2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お薦めの本

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の170件の記事

2020年3月 9日 (月)

映画館まで臨時休館とは・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

ここ名古屋地区の一部映画館が、COVID-19クラスター発生を鑑みて、臨時休館・・・。おぅ・・・。😞

 

まぁ、確かに、閉鎖空間で多くの人が集まる場所ゆえ、気にするのはよくわかります。

 

個人的には、大阪のライブハウスやクルーズ船とは違うと思うんですよ。私自身、ライブハウスには若い時に何度も行ったことがあるので知っていますが、確かに狭い。空調も弱いところに、すし詰めになります。つまり、人と人の距離がものすごい近いわけです。朝や夜の通勤電車並みです。これなら、感染しやすいのは間違いないです。

 

ですが、映画館はどうですか?そんなすし詰め状態には、まずなりません。空調もライブハウスよりずっと良いです。クルーズ船では、窓もない各部屋に人々を閉じ込めたのが原因だとしか思えません。

 

まぁ、100%感染を防げるのか?!と言われれば、そりゃ無理です。ですが、ライブハウスや満員電車に比べたら、圧倒的にその確率は下がります。後、100%感染を防ぎたいのであれば、一歩たりとも部屋から出ずに、引きこもっていてください。食料品の買い出しや、宅配を頼めば、それだけで感染を100%防ぐことはできなくなります。さて、この状態で健全な社会生活が送れますか?無理ですよね?ならば同じように、インフルエンザを100%防げますか?風邪は?豚コレラはどうでしたか?鳥インフルは?どれもこれも、100%防ぐことは「不可能」なのです。

 

以前書いた通り、クソ安倍政権と、特に無能すぎる厚労省官僚どもの不手際というか、その無能ぶりがさらに日々明らかになってきました。国民も、こんな馬鹿で無能な自己中心的な輩を、選挙で議員に選んでいるという事実に、しっかり目を向けるべきです。遅きに失した感はありますが、国民が政府に対して物を言えるのは、民意を問えるのは選挙だけなんです。だから、自分一人ぐらいが投票したところで社会は、政治は変わらないではなく、その一人一人の投票がこの国を変えるのですよ!なんでわからないかなぁ〜。私も昔は、政治は所詮虚構だと信じていて、全く選挙に行ってませんでした。ですが、その考えを見直し、自分のみならず多くの人の生活に直結している選挙の大切さに改めて気がつきました。選挙で投票しないというのは、その時の政権にとっては、非常に都合がいいのです。だって、投票しないということは、黙って何も言わないことなのですから。施政者にとっては、文句を言ってこないということなので、とってもありがたいのです。このこと、みなさん理解しています?

 

次の選挙で、この国の国民はしっかり考えないといけないはずです。耳に心地いいことしか言わない輩ほど、特に自民党という腐った集団のいうことを信じられるのか?です。野党が情けないから、というのも事実ですが、民主党が与党になった時のように、クソ自民ではない野党に一度国政を任せましょう。怖いって?ならば、普通の会社や組織でも、トップの代替わりの時は同じでしょ?それまでトップの経験のない人が、新たに社長などになるのです。その時に、経験がないからさせない、ということはありえないですよね?同じことです。まずはやらせてみることです。その上で、いまのクソ自民党のようにやっぱり腐った政治をしたのであれば、次の選挙の時に民意を示せばいいのです。もしかしたら、今までにない善政をやってくれるかもしれないのです。まずはやらせてみる、これが大切なのではないでしょうか?

 

話が逸れてきましたが、映画館が休館で、その分ストレスがたまります・・・。気をつけないと、数年前のようにストレスから帯状疱疹が出ては困ります。

2020年1月31日 (金)

真実ゆえ、全く腹が立たないのですが。私がおかしいのでしょうか?

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

タイトルだけで、

「オォ、お前はおかしい!」

と即座に反応される人が多いのも間違い無いでしょう。そのうちの何割かは、私の患者さんたちだろうなぁとも思いますけど。😓💦

 

先日、40代のある患者さんから言われました。その時話していたのは、私の大っ嫌いなクソ安倍政権についてでした。そして、その患者さんは、安倍政権が大好きな方。

「(あなたは)『失うものが何もないから』いいよね」

と。続けて

「自分は今の生活が安定していて、それをもたらしてくれているのが安倍政権だから、政権が変わってしまうのは非常に困る。今の生活が維持できなくなるのはとんでもないことだ。」

だそうです。

 

上記のことを言われた時、即座に思ったのは、まさに言われた通り、事実そのままなので腹がたつなんてことは全くなく、むしろ

「オォ、まさにその通りの人生を送ってきている私です!」

ということで、私、大笑いしながら

「上手いこと言いますね〜。(私は失うものが何もないので)本当にその通りですよ!」

と返答した私です。どうやら嫌味を言われていたようなのですが、事実を述べられただけなので、私は素直に「その通り!」と受け入れただけです。事実を述べられたのに、なぜ腹を立てなくてはならないのですか?腹がたつわけないです。だって、その通りなのですから。もし、ここで私が腹を立てたとしたら、私自身「自分はこんな程度の人間じゃない!」と「普段から」思っているという証明です。

 

さて、このことを他の患者さんたちにお話しすると、今の所笑う患者さんは一人もおらず、なぜかみなさん、非常に立腹されるわけです。

 

他の腹を立てている患者さんたちは口を揃えて言われるのが、

「他人に対して、よくそんな暴言が吐けるな!」

です。

 

ある患者さんは、

「失うものが何もないってどういう意味よ!あなたの命すらどうでもいいってことを言われているのよ!」

と非常に立腹されていまして。

 

すみません〜。私、今年の初詣のお願いの一番最初が

「今年こそ天に帰してください。😞もう生きていることに疲れました😞」

ですので・・・。他人が私の命のことを軽んじようが、別にどうでもいいのです。ま、一番最初に私の命を軽んじたのは、元嫁ですけどね。前も書いたかと思いますが、私の命の値段は「たった3000万」でした。元嫁にすれば、私の命はその程度の価値すらなかったということです。一緒に、健康で、お互いに子供の成長を見守りつつ生きていくではなく。もと保険業だった患者さんにお話を伺うと、どうやら私はその気になれば(私の技術に見合った値段設定をすれば)生涯年収はそんなものじゃないとのこと。いやぁ、そんな風に買い被られると、手の届かないところがむず痒くてたまりません。私はそんなできた人間でもないし、治療技術もまだまだ足りなさすぎるのですから。(まぁ、離婚後判明した、元嫁は実はアスペルガー症候群だったという事実。なるほど、他人の命よりも、まず自分のことだけを考えるということ、納得できました。)

 

さらに立腹された患者さんたちから、私自身、患者さんや他の人に対して

「あなたは失うものがなくていいですよね」

と言えるのか?と問われましたが、決して言えない言葉です。というか、その言葉自体が出てきません。頭に浮かびません。私の日々の生活で、人生で、そういうことを他者に対して言っても構わないほどの状況になったことがないからです。そんな金持ちになったことも、今の生活を維持しようと思ったことも、全くないのです。

 

今になって思うのは、私のその言葉を言った患者さん、つまりクソ安倍政権を支持している人たちですが、結局こういう人たちは

自分さえ、今が良ければ他人がどれほど苦しもうが、それは自己責任であり、自分には関係ないことなので、そういう人たちがどうなろうがしったことではない。自分はそういう生活に陥ることはない(はず)だから

ということです。

 

非常に立腹されていた他の患者さんたち曰く、

その人の勤めている会社がいつまでもつのか、今の社会全く予測つかない。倒産した時、その人は露頭に迷う。今の安倍政権が作り上げた社会では、そうなった時になんの援助も受けられない

ということです。はい、正直、私もこの部分では100%同感です。今のクソ安倍政権が作り出した社会では、弱者に手を差し伸べるのではなく、弱者は弱者に陥ったのは、その人の「自己責任」であり、政府や行政が手を差し伸べるのは大間違いという認識です。

 

自分自身がその立場になり、それ自体を経験しなくては理解できないほど、今の日本人を始め多くの人類が陥っている、情けなく悲しい現実なのでしょう。いつ自分がそうなるか?もし自分がそうなった時に、全く援助も受けられない社会にしたクソ政治屋を、いま自分がそうじゃないからと言って支持するのはどうなのでしょうか?

 

私は、以前から私に対して暴言を吐いた患者さんの治療を拒否しています。基準は、私の人格否定、治療方針否定、そして自分で治ろうとする努力を放棄し、依存してきた場合です。人格否定は当然のことですが、治療方針否定する人は、

「治る気がない」

人ですから。そんな人相手に使う時間もエネルギーも私は持ち合わせておりません❗その時間とエネルギーを、真摯に、心の底から治りたいと願っている患者さんのために使うのが、医療者というものです!また、依存する人も同じく治る気がありません。ないから、病気の原因になっている日常生活やその心のあり方を変えようとしません。ですから、何度でも繰り返します。医療者は、患者さんを依存させてしまっては、その治療はその時点で失敗しているのです。このことを理解していない、気が付いていない医療者が非常に多いです。それどころか、医療者に依存させたほうがいいと思っています。理由は、依存させれば、患者さんが飽きるまでいつまででも通ってくれるからです。通ってくれる、儲かるわけです。医療者はあくまで補助にすぎません。主体は治ろうとする患者さん自身です。

 

え?患者さんはだれでも治りたいと思っている!ですって?とんでもない!!そういうことをいう人は、事実を全く知らない無知な人間です❗医療者でもない、何にも知らない無知な人間の妄言です。これは断言できます。70~80%の患者は、本気で治りたいと思っていません。医療者なら、この数字を素直に受け取れるはずです。こういう真実を書くと、どうしても受け入れてもらえないのですよね〜。事実なのに・・・。

 

今回私がある患者から言われた言葉、他の患者さんたちからすると、「暴言」以外の何物でもないとのこと。う〜む、こりゃ困りました。私にとっては、再度書きますが、事実を言われただけであり、暴言でもなんでもないのです。あれ?でも、人格を否定されているのかしら?そんなこともわからないほど、今生きていることに対して、私は絶望しているのかもしれません

 

しかし、改めて思いました。人って、普段から思っていることが口をついて出てくるんだなぁ、と。はい、この患者さんも、多分、ずっと以前から私に対してそう思っていたのでしょうね。思ってもいないことは、口をついて言葉として発せられることは、ありえないのです。

2020年1月 1日 (水)

2020年ですね〜

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

私の患者さんたちに、旧年中は大変お世話になりました。私ごときの治療を受け入れてくださり、心の底から感謝いたします。

 

さて、2020年1月1日、なんだかんだでいまだに生きています。なんで生きているんだろう?と思わないでもないです。見事な新年の日の出も拝みました。これができたというだけで、正直、神に感謝です。ですが、それでももう、この腐りまくっている世の中で生きている意味がわかりません。

 

霊的には、私がいまだにこうして今日も生きているということは、何かしらしなくてはならないことがあるからのようです。はて?そんなことがあるのだろうか??と思わずにはいられません。

 

ですが、自死はごめんこうむります。よほどのことがない限り、これを選ぶことに対して、意義と意味が見出せませんので。まぁ、そんな言い訳をせず、さっさと自死しろと強く思っている人がいることもよくわかっています。ですけどね〜、いじめと同じで、そんな一部の輩のために自死を選ぶ意味がわからなくて。😓霊的には、それだけ他人に対して敵意を向けるより、今の自分の状況を認識し、それを変えるべく行動した方がよっぽど建設的なので。本当なのですが、人を呪わば穴二つ。これは真実です。他人の呪っただけ、自分自身を呪ったことになります。そんな、私ごときくだらない人間相手にエネルギーと時間を使うのではなく、もっと自分のために、建設的にエネルギーと思考を使ってくださいな。

 

新年早々何を書いているのかって?かの、一休和尚も、正月に頭蓋骨をもって街中を歩いたそうです。浮かれているな、いつ自分もこの頭蓋骨と同じ、骨になるのかわからないからこそ、正月だけではなく日々感謝をして生きろ、ということです。

 

わからない方はそのままで。無理して理解しようとしなくていいですから。わからない人には、いつかわかる時が来るでしょう。

 

さてさて、つらつら書きましたが、2020年、いったいどんな年になるのでしょう?

 

自分では公開したつもりでしたが、下書き状態でした・・・。正月早々、なにやってんだか・・・。

2019年10月 1日 (火)

消費税増税なんて、ほんとうに無能な輩ばかりのクソ日本政府と官僚ども

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

今日から増税です。そして、前回も書きましたが、どうしようもない状態での、治療代の値上げです。気になっていて、ずっと胃が重いです。こんな状態では、また舌に血豆が出来かねません・・・。は〜、ホームページを見ていない患者さんたちには、今後値上げの話をしなくてはなりません。ただ、10月で値上げします!と公言していなかったので、9月は今までの治療代しかいただかないと思います。私の性格では、9月当初ぐらいから、ずっと値上げしますと公言していたのなら、10月から新規料金をいただきますが、9月末に述べたのですから、いきなり値上げしています!と新料金をいただくのはとても心苦しいわけで。今月は今まで以上の苦しみを耐えなくてはいけないのかも・・・と覚悟決めてます。

 

しかし、本当に国民はおバカさんばかりなのでしょうか?今まで嘘を突き通し、国民を馬鹿にし続けてきているクソ安倍政権のいう、消費税増税分を福祉に回す、という言葉をどうして信じられるのですか?

 

まず、間違いなく増税の分を軍事費に回しますよ。それが最優先でしょう。貧乏な国民は、貧乏になったのは『自己責任』なのだから、という今の大いに勘違いした風潮も相まって、貧乏人は死ねと言っているのが今の政府です。国民に死ねと平気で言う政府、これって、戦前戦中の大本営、中国、北朝鮮、リビアといった、政情不安定で独裁政権であることは、歴史が証明しています。日本政府も、同じなのですよ。だけど、このことに気がついていない、気づこうとしない国民ばかりなのは、本当に情けないです。香港の若者たちを見習え!と言いたい。

 

今から年末年始、そして2020年初頭にかけて、一気にこの日本の経済が悪化するとしか思えません。失業が増えれば、自殺者も、なにより政府が嫌がっている生活保護を申請する人が一気に増えると思われます。あ、私も申請したほうがいいかもしれませんねぇ・・・・。

 

こう書くと、なら違う仕事をしろ!という人が必ずいるのですよ。ですがね、西洋医師や他の鍼灸師や整体、柔道整復師では全く治らなかった疾患が、なぜか私が携わってから改善、もしくは完治したケースが多々あるのであれば、今の仕事を辞めることはできません。苦しんでいる人を助けるのが、医療者の務めだからです。もし、私に対して反感を持っている人がそのような病気になり、医師の治療も全く効果が出ず、日々苦しむことになった時、その病気が私が治療することで改善する可能性があったとしたら?だけど、そのときに私が治療者をやめていたら?

 

選挙でしか、国民は政治を、政府を変えることができないのですよ!ところが、半数以上の選挙権を持つ国民が選挙に行こうともしない。投票しないということは、今の腐った施政者にとって利益を与えるだけなのに、なぜそのことに気がつかない?

 

クソ自民、クソ安倍政権に対して、とにかく「ノー!!!」を突き付けましょうよ。こんなに格差が拡大し、大企業や腐った政治屋や官僚どもばかりが楽をする社会を変えなくては、今の子供達に申し訳が立ちません。大人たちの無能のツケを、今の子供達に支払わせることになるのです。こんなことをして、大人として恥ずかしくないのですか??

 

以前から書いていますが、ほんと、こんなに人心が腐って腐敗が蔓延していると、天からの、まさに天罰が下るとしか思えないのです。たった8年で天啓をすでにないものとしている日本人に対して、今度はさらに大きな鉄槌が下されるのでは?と思えて仕方がありません。いや、落ちたほうがいいとすら私は願っています。そうしないと、この馬鹿な国民は目を覚まそうとしないのではないか?です。

2019年8月10日 (土)

なぜ、これほど不寛容な社会なのか?!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

この記事「バス運転手は信号待ちで水飲んじゃいけないの?車内にわざわざ「熱中症予防にご理解を」の貼り紙」を読んで、あらためて今の日本社会の閉塞感、他者への不寛容さに情けないを通り越して、怒りすら覚えました。

バス運転手は信号待ちで水飲んじゃいけないの?車内にわざわざ「熱中症予防にご理解を」の貼り紙
2019/8/ 9 12:40

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
路線バスの運転席の貼り紙が、ネットで話題になっている。投稿者は「こういうのがない世の中がいい」とコメントして、画像をアップしていた。

「岐阜バス」車内のもので、「只今、当社ではバス乗務員における『熱中症』対策として、駐停車(信号待ち等)の間を利用し、水分補給を行っておりますので、ご理解のほどお願いいたします」と書かれている。

岐阜バス安全推進課は、「乗務中、飲食をしているという苦情につながることもありうるので貼り紙をしました」と説明している。ということは、そういう難くせをこれまでにつけられたということか。

警備員や看護師にも「仕事中に飲むな」と難くせ
勤務中の飲食に苦情が寄せられることは少なくないようで、ある路面電車の運転士は「ペットボトルを持ち込んでいると指摘された」、ショッピングセンターの警備員に「仕事中に水を飲んでいる」という意見が寄せられることがある。「リーフェ」の内科医・橋本将吉氏は「病院に苦情ボックスがあって、その中に仕事中には水を飲むなという意見がいっぱい」と話す。

俳優の別所哲也「どうしていけないのかわからない」

司会の小倉智昭「片手運転でペットボトルの水を飲むのはまずいけど、そうじゃないんだから」

中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「あまりにも不寛容な考え方ですよね。たった1本のクレームも避けるというのが今の社会なんでしょうけど」

文 バルバス | 似顔絵 池田マコト

 

ほんと、投稿者の方の「こういうのがない世の中がいい」です。

 

バス運転手が、運転中に熱中症を起こして意識不明になったらどうなります?そうならないために、定期的に水分摂取をしなくてはいけないほど、今の日本は暑いのです。

 

しかし、記事を読んでさらに驚いたのが、警備員や看護師に対しても、仕事中に水を飲むなって?そういうクレームを入れてくるわけ?自分がその立場だったら、そんなクレーム(というより難癖ですわ)をつける輩って、チンピラじゃないか?と思えちゃいます。本当に、単なる難癖ですから。理不尽極まりないです。よくもまぁ、そこまで理不尽なことを他者に押し付けられるのか?自分がされたらどう思う?いやでしょ?腹がたつでしょ?

 

医療者として、こういう理不尽極まりない悪質なクレームをつけてきた患者たち、あなたたちのケアをする看護師が、熱中症で倒れて、あなたのケアができなくなっても構わないということ?それとも、私の以前の患者さんでもいたけど、自分がよくなるのであれば、医療者が倒れようがどうなろうが知ったこっちゃない、ということですか?あ、私はこの患者さんの治療を拒否しましたけど。自分さえよければ、他者がどうなろうが構わないという精神構造を持つ人を、私は治療したくないですし、そんな人をいくら治療したところで、その精神構造故に、よくなることはまずあり得ません。

 

今の日本、あまりにもおかしすぎますわ。人心が乱れすぎです。以前から何度も書いていますけど、これだけ人心が乱れると、天も乱れます。先日、浅間山が噴火しました。私としては、次は富士山かな、です。東北大震災でこの国の国民は大切なことを学んだと思ったのですが、8年ですっかり忘れているようです。ま、先の大戦の反省もわずか74年で記憶から消去するような国民です。8年前のことなんて、言わずもがななのでしょう。本当に情けない!

2019年7月 5日 (金)

これも老害でしょうが。7pay

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。今回は少々辛辣な内容で、ブラックな面が出てしまってます。

 

最近、老害が本当にひどいと思えて仕方がなく。腐りきったクソ安倍政権の自民党は言うに及ばず、野党も2世3世のボンクラボンボンどもばかり。お前ら、親の七光りで甘やかされて育ち、現実の底辺にいる人たちのことを全く理解せず、知ろうともしてないだろうが!と腹が立って仕方がない日々です。

 

そんな中、7payの不正利用についての記事。もうね、社長の小林という人、どうしてそうもネット社会というものに対して、そんなに短絡的かつ無防備な考えでいたの、と言いたいです。ものを知らなさすぎ!

 

詳細はネットで探求していただくとして、

  • 登録したメールアドレス以外のメールアドレスにパスワードを知らせるメールを送ることができる
  • 本人確認のために、2段階認証を採用していなかった

という、現代ネット社会では必須とも言えることを二つも無視していたこと。特に最初の方のことは、大変な問題点で。万が一他人が何らかの手段であなたのIDやパスワードを入手した場合、勝手にパスワード変更されてもあなた自身はそれがわからないということです。だって、登録した時以外のメールアドレスに、パスワードを送ることができるという信じられないシステムなのですから。

 

ネット社会のことを知らない老人なら、詳しい人の言葉を素直に聞こうよ!これって、トヨタ自動車も全く同じことです。なぜここでトヨタ自動車?私がトヨタにほぼ2年いて、少しばかり内情を知っているからですよ。当時も営業畑出身の、現場のことを全く知らない金勘定しかできない輩ばかりがトップにいました。今も、単に創業者の孫というだけの無能なアホが社長です。その周りにいるのは、そのバカにゴマをするだけの無能ばかりです。イエスマンだけをはべらすものだから、バカ殿っぷりがより一層加速してしまいます。

 

セブン&アイのこの社長である永松という老人も、トヨタの現社長と同じとしか思えません。現場や社会、ネットのことを全く知らず・知ろうとせず、です。だからこんな穴だらけの、簡単にハッキングされてしまうシステムを作っておきながら、自分には非がないと言い張る。アホです。アホ。いや、大バカ者と言っても過言ではないでしょう。あ、そういう意味で行くなら、クソ安倍も、唇がひん曲がるほど心が同様にひん曲がっている「金しか持っていない」麻生も、全く同じです。

 

たったの4日間で5500万円の被害が出る?どうみてもシステムの不具合と同時に、ネット社会に対するセキュリティ問題に関して、あまりにも無知だったことの証明であるのです。

 

どうしてこういう馬鹿者が、トップに居られるのか?そのことの方が疑問です。本来、トップに立つ人間は、

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

です。知らないことには、素直にその道のプロの助言を受け入れるものです。他者に対して、自分の立場が偉いからと言って(自身は徹底的に無能のくせして!)暴言を吐いたり(クソ麻生)、嘘を言いまくって平気な顔をしたり(クソ安倍。まさに息をするように嘘を言い放つ)という人間は、もともとその魂すら腐りきっているクソ人間なので、そんな立場に立ってはいけない腐り切った人間なのです。

 

自分の知らないことには、素直にその専門家の助言を仰ぐのが、本当の意味でのトップです。腐り切った政府の方は、その専門家というのも、御用学者という金目当てと、時の政権にゴマをするだけのクソどもばかりですけどね!!そういうおバカな御用学者の嘘をそのまま何も自分の頭で考えず信じるクソ政治屋ども、なんでこういうバカが議員になるのか・・・。あ、バカだから普通の仕事ができないからですね。そして、そういうバカを議員として選ぶ国民も大馬鹿という証拠です。

 

今回のことでこのボンクラ社長が、どう変わるか、ある意味見ものです。たぶん、麻生や安倍と同じく、自分の非を全く認めずに、厚顔無恥のまま今の椅子にしがみつくのでしょう。しっかし、セブン&アイホールディングという会社組織は、ブラックといってもいいのかも?

2019年4月29日 (月)

久しぶりの50時間以上の絶食

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

久しぶりに48時間以上の絶食をしました。正確には53時間絶食です。

 

なんども書いていますが、無理やりじゃないですよ。もともと食欲がほとんどなく、空腹感を感じることがないからです。ですので、基本、1日1食です。空腹感を感じないので、時間をみて、腹にいれるわけで。

 

ちょっと仕事が立て込んだのと、帰りの時間が遅かったことが続いたのが理由です。夜9時を過ぎたら、食べないようにしています。普段は、16〜17時ぐらいの間に、食べるようにしています。夜9時以降に食べると、翌朝の胃のもたれと不快感がひどいのです。あと、飲酒量も格段に減ります。ま、これは仕事で動いているからでしょうね。

 

で、久しぶりの50時間を超える絶食。駅に着き席から立ち上がったら頭がふらつきまして。なんども経験した、低血糖によるものです。普段している24〜36時間ぐらいの絶食ではもう起こらなくなっていますので、久しぶりにきた低血糖によるふらつき。これはちょっと、ということで、ついでに60〜72時間絶食してしまえと思っていたのを中止し、腹に物を入れました。

 

機械的に腹に物を入れる私でも、50時間を超えて初めて食べると、美味しく感じますね〜。で、夜10時を過ぎてから食べたので、本当なら日付を超えてから寝たほうがいいのですが、疲れが溜まっていたので食後1時間ぐらいで横になってしまいました。もう、胃が苦しい・・・。疲れから寝付けましたが、明け方4時に胃の不快感と膨満感で目が覚め、漢方を服薬、再度寝ました。

 

その後、いつも通りの時間に起きましたが、明け方に飲んだ漢方がよく効いているのか、変な膨満感はなくなりました。絶食後の成果なのか、昨晩あんな遅くに食べたのに、舌の状態がいいです。(東洋医学の基本です、舌の状態を確認するのは。)これは絶食後はいつもそうです。24時間程度ではイマイチなのです。48時間以上の絶食後は、調子が良くなりますね。舌の状態は全身状態を確認できますから、これが良くなっているのがてきめんにわかります。

 

絶食はできる人とできない人がいます。厳密には、強い意志を持ってやれる人とそうでない人、という意味ですが。(最初から)無理!という人、食べることが好きな人、体調の良い人は無理にする必要はないです。

 

ですが、ドイツの自然医療の医師も言ってますが、半年に一回ぐらい24時間絶食をしたほうが、体のリセットになっていいそうです。

 

ほぼ毎日24時間絶食をしている私などは、48時間以上しないと効果が出ないようです。ということは、それぐらい普段の体調が良くない、ということなのでしょう・・・・か?ん〜〜〜〜〜。

2019年1月15日 (火)

メガネをなくしたので新調せざるを得ない・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


先日、映画を見に行くためにいつものナップサックに入っているはずの中身を確認。あれ?あれれ?最重要のメガネがない・・・。コートやアウターのポケット、他のバックパック、ズボンのポケット、施術着、洗濯機の中を調べてもない・・・。う〜む、どうやらメガネをなくしたようです。(どうやって?と聞かないでください。私自身、全くわからないのですから。😱)


しょうがないので、メガネがないまま映画鑑賞。う〜む、ぼやけが出てしまうのと、映像の細かい文字が読めない・・・。(ですが映画自体はとても面白く、むちゃくちゃ楽しめました!感想は後日。)こういうとき、字幕があまり見えなくても助かります。


万が一の車の運転のためにもメガネは必須です。ということで、今日、覚悟を決めてメガネを新調してきました。く、生活が苦しい中、メガネ代が・・・。😭


30グルルル〜〜〜〜ン歳の私(これを読んでいる患者さんたちの「嘘つけ!」という声は聞き流します!本人が30代だというのだから、正しいのです!)、久しぶりに視力測定してもらったら、以前より数値が落ちていてびっくり!え?!そんな数値なの?!と。まぁ、視力はその時の体調などにかなり影響されます。それでも今日の数値には内心かなり驚きました。(顔に出ていなければいいのですけど・・・。)久しぶりの眼鏡新調と、生活が苦しくなるという事実からくるストレスが視力に影響したことは否めません。(言い訳ですか?)30ウキャ〜〜〜〜歳で少々老眼が入っていることも自覚していましたが、それも数値で明確に・・・。乱視がほとんどないことが救いです。


今回は時間がないので単純に近視用のレンズにしました。遠近両用にすると1週間はかかるので。ま、体調によって視力は変わるし、まだ30ドゥルルルルル〜〜〜歳の私ですから、まだ遠近両用などのレンズは必要ない!と割り切った結果です。


混んでいたので1時間ちょい後の受け取りでした。ま、それぐらいなら時間を潰すのは慣れていますので。フレームは、耳殻に引っ掛ける普通のものではなく、スポーツ用の側頭部で支持するものを選びました。帰り道(いつも片道30~60分程度なら歩いて筋トレをする私です)新調したメガネをかけて歩きましたが、側頭部には圧迫感が出ませんでしたので、これは正解かと。今後使ってみて違和感が出たら調整してもらいます。それでも、メガネをかけることによって遠くがよく見えることは新鮮です。2.0の視力があった頃が懐かしです・・・。


ちなみに、無くなったメガネは私が結婚していた時に作ったメガネで。それが無くなったということは、ある意味縁切りも含まれているのでは?!とつらつら思った次第です。(期待しすぎですか?)


しかし、今回の眼鏡新調代、き、きびしいですわぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!次作るのは、遠近両用か中近両用かなぁと思う次第です。というか、作った方がいいのかなぁ〜??日々の生活が・・・。😱😭

2018年10月16日 (火)

昨今の、私立医大の入試不正点数問題について

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私立医大での入試不正点数問題。個人的には「なんだかなぁ」としか言いようがありません。日本では、私立医大だけではなく国公立の医学部でも同じだろうと思っていますよ。つまり、日本の医学部入試自体、かなり不正で凝り固まっているのでは?と思えて仕方がありません。


きちんとまともに入学試験をやっていれば、女性が多くなるのは当然のことでしょう。実際、研究でも女性研究者の方が、男性研究者よりずっといい仕事をします。それを嫌がるというのは、くだらない男尊女卑に囚われた老人(教授)たちが多いということでしょう。


個人的に思うのは、日本の医学部入試で面接が非常に甘すぎる、ということ。圧迫面接をしろと言っているのではないのですから、勘違いしないように。医師としての人間性を見ろ、といっているのです。アメリカでは、医学部に入るためにはまずは普通の4年生大学を出る必要があったと記憶しています。その後、医学部を受験するわけですが、4年生大学の時に医学部に入るために必要な単位を取らなくてはなりませんでした。(私もその一部を取得しましたし。)さらに4年生大学の担当教授からの推薦文も必須。その上で受験の時に、さらに医師としての人間性まで審査されたと記憶しています。


日本ではどうでしょう?試験だけで面接はおざなりになってませんか?東大などは、面接を強化したと以前記事で読んだ記憶がありますが、果たしてそれが機能しているの?と疑問でなりません。


今の日本の医師で、人間性の豊かな卒業生を輩出している医学部があるだろうか?と疑問です。医師としての最低限必要な知識や技術は当然のことです。ですが、医療者として必要なのは、それらよりも「人間性」が一番必要なのです。人が人を診るのです。その時にいの一番に出るのが人間性であり、医学的知識や技術は二の次です。ですが、今の医師でこの人間性の優れた人間に出会ったことが、ほとんどありません。


人間性が豊かということは、大抵の場合コミュニケーション能力も高いものです。今の医師で、患者とのコミュニケーションが十分取れる人間がどれほどいる?と問いたいです。医学部の講義にもコミュニケーションを取り入れているようですが、子供の時から遊びよりも勉強を優先して来た弊害でしょうか、まともに会話のやり取りと、そこから患者の情報を聞き出す能力を持つ医師は、これまたほとんどいないと言っても過言じゃないです。医局などでは、その上司である教授や助教などもコミュニケーション下手。その能力が育つわけないです。むしろ、父権主義を教え込まれ、患者に対して頭から命令することだけに慣れてしまいます。


18、19歳で入ってきた子供を、まともな人生経験もない輩をさらに勉強漬けにするわけで。人間性を育てるような教育をされていない上に、さらにしない。まるで、人間性を育てるのは自分自身(もしくは家族)の仕事であって、大学(医学部)の仕事ではない、といわんばかりです。確かに一理ありますが、入学時から人間性の優れた学生なんて、ほとんどいないのです。ならば、医学部が彼らの人間性を育てるしかないじゃないですか?

医局では教授の意にそうようにしか動かず・動けず。それで卒業時に、人間性が豊かになるわけがないのです。むしろ、ロボットのような医師ばかり輩出しているとしか思えません。だからでしょう、AIの発達によって西洋医師は取って代わられると言われているのも、まさにその通りと納得してしまいます。今の医師のように、人間性がなく、患者さんとまともに向き合いもせず、患者さんの心を汲むことなく、検査結果だけで診断しているのであれば、ロボットとAIで十分ですわ。人間である必要がないのですから。AIやロボットにないもの、それは人間性という「心」。


18、19歳という人生経験のない子供の方に加点してでも取ろうとするのは、何も知らない子供ほど、老人たちにとっては御し易いからです。はい、洗脳とも言います。老人たち(教授たち)にとって都合の良いように、何も考えず、疑問に思わず、ただ言われたことをそのまま実行するロボットのような奴が下に来てくれないと困るわけです。だから、浪人生を嫌がる。浪人した人は、それなりの社会経験をします。ストレートに入学した学生には、決して理解できない体験をしているのです。また、社会人入学者が医学部に極端に少ないのも、同じ理由でしょう。人生経験が多いほど、ほかの社会を見てきた人ほど多角的にものを見ます。それが実際の診察の現場では必須条件なのですが、老人たちにとってはうざいのでしょう、面倒に感じるのでしょう。老人たちにとっては、若輩者が自分たちよりいろいろ経験していることを、とても嫌がりますので。(これは私自身が帰国して直に経験しましたから、よくわかりますわ。)先に書いた通り、アメリカの医学部では、先に4年生大学を出なくてはいけないのも、いろいろな経験をして少しでも人間性を高めた人間を求めているからだと思います。日本とは全く逆です。蛇足ですが、鍼灸院でもこういう学生時代に遊んでばかりいて、ロクでもない成績をとっていたやつばかりを雇う院長がいます。理由は簡単です。まさに上記の通り。しっかり勉強していて成績がきちんとした学生なら、院長が間違ったことを言ったりしたりすれば、見逃さないからです。院長からすれば、都合が悪いわけです。ロクでもない成績で卒業した輩は勉強していないので、まともな知識を持っていません。だから、院長がいうこと、すること全てが正しいと教え込む(洗脳)することができるのです。(こうして不正<保険の不正請求の手口>も引き継がれていくわけです。)院長にとっては、とっても都合の良い、弟子という名のロボットが出来上がるわけです。(いざ何かあったときには、この弟子のせいにして自分だけ逃げようとするのも、こういう種類の院長の特徴です。)


また、卒業生の子息を優先的に取るというのも、なんだかなぁ、です。親が医師だからといって、その子供が医師として適正かどうかは、全く別問題なのです。親が医師だから、子供も親同様医師として適正であるということは、まず言えません。親と子供は別人格の別の人間なのです。今の腐りきった政治屋どもを見れば一目瞭然でしょうが。2世、3世というのは大抵腐っています。あ、これは鍼灸師もそうです。親が鍼灸師だからと言って子供も鍼灸師になる場合、その子供は大抵腐ってます。親の出身医学部だから、優先的に加点して入学させる、という意味が理解できません。こんなの、たんなるコネ入学と同じです。裏口入学となんら変わらないです。


日本の医学部も、医師もかなり程度が落ちています。その結果が昨今の信じられないような診療ミスや診断ミス、手術ミスに現れていると思いませんか?


なぜ、西洋医師が軽蔑する鍼灸が廃れず、患者によっては西洋医師より鍼灸師の方がよく自分のことを理解してくれるとなるのはなぜでしょうか?現状、鍼灸師になろうとする人間の方が、多様性に富んでいるからです。社会人経験者は当たり前ですし、医師のように簡単に保険が使えない故に、経営面でも大変苦労します。医師のように開院すればすぐに患者が来てくれるわけでもない、次につながるかどうかもわからない。次に繋げるためにはどうしなくてはいけないか?そのために、患者さん一人一人と深く向かい合わなくてはいけないのです。医師のように、電子カルテのPC画面だけを見て患者を見ないことをやっていれば、すぐ廃院です。また、鍼灸治療では、患者さんのバックグラウンドやその生活信条、生活態度などなど、患者さんに密着した情報が不可欠なのです。その上で、治るためには患者さんの生活自体を変えてもらわなくてはいけないことまで、アドバイスしなくてはなりません。医師のように、薬を出して終わり、というわけにはいかないのです。それだけ、鍼灸師は患者さんと密接になります。患者さんたちが私たち鍼灸師に安心感を覚えるのは、そのためでしょう。


入試点数を加算するなら、社会人入学希望者、親が医師でない人、人間性や学業は優秀だけど金銭面で苦労している人や、浪人を経験している人ほど加点するべきです。その人の人生経験に対して加点するのが、将来的にいい医師に投資することになると思いませんか?


あなた自身は、出身大学が良くて頭はいいけど人間性がクズの医師に診てもらいたいですか?それとも、三流と呼ばれる地方大学出身でも、人間性の優れた、人の温かみを持つ医師に見てもらいたいですか?結局はそういうことになるのです。あなたはどちらを選びますか?頭も良くて人間性も素晴らしいなんていう夢みたいな医師は、日本にはほとんどいないと思ってくださいね。そしてそれは真実ですし、そんなほとんどいない医師と巡り会えるなんて思わない方がいいです。

2018年7月19日 (木)

おっと、なんてこったい

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私が使っているのはiPhoneSEなのですが、購入時に即座に耐衝撃ケースをつけました。今まで、長年iPhoneを使ってきましたし、耐衝撃ケースもその都度使用してきましたが、これほど早く壊れたのは初めての経験です。いえ、iPhoneが、ではなく、耐衝撃ケースが、です。1年と3ヶ月程度で、ボリュームボタンがちぎれて落ちるなんていうのは、初めての経験です。さらに、ケースを外してみたら、ケースの内側がじっとりと湿っている・・・。なにこれ?雨の中でiPhoneがしっとり濡れるような状況で使ったことはありません。雨の中で使わなかった理由は、ケースが完全防水じゃないからです。このねっとりというか、しっとりはどこからか?iPhoneの使用時発熱の性なのか?ケースの内側がじっとりねっとり(!これが気持ち悪かったです!カビか?それとも、プラスチックの成分が溶け出しているのか?)濡れていたのが、なんとも・・・。消毒液でぬぐったら、とりあえずきれいになりましたけど。油のような感触でしたから、やはりプラスチックの成分ではないか?と思われます。


今、購入して以来久しぶりのケースなし、本体むき出しの状態で使っています。あれ?こんなに小さかったっけ?薄かったっけ?とあらためて思います。ケースのせいで、一回り以上大きくなってましたから。あらためて、iPhoneSEの小ささに感動しています。


しかし、ケースがついていない状態で持ち歩くのは、とてつもない精神的不安を与えますね〜。万が一落としたら、と思うと、ポシェットから取り出すときも、かなり神経を使います。精神的衛生のために、早速次のケースを注文しましたが・・・。時々ケースを外して、変に本体表面やケースの内側が湿気って(?)いないかどうかの確認はした方がいいな、と思いました。

より以前の記事一覧