2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« ゴジラ キング・オブ・モンスターズを見てきました。 | トップページ | 映画感想簡易版です »

2019年6月 5日 (水)

僕たちは希望という名の列車に乗ったを見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

「僕たちは希望と言う名の列車に乗った」A


すばらしい!実話です。も、素晴らしいとしか言いようがないです。これもぜひ多くの人に見てもらいたいです。


当時の東ドイツ、社会主義・全体主義の名の下に、個人を無視しまくっているのがとてもよく描かれています。


はい、今の日本社会と全く同じです。今の日本、以前から私も書いていますが、この日本は世界で「最も成功した社会主義国」です。全体主義。クソ自民党がずっと続いていますが、まさに独裁政権以外の何物でもなく、いまのクソ安倍は、多くの日本人が嫌う中国や北朝鮮と同じ、独裁者です。あなたたちが嫌う独裁者と同じことをしているのは、クソ安倍であり、奴の取り巻きであり、そしてそれを許している自民党であり、そんなクソ人間を選んでいるこの国の国民自身が腐っているのです。


社会主義国では、国家に仇為すことはすべて害悪です。そして、そのためならいくらでも虚実をでっち上げるのです。はい、これもまたいまのクソ安倍政権がしていることそのままです。モリカケ問題、統計問題などなど、その度にクソ安倍は「国民に真摯に説明する」などと言いましたが、一度としてそれをしたことがありましたか?え?どうですか?ないですよ!一度としてないです!まさに、息をするように嘘をつき、自分にとって都合の悪いことには口をつぐみ、嘘を並べ立てて国民を煙に巻く。この映画で描かれている東ドイツも当時全く同じです。


えげつないのは、たかが子供です。まだ18になるかならないかの子供達の、自分の頭でものを考えて、決断し、行動することを「権力」で抑えるつけることです。これもまたいまの日本の教育と同じですわ。当時の東ドイツも、いまの日本教育も、国家にとって都合の良いように、何も考えずに動くロボットが欲しいだけなのです。自分で考えて、決断し、動かれては困るんです。なぜ?国が間違っていることを証明されては困るからですよ!国の言うことにハイハイと疑問を持たずに、ロボットとなって従って動いてくれる方が都合がいいのです。


いまの日本警察で行われていることを、この映画で見事に描写されています。えぇ、警察がいつも使う、容疑者の「家族」を生贄にするのです。容疑者本人を追求するならまだましですが、そうじゃない。全く関係ない(はず)の家族を生贄にし、嘘の証言を得ようとする。も、いまの日本警察が取り調べという拷問で行っていることは、第二次世界大戦後の東ドイツで行われていたことと全く同じということです。よくわからない?なら例をあげましょうか?痴漢冤罪です。痴漢の容疑者として捕まった時、警察がいつもいうのは、


「家族や会社に知られたくないだろ?素直に認めて罰金を払えばそれで済むんだよ」


です。結局、冤罪であっても弱い心の人なら、金を払えば会社や家族に迷惑をかけなくて済むと考え、痴漢をしたと認めてしまいます。ここで逆に、自分は無罪だと主張すれば、拘留延期などになります。こういうことをしているいまの日本警察が、当時の東ドイツとどこが違います?更に言えば、ゲシュタポや特攻警察とどこが違いますか?全く同じなのですよ。戦後70年以上経っても、未だ日本の警察というのは、公安をはじめ、戦中のファシズムそのもののままです。どこが民主国家?なにが先進国なんだか。再度書きますが、この国は社会主義国家です。


嬉しいのは、最後の場面です。この子供達は、まさに「希望という名の列車に乗った」のです。いまの日本でも、優秀な若手は国外に出て行ってしまってます。日本にいては、一向に認められることもなく、逆に搾取され、老害によって潰されることがわかっているからです。なら、自分が自分でいられ、自分の能力を認めてくれるところに出て行くほうがいいに決まってます。えぇ、私もチャンスがあれば即座に出てきたいですわ。

« ゴジラ キング・オブ・モンスターズを見てきました。 | トップページ | 映画感想簡易版です »

映画・テレビ」カテゴリの記事