径0.22mm)を直に血豆にさして、瘀血を出して楽になろうと。さて、驚いたのが、何度刺しても刺さらない。なぜ?!私が無意識に力を抜いている?いや、そんなことは考えにくいです。何度も繰り返すうちに、鍼の方が曲がってしまいました。なにこれ?どういうこと?😱

 

噛んだなどでできた口腔内の血豆なら、一晩寝れば大抵の場合無くなります。ところが今回のは、全く無くなりません。朝になってもしっかり残ったまま。なんで〜?😣ということは、噛んだという物理的原因でできた血豆ではなく、経絡を損傷したことによる気が原因の血豆ということです。どうりで、一晩たっても治らないわけです。

 

この血豆、経絡が原因だとすると、先日の一件を思ったより思い悩んでいたため、脾の経絡を痛めてしまい、脾の経絡と表裏一体である胃の経絡に(1番私が弱い経絡です)にそった場所である、口腔内に血豆(瘀血)ができてしまったと考えられます。というか、これ以外ありえないです。

 

今日の昼過ぎになって、ようやく血豆の中の瘀血がなくなりました。破ってませんよ?原因がわかったので、それ用の対処として、考え方を変えただけです。原因がわかっただけで、ずいぶん楽になります。本当は、口から声を出して、たっぷり愚痴をいうのが速効性のある解決法です。それ以外では、原因を与えてくれた患者さんの治療を断ることですね。

 

経絡というのは、自分が感じていないと思っていても、もともと気の流れである以上、自分の考えや感覚を上回る影響を受けているのです。何度も経験しているくせに、ついつい自分の気の流れに対しては、杜撰かつ無視してしまいます。まさに、医者の不養生です。😓

2019年8月 5日 (月)

いろんな人がいるのは理解していますが

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

世の中には、いろんな価値観を持った人がいることは、重々承知しているつもりです。つもりと書いたのは、正直に書いたからです。自分を隠すなら、つもりとは書かず、承知していると書いているかと。他人のことなので、100%理解できることは、この3次元の現世に生きている以上無理なことだからです。え?なにを言っているかわからない?わからないなら、そのままでいいです。わからない方は、わかるほど成長していないというだけのこと。勘違いして欲しくないのは、現実を素直に述べているだけで、わからない人を責めていないこと。一切私は責めていません。単なる事実と観察結果を述べているだけです。

 

さて、なぜこんなことを書いたかというと、とある患者さんが、患っている疾患で西洋医学の病院やら、他の鍼灸院、接骨院、整体などに行っても、その疾患の原因も治療法も、治療を受けたけれど全く効果がなかった、ということに対して、私がそういう(正直無能な)同業者たちの悪口を語ったことを、その患者さんに責められたから。(悪口というより、そういった下手くそな、患者さんを食い物にしている治療院の「真実・事実」を述べただけですけどね。)

 

その患者さん曰く、(私のことを)知らなかったから、そういう他の治療院で受けた。私が言った(他の治療院の)悪口(真実・事実)は、まるで自分の無能さを責められたようで非常に不愉快だった、と。

 

う〜ん、私は患者さんを、他の治療院に行ったからと言って責めたりしません。私が責めるのは、同業者です。疾患の原因もまともにわからず、適当な治療をし、その報酬として私の治療代の倍以上(!)の金額を要求する。これって、患者さんを食い物にしているのです。自分が儲かるために、患者さんを利用しているだけです。

 

私はこの手の輩たちに対して、我慢がなりません!自分で病の原因がわからなければ、治療効果がなければ、自分より腕のいい治療者を紹介する、もしくは素直に

「自分では治せないので、ほかを探した方がご自身のためです」

と告げるのが、医療者としての務めのはずです。

 

もう、患者さんを金のなる木としか思っていない同業者、そしてそういう西洋医師たちには、無性に腹がたつのです。

 

さて、この患者さん。痛みの訴えをよく聞けば、どの経絡が障害を受けているか、<まともな>鍼灸師ならすぐわかるのです。はい、<まともな>鍼灸師なら!つまり、《まともではない》ので、きちんとした診断も治療もできないのです。できないくせに、口だけは達者です。事実、できない輩ほど、口先は非常にうまいですわ。まさに詐欺師です。患者さんをいかに「騙し」、何度も通わせて金をむしり取るか、ということしか考えていないのです。

 

いや、患者さんがそういう治療院でもいいのなら、『構いません』。その人の選択したことですので。その結果を患者さん自身が刈り取るだけなので。私は痛くもなんともないので、全く構いません。

 

私のたくさんある悪い点の一つとして再度書きますが、上記のような患者さんを食い物にして平気な同業者に対して、抑えが効かないのです。もう、罵詈雑言となる真実・事実を言ってしまいます。まして、卒業時の就職探しで、愛知県内の有名どころの経営者や院長に直にあって、その人の人柄、治療方針などを聞いていますので、知っているのですよ。この患者さんも、愛知県内では店舗数の多い鍼灸院に通われてましたわ。運が悪い(?)ことに、その鍼灸院の経営者に、私は面接をしていて、先に書いた通り、その人柄や治療方針を「直に」聞いていたのです。

 

だからこそ、この患者さんの疾患の原因を見つけ出すことも、まともな治療もできないこともわかり、さらに悪いことに、患者さんを金儲けに利用していることに我慢がならなかったので、その人が通っていた鍼灸院の悪口(というか、真実ですわ、実際は。真実を述べたのに、それを悪口を言われてしまうとは・・・😞)を言われると、非常に不愉快だ、と。

 

先にも書いた通り、患者さんが無能な(まさに無能です)鍼灸院に通い、効果も感じずにむだなお金を払い続けていたことを、責めたことはありません。なぜ?その患者さんは、自分でその無能な鍼灸院を選び、その結果(全く効果を得られなかった)を刈り取っているのです。それ以上、私が何を言えますか?すでに患者さん自身で、結果を受け取っているのです。すでに結果を刈り取っている患者さんを、さらに追い詰めることを告げてなんの意味がありますか?私はただ単に、そういう無能な鍼灸院を選ばず、まともなところを選んだほうがいいですよ(別に私でなくてもいいのです。患者さんが信頼でき、治療効果を実感できるところであればどこでもいいのです!)、ということを告げただけです。どうやらそれが、悪口と取られ、私が自分の腕を誇っていると取られてしまったわけで。

 

たまにうまく治療がいき、瘀血がとてもうまく除去することができたときほど、ほとんど冗談で自画自賛することはありますよ?患者さんを笑わすためです。(瘀血を体外に排出するほどの治療は、よほど診断、取穴、刺鍼がうまくいかないとできないことだからです!このことを理解できる鍼灸師はごくわずか。患者さんのほぼ全員が理解されないので、冗談にしているのです。)

 

ですが言葉という、あまりにも不安定かつ不確定なものを使わざる得ない現世、こちらの真意が相手に100%伝わることはないのです。今回も、変なふうにひん曲がって伝わってました。私のへそがひん曲がっているから、まともに伝わらないのかも?

 

正直、私の告げたこと、口にしたことを不快に思うのであれば、私の治療を受ける必要は全くありません。理由の一つとして、いえ、最大の理由というべきですが、『気』に干渉するからです。私に対しての不信、敵意を持たれると、ほぼ100%気滞の場所がわからなくなります。えぇ、悪い場所が感じられなくなるのです。敵意を持っている人は、その敵意がある相手に対して、自分の弱い場所(気滞)を伝えないようにブロックするのだと思います。これでは適切な治療ができません。そうなると、治療がまともにできませんので、効果も出ません。結果は、無能な、掃いて捨てるほどいる鍼灸師と同じ程度になります。そんな無駄なことに、患者さんはお金と時間を使う必要はまったくありません!私自身も無駄に消耗しますし、患者さんはお金と時間を無駄にします。それなら、私を信じず、敵意を持つぐらいなら、他の信頼できる鍼灸師にかかってください。その方がお互いのためです。

 

今回、私の口の悪さを言われていた患者さん、どうやら治療効果が出ていたようで、次回の治療を頼まれてきました。本当に私の治療を信じているのか?それとも、たまたま私の治療で効果が出たので、(私自身のことを)信じていないけど、まぁ、効果が出たから次も受けよう、と思っているのか?他人の気持ちなのでわかることはありません。もし、この患者さんが次回の折、私に対して不信・敵意を持ったままだったとしたら、間違いなく私は気滞の場所が全くわからず、治療をしないほうがいいかもしれないのです。私は患者さんの不利になることは、決してしないというヒポクラテスの誓いを遵守しています。だから、患者さんの不利益になることはしませんし、したくありません。以下、そのヒポクラテスの誓いです。

 

ヒポクラテスの誓い(原文:小川鼎三訳)
『医神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイアおよびすべての男神と女神に誓う、私の能力と判断にしたがってこの誓いと約束を守ることを。

  • この術を私に教えた人をわが親のごとく敬い、わが財を分かって、その必要あるとき助ける。
  • その子孫を私自身の兄弟のごとくみて、彼らが学ぶことを欲すれば報酬なしにこの術を教える。
  • そして書きものや講義その他あらゆる方法で私の持つ医術の知識をわが息子、わが師の息子、また医の規則にもとずき約束と誓いで結ばれている弟子どもに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
  • 私は能力と判断の限り患者に利益すると思う養生法をとり、悪くて有害と知る方法を決してとらない。
  • 頼まれても死に導くような薬を与えない。それを覚らせることもしない。同様に婦人を流産に導く道具を与えない。
  • 純粋と神聖をもってわが生涯を貫き、わが術を行う。
  • 結石を切りだすことは神かけてしない。それを業とするものに委せる。
  • いかなる患家を訪れるときもそれはただ病者を利益するためであり、あらゆる勝手な戯れや堕落の行いを避ける。女と男、自由人と奴隷のちがいを考慮しない。
  • 医に関すると否とにかかわらず他人の生活について秘密を守る。
  • この誓いを守りつづける限り、私は、いつも医術の実施を楽しみつつ生きてすべての人から尊敬されるであろう。もしこの誓いを破るならばその反対の運命をたまわりたい。』

引用元はこちら。残念なことに、今の日本の医師たちはこのヒポクラテスの誓いを平気で破る輩が多すぎることですわ。自分の儲けのために。耳に心地よい言葉だけを望むのであれば、そこに通えばいいのです。口の悪い私の治療を、何も時間とお金を使ってでも受ける必要性は、全く、どこにも、100%存在しません。あくまでも、患者さんが「心地よく」「信じて」治療を受けるのが大切だと思うので。この「信じる」というのは、とてつもない治療効果を及ぼすのです。このことを日本では、ほとんど公開されていません。私自身、患者さんに原因がある場合、特にその食習慣、運動習慣、そして感情などのアドバイスをしますので。不思議なことに、これらを受け入れて自分を変える努力をされた方は、回復します。

 

なら、他の治療院の真実(悪口)を言わなければいいだけでは?それが医療者でしょ?とも言われましたが、確かにその通りです。口にしなければいいだけのこと。だけど、再度書きますが、患者さんを食い物にして自分だけが儲かればいい、という輩に対しては、怒りが収まらないので、今の私の修行状態では無理だと言えます。そういうバカでクズな治療者(私もその一人かも)、医師、同業者の悪行を受け流せるようになればいいのでしょうが・・・。

 

現状、患者さんが私のアドバイスを無視する、治療効果を打ち消す行動をする(喫煙など)をされても、全く腹が立つことはありません。ただただ、残念なだけです。けれども、同業者の、特に無能な同業者の言動には、抑えが効かないです。再度書きますが、その結果として症状の不変や悪化を受け取るのは、患者さんなのです。患者さんに害を与える連中に対して、非常な怒りを覚え、それが口をついて出ることは悪なのですか?無能な輩から治療と称して痛い行為をされ、お金と時間を取られ、それなのに効果が見られず辛いまま。それを与えた相手に対して、罵詈雑言を浴びせたとして、そのことが責められるのはなぜ?辛い目にあった人に対しては、最大の共感を示しているにも関わらず。まさに、人間って理解に苦しむ存在です。

 

あなたはあなた自身に、お金と時間の損とさらなる痛みを与えた相手を許せるほど、人間的に完成しているのですか?もしそうなら、今現在感じている痛みすら受け入れてもいいのでは?つまり、誰の治療も受けず、自分一人で治す、もしくは受け入れて我慢したらいいのでは?とも考えてしまいます。私自身はこの傾向があるので、ヘルニアも根性坐骨神経症、骨折の後遺症も自分一人で治しています。完全に治ることはないですよ。ですが、その後遺症も自分にとって必要な痛みと捉えて、受け入れています。あ、マゾじゃないですよ〜。こんな苦しい痛み、感じずに済むならそうしたいところです。痛いなら、西洋医学でも頼ればいいじゃない、という人が必ずいます。もしかしたらこの痛みが楽になるかもしれませんが、それ以上に西洋薬や西洋治療の副作用の方が恐怖です。だから西洋医学をこの後遺症に対して受けないのです。

 

私の、(あなたが)他に通っていた鍼灸院などの真実(悪口)を聞きたくなければ、私に治療を依頼しないほうが、心安らかに過ごせるのが現状です。そうそう。私の治療を受けたら、その原因というか、治療が必要な経絡を必ず伝えます。ですので、口の悪い私の治療が嫌なら、そのお伝えした経絡の治療ができる<別の>治療院に行って、その経絡の治療を頼んでしてもらえばいいのです。私と同じ結果が出るかどうかは全くわかりませんが、それでも、口の悪い私の治療を我慢して受けるより、多分ずっといいでしょう。

より以前の記事一覧