2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の2件の記事

2020年8月30日 (日)

4度目の腰椎椎間板ヘルニアです・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

も、私の持病といっても過言ではないですね、腰椎椎間板ヘルニア。

 

はい、昨晩19時過ぎに4回目の発症です。

 

冷蔵庫に入っている粉茶を出そうとして、冷蔵庫を開けて粉茶に手を伸ばした瞬間、腰で

「パキッ」

という音が体内で聞こえました。同時に激痛が右腰から右臀部に走りました。

 

一瞬、ぎっくり腰か?と思ったのですが、ぎっくり腰の好発部位ではないこと、音がしたこと、臀部への放散痛から鑑みて、これはヘルニア、つまり椎間板の髄核の突出だと判断しました。

 

しかし、4回目にして初めて聞きました、髄核が飛び出た(と思われる)音を聞くとは。体内の音が聞こえるわけない?と思っている人、もし本当にそう思っているなら、あなたは大馬鹿ものだと断言でしますよ、わたしは。空腹時に胃が活発に収縮して音がなりますが、その音を聞いたことがないと?大腸にガスが溜まっている時に大腸が動くと、その音が聞こえたことは?骨折時に、その骨の折れる音が聞こえたことは?関節が外れる時に生じた音を聞いたことはないですか?体内で生じた音は、骨伝導やその内臓などにある空気を振動させるなどして、音が聞こえます。聞いたことがない人は幸運です。だからと言って、それを聞いた人を否定したり、馬鹿にすることは大きな間違いです。ちなみに私は、自分の関節が外れる音、胃の音、腸の音、骨折音、そして今回の髄核が飛び出る音を聞いていますよ。胃や腸の蠕動音以外は聞きたくない音ですけどね。あ、私に危害を加えようとする輩の骨や関節を折る音は大好きです。特に関節を外す音は、非常に甘美です。え?意味わからない?

 

痛みが出た直後に、すぐ自分で鍼治療をしました。見事に膀胱経の至陰から瘀血が出ました。ティッシュ半分を血に染めました。腰にもなんとか鍼を打ったのですが、まず外しています。こればっかりは仕方がないです。結構関節の柔らかい私ですが、自分の腰や背中に打つのは至難の技です。

 

同時に、漢方薬を2倍量服薬。

 

しかし、今回のヘルニア、これは神からの祝福、もしくはギフトと言っても過言ではないのです。なぜって?

 

ここ2週間ばかり、夜中030ごろに突然目が覚めて、そのまま1時間以上眠れないことが続きました。で、その間何を考えていたかというと、死ぬことばかり考えていましたから。どうやって死のうか?どこで死のうか?と。

 

ところが、昨晩はヘルニアの痛みのせいで、死に方を一切考えることがないまま、朝の0530までいられたのです。これを神からの祝福を言わずに、なんと言うのでしょうか?起きた時には、素直に神に感謝しましたよ。本当に久しぶりに死を考えずにいられたのですから。

 

ここ2週間ばかり、嫌なことばかり続き、私の精神状態もかなり逼迫したものになっていたようです。ストレスは万病の元なのですが、改めて自分の体でそれを実体験できたこと、これもまた神に感謝です。ストレスの元、ストレッサーを排除することが、健康のためには真実必要なのだと。そのために、あらゆる手段を取ってもかまわないのだろうと、あらためて思った次第です。そうなると、やはり自死か生活保護ぐらいしか手段がないこと、う〜む、またストレスがたまりそうです・・・。私に死んで欲しい人を喜ばせるのも、少々業腹ですけど。これって、前にも書いたような・・・。

 

ま、とにかく、4回目の椎間板ヘルニア、私の動きが全般的に遅くなっているのと、体位変換の時に突然走る激痛で思わず声が出てしまったり、痛みが引くまでの少しの間固まってしまいますが、それはご容赦願います。

 

これだけヘルニアを経験すると、お金がないのもありますが、わざわざ整形に行ってMRIを撮る気も全くありません。そんなことに無駄な金を使わなくても、今の症状だけでヘルニアだと判断できます。嬉しくない経験ですねぇ〜。まぁ、逆に診断には大変役に立っていますけど。医療者は、自分でその疾患を経験するのが、一番効果的です。

 

ときどき、臀部から太もも裏側に走る放散痛。これはもう、ヘルニアによる根性坐骨神経痛です。あ〜、もしかしたら、今後1か月ぐらい、だんだん酷くなる根性坐骨神経症に苦しむことになるかも・・・。ヘルニア自体の痛みより、この根性坐骨神経痛の方が100倍以上痛いんですよ!これは体験した人でない限り、理解されません。根性坐骨神経痛は出て欲しくないなぁ・・・。

2020年8月11日 (火)

これが、日本人がこの殺人的な暑さなの中、マスクをつけている理由ですよ

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

今日、名古屋は36度の予想です。朝の7時台ですでに30度を超えています。昨日の多治見では38度を超えたそうです。体温より高い、これはいくら汗をかいても、まともに体温が下がらないです。

 

さて、いい記事が発表されました。日本に帰国して以来、ずっと経験している、多分世界で一番強い

同調圧力

の効果(?)で、皆さんこの殺人的な暑さの中、我慢してマスクをつけているという記事です。我慢というか、「他人の目が気になるから」という理由で、マスクをつけているだけという、何だこの民族は・・・。

 

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし
共同通信 / 2020年8月11日 7時23分

https://www.47news.jp/news/new_type_pneumonia/5122380.html

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」。同志社大の中谷内一也教授(社会心理学)らのチームが11日までに、インターネットで行ったアンケートから、こんな結果をまとめた。

 チームは感染者増が続いた3月下旬、千人を選んで尋ねた。

 「感染すると症状が深刻になる」「やれる対策はやっておく」などの理由と着用頻度との結び付きの強さを解析すると、断トツは「人が着けているから」。次は「不安の緩和」で、「自分の感染防止」や本来の効果とされる「他人の感染防止」はほぼ関係なかった。

 

もう、笑っちゃいました。あっはっはっはっはっは!!!!!これがこの国の人間の姿なんですよ。

 

自分の頭でものを考えない、まさに日本の間違った教育で(権力者によって扱いやすい人間を作る、教育という名目の「洗脳」です!!!)、お上(政府や肩書きがある人間)のいうことを「丸呑み」する生体アンドロイドばかりが、今の日本社会を作っているという事実。それが証拠に、先日も大阪知事がバカなことを、ちょっと今自分が他者から評価されていると勘違いして調子に乗った挙句、うがい薬がCOVID-19に対して効果があるようなことをTVで報道したが故、一気にまた買い占めが起こりました。うがい薬がCOVID-19に対して明確な効果があるという科学的証拠は存在していません。にも関わらず、そういう嘘情報を平気で知事という肩書きがある人間が流した途端、それを頭から信じ込み、商品の買占めに走る国民。まさに無能としか言いようがありません!この国の人間の非常に多くが、本当に生体アンドロイドになっているのだなぁと改めて思いましたわ。いつもいつも心の底から疑問に思うのですが、普段、多くの国民がバカにしている東洋医学やアーユルヴェーダといった、歴史に裏付けられている医学を、科学的証拠がないからというくだらない理由で否定します。それを平気でするくせに、うがい薬が効果があるなどという偽情報を頭からこれだけ多くの国民が信じるのは、なぜ?この国民の精神構造というものを、全く理解できません。

 

WHOやCDCもなぜかマスクをした方がいいとなっていますが、彼らがいうマスクのレベルを皆さん勘違いしていますよ。WHOやCDCがいうマスクのレベルはN95型、もしくは最低限でもサージカルレベルのマスクのことです。決して、布、ウレタン、ガーゼ(!!!!!アベノマスクがこれですよ)、フィルター性能の表示のない安価な不織布マスクのことではありません。まぁ、そんなWHOやCDCでも、大きな飛沫が防げるならと布マスクなどでもいいので、マスクをしろと言っているのが、これまた悲しい・・・。

 

大きな飛沫を防ぐ機能は、それら無意味なマスクにもないことはないですが、ほとんど無意味です。ところが、電車内などで頻繁に見かけますが、マスクをしているからと大きなくしゃみや咳をする人が実に多い。まるで、マスクをしているから「すべて」の微粒子まで飛び出していないと言わんばかり。えっと〜、大きな飛沫は前方に飛ばないでしょうが、微粒子はマスクを通過して、その正面にいる人たちの所に飛んでいるのですけど?マスクをすることによって安心しきってまともに咳エチケットをしないよりは、肘の内側で自分の咳を受ける咳エチケットをする方が、他人へ微小飛沫を飛ばさない効果が圧倒的に上です!!!

 

ところが!日本人の多くが布マスクやウレタンマスクをつけています。そんな無意味なものが、他者からの感染を防いでくれるとばかりに。この殺人的な暑さの中、マスクをしているより、ただしい咳エチケットをする方が、よっぽど自分の体にも、そして他人に対しても安全です。

 

記事にもある通り、ほとんどの日本人は、

感染しているかもしれない自分から相手にうつすのを防ぐ

ためではなく、

感染しているかもしれない他人からうつされるのを防ぐ

ためにマスクをつけているのです。

 

アホです、狂った馬鹿野郎です!!!

も、バカとかアホとかしか言いようがないです。どれだけ自分本位、自分勝手な輩ばかりなんだか。いや、自分勝手というより、

  1. 自分で情報を集め、
  2. 自分の頭で様々な角度から考え、
  3. 結果を導き、
  4. それに従って行動する

という、人間としてできなければおかしい行動が全くできない、生体アンドロイドばかりという証明に他なりません。

 

ま、私のように中身アメリカ人のような、自分の行動は自分で決める、他人の目なんか知ったことか、という生活信条がない人はできないかもしれません。そのため、今の日本社会はおかしいと魂のレベルで感じていても、同調圧力、つまり

他人の目

が気になって気になって、結果としてアホでバカ丸出しな生体アンドロイドと同じ行動(マスクをつける)を取るのです。

 

なぜそんなに他人の目が気になるの?いいじゃないの。他人は他人。自分は自分。あなたはあなた。私は私の人生を生きているのだし、あなたはあなたの人生を生きているのです。他人はその人の人生を生きているのです。あなたは他人と同一人物なのですか?他人の目を気にして、他人の人生を生きていたいのですか?それを選択するのなら、それは仕方がありませんが、面白くないどころか、多大なストレスがたまりますよ?そのストレスは、いずれ必ずあなた自身の健康を悪化させます。これは断言できます。他人の人生を生きようとした人間は、必ず潰れますから。

 

私の言っている意味がわからない?わからない人は、あなたは自分の人生を生きていないからわからないのです。自分の頭で考え、結論を出し、それに従って生きている人なら、私の言っている意味がわかります。

 

COVID-19はすでに空気感染のレベルと言って過言じゃないです。というか、空気感染すると考えなければ、おかしいのです。

 

ところが、いまだに日本では、嘘ばかりつくクソ政府と、国家の基幹をなす統計を改ざんして平気な厚労省、生体アンドロイドとなっている官僚や西洋医師というロボットどもの垂れ流す偽の情報通りに動いています。アァ、私に言わせれば、ノーベル賞受賞者(本来ならありえないのですけどねぇ〜。なぜって、高額で作るのが大変面倒で作成失敗の多いiPS細胞をもてはやしているのは日本だけという事実。本当に人体への被害がほとんどなく、安価で作成が面倒でなく、作成失敗も少ないのなら、世界で研究されているはずです)のあのなんとかいう人、先日もこのままでは日本で10万人COVID-19で死亡者が出るとTVでのたまったようですね。ええと、その数字の根拠は何でしょうね?そんなにゴロゴロとCOVID-19で死者が出ていますか、この日本で?ところが、TVで有名人がそういうことを言ったから、さらに不安と恐怖に多くの人が囚われている。マスゴミも日々「感染者数」だけをあげつらい、発症した「患者数」や「重症者数」を全く言わないのはなぜ?感染者数と患者数は意味が違います。そして、毎年のインフルエンザやデング熱などの発表は、すべて「患者数」です。感染者数ではありません。なぜか?そこのところを、自分の頭で考えたことがありますか?

 

話が逸れました。マスクは、つけなくていいのです。私はつけていません。馬鹿らしすぎて。あまりにCOVID-19の現状から考えると、マスクをしたところで全く無意味です。空気感染するのですから。よく外の道路で、電車内で他人からジロジロ見られますが、知ったこっちゃありません。無意味なことをまるで意味があることのように振舞っている、まさに「裸の王様」なのは、どちらなのか?です。私ですか?もしそうなら、再度COVID-19に感染して発症し、重症化、そして死に至ってもなんら後悔はありません。

 

本当に感染するのが怖くて仕方がないのなら、毒ガスマスクか、最低でもN95型をきちんと顔に密着する正しい付け方をしていなければなりません。このクソ暑く、異常なほどの高湿度の日本でそれをするのは、自殺行為です。それでも感染が怖ければ、それをすればいいのです。まさに自己責任ですから。もしくは、人のいない山奥や洞窟、地下にでも隠遁してくださいな。自給自足で、誰とも会わずに生活してください。そこまでしても、空気感染するのですから、どこからかで感染する可能性は0ではありませんよ?後、そんな生活をして正常な精神状態が保てるほど強い人間は、存在しないといっていいです。

 

COVID-19は新興ウイルスですが、毒性(致死率)はそんなに怖がるほとじゃないのです。そして、8割以上の方は無症状という事実。にも関わらず、何をそんなにそんな弱いウイルスに感染するのを怖がるのか?デング熱やSFTS、ツツガ虫病の方が、もっと致死率が高く、恐ろしいですわ。何が怖いの?死が怖いの?人間、100%死にますよ?人は必ず100%死ぬのに、何を怖がるの?今死にたくないから?いやいや、あなた、自分がいつ死ぬか知っているのですか?今から5分後に死にますって言えるのですか?言えないでしょ?知らないでしょ?なら、なぜ、次の瞬間死ぬかもしれないと思って、「今この瞬間」を精一杯悔いのないように生きていないのですか?「今この瞬間」を生きていないから、死を怖がるんですよ。

 

高齢者や糖尿病といった基礎疾患を持っている人は重症化し易いのは事実ですが、だからといって、そういう人たちの感染した人たち全員が死亡するか?といったら違います。それに、もともとこれらの人たちは、どのような疾患にかかっても死亡率は高いのです。あえて書きますが、そういう方々こそ、「今この瞬間」に生きていれば、感染することも、死ぬことも怖がることもないはずなのですけどね。

 

次の瞬間に死んでもいい、と、いつもその準備をし、今この瞬間に生きていることに感謝しつつ、今この瞬間を精一杯生きていれば、なんの後悔があるというのでしょう?同じようなことを、あのスティーブ・ジョブズも言っていました。

 

また話が逸れました。もう、COVID-19は空気感染するのです。だれもが感染するのです。そして、すでにかなりの数の日本人は「すでに感染しています」。そう考えなければ、重症化数や死亡者数の少なすぎることに対しての説明がつきません。一部では、マスクやうがいを日常的にする国民だからとのたまう医師などがいますが、そんなもので防げるものじゃないのですよ、ウィルスというのは。そういうことをいう医師は、学生の時にきちんとまともに免疫学や公衆衛生学を学んだのか?と言いたいですね。

 

マスクをすることにより、この高温多湿環境下、体温を下げるという生体にとって必要なことができず、熱中症や脱水症状になる方が、命の危険に晒されます。呼吸は体温を下げる機能があるのです。熱中症や脱水症状になってでも、無意味なマスクをしている方が「安心感があるから」というのであれば、自己責任でつけていればいいです。後、マスクかぶれ、結構ひどいですよ。マスクの形に顔がかぶれるのですから。特に女性なら、そうなってまでマスクをつけていたいですか?男の私でも嫌です。マスクかぶれも嫌なので、私はマスクをつけません。(笑)マスクかぶれで、かぶれた部分が痒いからかゆみ止めを塗る。そのかゆみ止めの副作用も考えずに。なら、最初からマスクなどをつけなければいいだけのことです。マスクをつけているからかぶれるのですから。不必要なことをし、それによって生じた不都合(かぶれ)に対して、また別の不必要なことをする(薬を塗る)。何やってんだか・・・。

 

さて、この馬鹿すぎる騒動、いつまでつづくのか。まともな感性をしている人はどれほど残っているのか?PCR信者もあまりに多すぎて、都合よく嘘つきクソ政府とマスゴミに踊らされている人たちばかりだなぁ、と改めて情けない限りです。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »