2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« いろんな人がいるのは理解していますが | トップページ | なぜ、これほど不寛容な社会なのか?! »

2019年8月 8日 (木)

口腔内に大きな血豆が・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

まったく、先日の一件以来、どうも自分でも思った以上に思い悩んでいたようです。

 

昨晩、1日一食の夕食を摂取しているときに、噛んでもいないのに口腔内に大きな血豆ができました。は〜、もう嫌・・・。😔

 

噛んだのなら痛みがあります。痛みもなく、突然できた巨大な血豆。(直径2cm越えです。)すごい違和感を感じましたので、強硬手段を取ってみました。学会でもらった試供品の4番鍼(直径0.22mm)を直に血豆にさして、瘀血を出して楽になろうと。さて、驚いたのが、何度刺しても刺さらない。なぜ?!私が無意識に力を抜いている?いや、そんなことは考えにくいです。何度も繰り返すうちに、鍼の方が曲がってしまいました。なにこれ?どういうこと?😱

 

噛んだなどでできた口腔内の血豆なら、一晩寝れば大抵の場合無くなります。ところが今回のは、全く無くなりません。朝になってもしっかり残ったまま。なんで〜?😣ということは、噛んだという物理的原因でできた血豆ではなく、経絡を損傷したことによる気が原因の血豆ということです。どうりで、一晩たっても治らないわけです。

 

この血豆、経絡が原因だとすると、先日の一件を思ったより思い悩んでいたため、脾の経絡を痛めてしまい、脾の経絡と表裏一体である胃の経絡に(1番私が弱い経絡です)にそった場所である、口腔内に血豆(瘀血)ができてしまったと考えられます。というか、これ以外ありえないです。

 

今日の昼過ぎになって、ようやく血豆の中の瘀血がなくなりました。破ってませんよ?原因がわかったので、それ用の対処として、考え方を変えただけです。原因がわかっただけで、ずいぶん楽になります。本当は、口から声を出して、たっぷり愚痴をいうのが速効性のある解決法です。それ以外では、原因を与えてくれた患者さんの治療を断ることですね。

 

経絡というのは、自分が感じていないと思っていても、もともと気の流れである以上、自分の考えや感覚を上回る影響を受けているのです。何度も経験しているくせに、ついつい自分の気の流れに対しては、杜撰かつ無視してしまいます。まさに、医者の不養生です。😓

« いろんな人がいるのは理解していますが | トップページ | なぜ、これほど不寛容な社会なのか?! »

医療」カテゴリの記事