2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年11月の1件の記事

2019年11月26日 (火)

明日の我が身と思えば、腹も立たず

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

今回の記事は、関係ある人でない限り興味の「き」の字も持たないでしょう。

 

Macユーザーである私、私のホームページ更新のために使っているファイル転送ソフト、「Yummy FTP Pro」を長年使っていました。ところが、ここ(確か)3ヶ月ほど前からソフトのアップデートをかけても「サーバーがありません」等々、エラーがずっと続いていました。

 

アップデートがないのかどうかわからなかったのですが、それ以上に困ったのが、FTPサーバーに繋がらないこと。いえ、厳密には繋がります。ルーターを(今使っている)IPv6接続しているものから、古いIPv4接続するルーターへと変更した時のみ、ニフティのFTPサーバーに繋がるという状況が続いていました。

 

ニフティに問い合わせたのですが、ソフトのアップデートかけろとか、繋がるのであれば、古いルーターを使え、という回答でした。(これはこれでどうよ?と思わないでもないですけどね。😔なぜって、IPv6に正式対応を表明しているニフティなのに、6で繋がらないなら4で繋げてというのはどうよ?です。)

 

ホームページの更新のたびに、ルーターを付け替え、ネット接続まで待ち、その後更新、更新の確認、その後またルーターを新しいものに付け替える、という手間。めんどくさい・・・。めんどくさいことこの上ない・・・。

 

Yummyのホームページにアクセスしても、そのサイトがありませんという回答が何度も。あれ?これってもしかしたら、Yummyを作った会社が潰れた?そう考えなければ、本家ホームページがなくなっていること、ソフトのアップデートがないことに説明がつきます。

 

ということで、FTPソフトを新しくすることに決定。Trasmitに変更しました。

 

そうしたら、今までの不具合が嘘のように解消。IPv6のままで、ニフティのFTPサーバーにすんなり繋がり、ホームページの更新も簡単になりました。(というか、これが普通なのですけど。)

 

ルーターをいちいち付け替える必要もなくなり、時間的、肉体的、精神的損耗が一気になくなっただけ、Transmitを購入した甲斐があったというものです。

 

しかし、Yummy、いいソフトだったのですが、倒産するのなら倒産するで仕方がないのです。ですが、ユーザに一言、倒産したので新しいFTPソフトに変更してくださいというメッセージを送って欲しかったと思いますわ。

 

ま、私もいつ死ぬかわからないので、そういう意味ではYummyと同じく、突然患者さんたちになんの連絡もしない(できない)まま、音信不通になるかもしれないのです。明日は我が身。ということで、Yummyソフトウェアに対しては、今までありがとうという感謝だけです。最後の言葉を送るつもりであっても、それができないかもしれないのです。私もいくら患者さん用に「死にましたので今までご愛顧、心から感謝いたします。今後は別の鍼灸師をお探しの上、ご自分の健康維持に役立ててください」等々のメッセージを準備していても、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈解離、動脈瘤破裂、くも膜下出血等々の即死・急死する疾患、もしくは交通事故や通り魔などにより殺された場合など、どうしようもないわけで。

 

ま、つらつらとくだらないことを書きましたが、MacユーザーでIPv6接続をしている方、TransmitはいいFTP転送ソフトですよ、ということが言いたかったのです。

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »