2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お薦めの本

無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の360件の記事

2019年4月11日 (木)

映画感想簡易版です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

またまとめて映画を見てきたので、感想の簡易版をまとめて。

 

  • バイス A-

もう、政治屋のドス黒さに見ていて気分が悪くなるほど。まともな政治屋って、もう今では絶滅しているのではないか?と思えて仕方がないです。あぁ、この映画を見ていたら、今のクソ安倍政権および官僚どもも、全く同じことをしていることに気がつくはずです。そして、そのクソ政治屋どもに、バカな日本国民は見事にいいようにあしらわれて、利用されていることも。この映画を見て学んで欲しいと切に願います。どれほど、クソ政治屋どもによって、自分たちが嘘の情報を教えられ、奴らにとって都合がいいように政治が捻じ曲げられている事実を。腐りきった奴らは、国民のことなんて、何も考えていませんよ。それでもこの映画の最後で背筋が凍ります。この映画の主人公であるチェイニーが言う言葉がそれです。奴を選んだのは誰?そして、このチェイニーは「自分は国民にとってためになることをしたんだ」と言い放ちますから。実際は、

  • 私服を肥やし(イランに攻め込んだことにより、チェイニーの石油会社が莫大な儲けを得ました。)
  • 犯罪を握りつぶし(チェイニーが散弾銃で友人を誤射し怪我をさせたのですが、この友人の家族が逆にチェイニーに謝るというわけのわからないことになっています。クソ安倍が関与しているとしか考えられない、森友・加計学園も犯罪ですわ。)
  • 言葉を巧みに言い換えることにより、真実を国民から隠す。

アメリカはまだいいですよねぇ。こういう腹黒政治屋の悪事をあばく映画が作れて。日本は映画という文化に対して、理解度というか、そういう認識自体が低いようです。日本の監督で、だれか作ってくれませんかねぇ、いかに自民党というクソ政党が、そして安倍晋三というこれまた腐りきった人間が、自分たちの都合の良いように法律を拡大解釈し、言葉遊びで真実を覆い隠し、国民を騙し、この日本という国を間違った方向に動かしているということを。

 

  • ビリーブ 未来への大逆転 A+

アメリカの司法は、いまの日本の、内閣におもんばかった明らかに間違った判決ばかりをする腐り切った司法とは違い、まだまだまともと教えてくれる映画です。そして、性差別を憲法からなくすことに死力した弁護士夫婦の物語です。もうね、見ていて、どれほどいまの日本の司法が腐り切っているのか、心底教えてくれる映画ですよ!そして、日本の性差別がどれほど時代遅れのものなのかも。この映画の舞台は1950〜70年代。今から何年前の話ですか?日本は、未だ当時のアメリカとほとんど同じです。どれほど遅れているのか?がわかるというものです。そのくせ、先進国と言い続けます。一体どこが先進国?経済だけで、でしょ?その経済も今ではクソ自民党(小泉時代から延々)のおかげでダダ下がりですわ。日本は先進国でもなんでもない、実は後進国だとも教えてくれます。

 

  • ソローキンの見た桜 B+

実話を基にした映画です。松山に住んでいたものとして、恥ずかしです。というのは、松山に住んでいた2年間の間、まさかそんなロシア人墓地があり、捕虜収容所があったということを全く知らなかったのです。松山市のボランティア通訳にも参加していましたが、その集会でもそんな場所があるという話を聞いたことがなかったです。教えてくれなかったのは、それが当たり前の情報だったからでしょうか?

当時の日本軍人が、世界でも一番清廉潔白だったのではないか?と思わせます。それほど捕虜を同じ人間として扱い、待遇したのです。もうね、捕虜虐待・拷問を当たり前のようにするアメリカ軍とは、えらい違いですわ。あ、上記のバイスを見ると、アメリカの当時の政治屋が、拷問を許可するシーンも出てきますよ。反吐が出ますわ。今の自衛隊が軍隊になってしまったとして、果たしてこの映画に描かれている当時の軍人たちみたいな、清廉潔白な軍人・軍でいられるだろうか?と甚だ疑問に感じます。

恋愛映画としても、切なくなります。個人的には、とてもおすすめな映画です。

2019年3月21日 (木)

映画感想簡易版(その2)です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


またまたまとめて映画感想です。


『ウトヤ島、7月22日』C
実際に起こったテロ事件を、ワンショットで再現(?)した映画です。映画への没入感がかなり味わえます。なにしろワンショット。あと、この映画、パニックになったときの人間心理というのがよくわかります。そうならないように、極限状態でも冷静に自分の頭で考え、行動しなくてはいけない、ということを教えてくれます。これ、子どもたちに見せて、こういうときにパニックになってはいけない、ということを教えるいい教材になると思います。


『盆唄』A-
もう終わってしまっているかも。何度も涙が流れてしまいました。東北の震災よりも、原発事故のせいで住んでいた場所を奪われたのみならず、故郷の文化まで奪われてしまっているという現実を、ドキュメンタリーで描き出した秀作です!まさに、原発事故は、『文化』を壊すのですよ。震災は『文化』まで壊しません。そんな原発、未だに必要だと思いますか?

映画感想簡易版です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


まとめて映画の感想です。


『運び屋』C+。
イーストウッドがいい味出してます〜。あんな爺さんになりたいと、ふと思ったりもして。


『Bの戦場』A-。
これはよかった!予想外によすぎて、笑って泣けてしまいました❗これは、今、自分に自信が持てない女性たちには、是非とも見てほしい作品です!ほんと!男性でも、自分が仕事に誠心誠意心を込めてやっているのに、誰からも理解されないと思っている人、ぜひこの映画を見てください。他人はしっかり、あなたのその仕事への情熱を見ていてくれる、ということをわからせてくれます。


『マダムのおかしな晩餐会』C-。
ロマンティックコメディとうたってますが、う〜ん、そう言えなくもないような。確かに、ところどころクスクス笑えます。ですが、ロマンティックとつけていいものかどうかはちょっと疑問に感じます。現在、星ヶ丘三越劇場にて上映中です。

2019年3月20日 (水)

『母を亡くしたとき、僕は遺骨を食べたいと思った』を見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

『母を亡くしたとき、僕は遺骨を食べたいと思った』を見てきました。個人的ランクB+。

私もこの映画と同じく、母をガンで亡くしているので、よ〜〜〜〜〜く理解できました。と同時に、主人公サトシの行動も、よく理解できましたし、倍賞美津子さん演ずる母親の心理、行動も。息子のことならともかく、なぜ母親の気持ちまで?という疑問を持つ方もいるでしょう。私も爆弾持ちですので。

サトシを演じた安田さん、いい味出してました〜。お調子者の次男を見事に。ただ、あまりにお調子者過ぎ、へたすると発達障害では?と思わないでもありませんでしたけどね。😓

息子って、母親が寝ずに息子の帰りを待っているのを、母親が元気なときって、そのことに対して『うっとうしい』としか思わないんですよね。その親心が理解できない。私もそうでしたので、すごくわかります。今となっては、後悔してばかりです。なぜあの時、もっと優しく接してなかったんだろう、って。ですが、こういう後悔をしたときってもう遅いのです。そのことを、自ら体験しているので、余計にそう思います。

とにかく倍賞さんの演技力が素晴らしい!息子が急性白血病になった折、治療開始前にあることを息子にさせるのですが、当時、そのことまで考える母親ってあまりいなかったのではないか?と思います。なにせ、生き残ってほしいという思いの方が強いはずです。まさか、そんなことまで考えられるのは、よっぽどの母親だと。当時の治療は今以上につらかったはずです。運がよかったのは、兄のHLA型が一致して、骨髄移植ができたこと。兄弟親子間で一致する確率は25%以下ですから。また、移植してもそれが定着するかどうかもわからないのです。これは今でも同じです。

「がんです」という宣告、それを家族として受けたときのショックは、今でも忘れません。確かに、一瞬で頭の中が真っ白になります。付き添いの家族ですらそうなのです。当の本人はもっと理解できないかと。それぐらいの衝撃を受けます。

もう今では終わっているかもしれません。もしよければ、レンタルしてでも見てほしい作品です。

2019年3月 4日 (月)

ファースト・マンを見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『ファースト・マン』を見てきました。個人的ランクC+。


月面着陸を成し遂げた、アームストロング船長の話です。


冒頭での、いきなり幼い娘の治療シーンで泣けてしまいました。続いての葬儀でも涙が止まらず。どうしても、私の娘とダブってしまって、感情移入しまくってしまいました。そして、アームストロング自身、この娘のことをずっと心に秘めていたことが、後々わかります。娘のいる父親として、彼のその気持ちはすごく理解できます。


当時のNASAが、とにかくロシア(当時はソ連)に追いつけ、追い越せゆえに、かなり無茶なことをしていたことがわかります。テストパイロットが事故死している事からも、その無茶ぶりがわかります。パイロット、つまり人が死のうが気にせずに、とにかくロシアより先にという、目的のためには手段を選ばずです。正直、ひどいとしか言い様がないです。まぁ、アメリカという国は、今でもそうですけどね。結局、現生人類の作った国というものは、国民のことを何も考えず、一握りの権力者たちが国民を搾取し、その目的のためならどれだけ国民が死のうが苦しもうが関与しないというものなのでしょう。なんていう腐った社会であり、国なんだろう?人間って、どうやってもこういう誰かが悲しんだり苦しんだりものしか作り出せないのでしょうか。


NASAの冷酷さというか、非人間的なことがわかるシーンがもう一つあります。最終テストでパイロット3人が、生きたまま焼かれて死ぬという事故が起こります。ですが、NASAは火災の原因を探ることを最優先し、遺体を何時間もそのまま放置していたという事実。確かに、火災の原因を探し出し、二度と起きないようにすることは大切なことですが、NASAのミスで殺されたのに、その遺体を真っ先に回収するのが人道的配慮というものだと思いますが。そうじゃなく、遺体回収は後回し。まさに、さすがアメリカと心底思いましたよ。


月のクレーター縁で、アームストロングが行ったことは本当のことだったのでしょうか?もし本当のことだったとして、彼の行ったことは、私が彼ならきっと同じ事をしたはずです。


アメリカの月面着陸成功までに、どういうことがあったか?ということを描いた作品です。歴史的な事に興味があるなら、楽しめると思います。

2019年3月 3日 (日)

七つの会議を見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『七つの会議』を見てきました。個人的ランクA-。


いやもう、とってもおもしろかったです!内部告発の映画ですが、日本企業って、不祥事を隠そう隠そうとするのは、日本企業の体質なのでしょうか?それとも、日本人という人種に特有のものなのか?DNAに刻み込まれているの?


会社内で立場が上がり、肩書きがつくに従って、人間ってその権力に溺れてしまうのがよく描かれていると感じました。中には、肩書きがついてもその権力に溺れない人もいますが、そんな人はごく一握りでしょう。この映画では、及川さん演ずる原島課長でしょうか。主人公の八角(野村萬斎さん!)は、自分がトップセールスマンだったときの顧客に起こったあることから、人の心を取り戻し、ぐうたら社員となります。まだ八角は人間に戻れましたが、そうならない屑な人間がゴロゴロいるのが会社であり、日本社会であり、今の世界経済社会なのでしょう。


他人を蹴落とし、足を引っ張り、そうまでしてでも自分が得をすればそれでいい。なんて悲しい生き方をしているのか、と情けない限りです。この映画を見て、自分自身を見せつけられていると感じる人が、かなりいるのでは?もしそう感じたのなら、どうやったら本来の人間という存在に戻れるのか、それを考えてほしいです。


会社内競争などで心を病んでしまう人たち。こういう人たちの方がまともだと思うのです。むしろ問題は、他者の心を壊して平気な輩たち。こういう糞みたいな人間が、なぜトップや上司などにいられるのでしょうね?まぁ、名だたる企業のトップって、大抵が発達障害であったり、サイコパスやソシオパスの傾向が結構あると心理学の調査結果が出ています。他人の意見を聞かず、自分の信念を突き進めるひとがトップになりやすいので、結果としてそうなる率が高いのでしょうね。問題は、そういう人は他人の意見を聞かない故に、他人の気持ちを理解できない・できにくいということなのです。トヨタにいたときにも、そういう腐った人間を実に多く見てきました。


しかし、日本企業の腐敗ぶりはこの映画で描かれている程度ではないでしょう。かつて、世界最高品質の製品でまさに世界を席巻した日本企業ですが、今ではデータ改ざん、安全性無視、品質無視、とにかく短期的なものの見方しかせずに、金をどれだけ稼げるか?ということしか考えていない。人の命よりも金の方が大切という、魂の腐りきった輩ばかり。死んで持って行けないのに、金なんて。何が一番大切なことなのか、それを理解するのは

  • 死の直前
  • 大病で命を脅かされる
  • 大切な人を亡くした

時など、こういう人生を左右する・しかねる事が起こらないと、理解しないのでしょう、現代人は。ただ、そうなったときにはもうすでに時遅し、となっていることがほとんど。そうなる前に、何が一番大切なのかを教えられるチャンスが必ず与えられるのですが、皆さん無視するんですよね〜。結果、にっちもさっちもいかない状態にまで放置、次がないところまで追い詰められて初めて理解するという。


この映画でも、消費者にけが人や死人が出ていないから、不具合を闇回収でこっそり交換しようとします。日本企業はこの傾向が非常に強いです。ちなみに多国籍企業、特にアメリカ国籍の多国籍企業は、他の国で(特に発展途上国において)どれだけ人死にが出ようが、我関せずを金の力でもみ消します。でも、こういう多国籍企業でも、結局は自らの非を認めざるをえないときがくるのです。資本と権力では雲泥の差のある多国籍企業でもそうなのです。日本企業では何を言わんか、です。


昔の商売は三方すべてよし(社会、店、顧客)でした。今は企業だけがよしとなれば、それでいい、です。いつから日本社会はこうなってしまったのでしょう?こんな腐った世の中、いつまでも続くわけがないのですけど。


この映画のエンドロールで、萬斎さん演ずる八角が、とてもいいことをいいます。私も全く同意見です。相手が大人だろうが何だろうが、言わなければいけないこと、伝えなければいけないことは、何度でも、口酸っぱく、諦めずに言い続けていかないと。人間はすぐに『楽な方に』流されてしまうものなのですから。


この映画を見ているときに、久しぶりに『豚か?』と思うような下品な食べ方をする人間を見ました。私の座っていた二つ隣に座っていたおっさんです。上映開始ちょっと前から、ボリボリガサガサとポップコーンを音を立てながら食べ続け、ジュースをすすり、さらにサンドイッチらしきものもむさぼり食う。確かに、上映開始がちょうど昼時でしたが、そして上映中に食べてはいけないというものでもないですが、上映前に注意が入るように、食べるときにはなるべく音を立てないように、周りの人たちに迷惑をかけないように、というアナウンスが入るのに!にもかかわらず、この下品な食べ方が30分近くも続いたのは、げんなりしましたわ。だから『豚か?』という言葉が出るのです。自分一人しかいない部屋の中なら、どうしようがかまいません。ですが、劇場という公共の場で、こういう他人の気持ちを無視して自分だけがよければと言う人間がいるのは、やっぱりいやなものですわ。あ、まさにこの映画の悪い方の社員たちとこのおっさんは同じ人種と言うことですね。

2019年3月 2日 (土)

映画感想です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


またまとめて映画を見てきたので、感想の一覧を。


  • 『洗骨』B-
  • 『THE GUILTY』B-
  • 『ちいさな独裁者』A-
  • 『半世界』C+
  • 『飛んで埼玉』B+
  • 『母を亡くしたとき、僕は遺骨を食べたいと思った』B+

『洗骨』、これは驚きました。実におもしろい映画だったのです。いえ、笑えるという意味では無いです。人の生と死をきちんと真正面から捉えた映画だからです。これは見た方がいいと思いますね。


『THE GUILTY』、シチュエーションサスペンスと言いましょうか。もう、ぐいぐい内容に引き込まれます!次はどうなる?というハラハラドキドキを味わいたいなら、これが一押しです!


『ちいさな独裁者』はぜひ多くの人に見てもらいたい映画です!見ながら、また、見た後で、今の世界および日本社会について考えてもらいたいですね。この映画と同じようなことが、今でも続いているのですから!この映画、実話です。


『半世界』、稲垣吾郎さんが思ったより上手な演技で。意外と役者としてうまいのかも?と。キムタクは何をやってもキムタクにしか見えませんし、二宮君も役者としてはどうにもこうにも・・・。ですが、稲垣さんはきちんと役で見ることができたので。隣の三重県がロケ地!!


『飛んで埼玉』、いま大笑いしたいのでしたら、ぜひ!これは笑えます!正直、劇場なので声を出さずに笑うのがきつかった〜。ここまで笑える映画ってなかなか無いので、DVDポチってしまいそうです。


『母を亡くしたとき、僕は遺骨を食べたいと思った』も、ぜひ多くの人に見てもらいたい映画です!同じようなことを経験した人は、思いっきり感情移入できるかと。特に、最後の主人公からの手紙が素晴らしい内容です!びっくり、岐阜の大垣が舞台です!!

2019年2月28日 (木)

十二人の死にたい子どもたちを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

 

申告が終わり、例年通り、見事な大赤字を提出。窓口での時間はわずか3分程度。そのために、まるまる一ヶ月以上苦しむと言うことを毎年繰り返しています。トホホ〜。一度でいいので、黒字もしくは差し引き0になってみたいものですが、多分そんなときは、決して来ないかと。よく生きているものです。😭

 

 

さて、『十二人の死にたい子どもたち』を見てきました。個人的ランクB+。いや、思った以上によい内容で、しかも物語も伏線もきれいに回収するという、いい作品でした。

 

 

サスペンスですね、これ。12人の子どもたちが、なぜ自死を求めて集まったのか?その理由がそれぞれわかってきます。

 

 

私が同じ立場なら、やはり死を選ぶな、と心底共感する理由から、「は?いやいやいや、それって誰でもかかる疾患だし」と思わず笑ってしまう理由まで。当初、この症状を口にされたとき、もっと深刻な疾患を想像してしまい、それで自死を選択したのか?と考えました。が、実はそんな深刻なものでは無い、ごく普通にあるもので、そんな死を選択するほどのものじゃないのですが。当の本人はいたく切実であり、死を選ぶほど思い詰めていたと言うこと。ん〜、今の高校生、ネットに依存している子がとっても多いので、それこそ自分の症状および疾患名を検索しなかったのかしら?と疑問には思いました。それとも、その上での苦悩と死の選択だったのかしら?

 

 

役者の皆さん、とってもいい演技です。特にそう思ったのは、杉咲花さんですね。『湯を沸かすほどの熱い愛』の時、「うわ、この子役の女優さん、うますぎ!」と思いましたが、さらに演技力に磨きがかかっていますね〜。

 

 

最後がどうなるのかは、ぜひ劇場で確認してほしいです。個人的には、子どもたちに見せたい映画です。

 

 

人は、様々な理由で『死』を選びたくなります。そのまま死を選ぶのも自由です。逆に、とことんまで生き抜いていやる!となるのもOKです。今の日本社会がとても腐っていておかしいと思うのは、子どもたちが『死にたいと思うこと』なのですけどね。なにがそこまで子どもたちの心を追い詰めてしまうのか?そういうことに満ちあふれている今の日本社会が、とてつもなくおかしいのです。

 

 

私自身、どういう死に方をしても霊的には問題ないことを学びましたので、後は他の人への迷惑を極力避ける、ということだけです。ただ、自分が死ぬことによってある特定の誰かに思い知らせてやる!というのは大間違いです。なぜって、その思い知らせてやりたい特定の誰かは、あなたが死を選んだところで『何も感じない』人間だからです。そんな魂の腐った輩のために、死を選ぶのは馬鹿らしいし無駄と言うことです。

2019年2月21日 (木)

映画感想速報です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


青色申告で数字を見つめ続け、精神が崩壊しそうになりましたので🥺現実逃避に映画を見てきました。


『コードギアス復活のルルーシュ」B+
『人生フルーツ』2/22まで!会社を休んででも見る価値あり!私も2回目です、これを見るのは。それでも感動し、泣けます。
『劇場版 幼女戦記』B
『ナチス 第三の男』B+
『十二人の死にたい子どもたち』B+
『七つの会議』A-
『ファースト・マン』C+
『天才作家の妻 40年目の真実』B+
『あした世界が終わるとしても』B
『ヴィクトリア女王 最後の秘密』B+


何本かは、もしかしたらもう上映が終わっているかもしれません。

2019年2月14日 (木)

劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズを見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ』を見てきました!個人的ランクB+。公式ホームページはこちら


いや、もう、ファンとしてこんなにうれしい作品はないです!一気に子供時代へと戻って、大変楽しめました!


劇中、冒頭からTVアニメのオープニングやエンディングがバンバン流れます。もう、テンション上がりまくり!使いどころがこれまたうまい!監督、素晴らしい!同時に、当時のオープニングやエンディング曲がどれほど完成度が高かったか、という証明かと思います。そしてエンドテロップで流れる曲も。はい、あの曲が流れます!ファンとして、これまた感無量です!!


お笑いシーンと真面目なシーンの振り分けがこれまた絶妙!これがシティーハンターです。そういえば、冒頭とエンディングで「もっこり」という台詞が入るのには笑えました。いいわぁ〜〜。😆👍🏻


今作では、海坊主さんが少々コミカルすぎたかなぁ?です。個人的には、海坊主さんはシニカルかつ、ストイックなところが好きなので。


20年たっても、オリジナルの声優さんたちがそろった、ということに感無量です。ファンとして、こんなにうれしいことはありません。唯一、藤田淑子さんがお亡くなりになっていたのが、残念でなりません。その代わり、戸田恵子さんが見事に声を当てられてまして、何ら違和感を感じません。泪、瞳、愛の三姉妹を劇場で見られるとは!!これまたファンとしては感無量でした!


往年のファン、子供の時見ていた人なら、ぜひ見に行ってほしいです。エンドテロップがこれまたいい!ぜひ劇場でご覧になってほしいです。シティーハンターを全く知らない人でも、これは楽しめるはずです。

より以前の記事一覧