2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お薦めの本

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の162件の記事

2018年10月16日 (火)

昨今の、私立医大の入試不正点数問題について

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私立医大での入試不正点数問題。個人的には「なんだかなぁ」としか言いようがありません。日本では、私立医大だけではなく国公立の医学部でも同じだろうと思っていますよ。つまり、日本の医学部入学自体、かなり不正で凝り固まっているのでは?と思えて仕方がありません。


きちんとまともに入学試験をやっていれば、女性が多くなるのは当然のことでしょう。実際、研究でも女性研究者の方が、男性研究者よりずっといい仕事をします。それを嫌がるというのは、くだらない男尊女卑に囚われた老人(教授)たちが多いということでしょう。


個人的に思うのは、日本の医学部入試で面接が非常に甘すぎる、ということ。圧迫面接をしろと言っているのではないのですから、勘違いしないように。医師としての人間性を見ろ、といっているのです。アメリカでは、医学部に入るためにはまずは普通の4年生大学を出る必要があったと記憶しています。その後、医学部を受験するわけですが、4年生大学の時に医学部に入るために必要な単位を取らなくてはなりませんでした。(私もその一部を取得しましたし。)さらに4年生大学の担当教授からの推薦文も必須。その上で受験の時に、さらに医師としての人間性まで審査されたと記憶しています。


日本ではどうでしょう?試験だけで面接はおざなりになってませんか?東大などは、面接を強化したと以前記事で読んだ記憶がありますが、果たしてそれが機能しているの?と疑問でなりません。


今の日本の医師で、人間性の豊かな卒業生を輩出している医学部があるだろうか?と疑問です。医師としての最低限必要な知識や技術は当然のことです。ですが、医療者として必要なのは、それらよりも「人間性」が一番必要なのです。人が人を診るのです。その時にいの一番に出るのが人間性であり、医学的知識や技術は二の次です。ですが、今の医師でこの人間性の優れた人間に出会ったことが、ほとんどありません。


18、19で入ってきた子供を、それもまともな人生経験もない輩をさらに勉強漬けにするわけで。医局では教授の意にそうようにしか動かず・動けず。それで卒業時に、人間性が豊かになるわけがないのです。むしろ、ロボットのような医師ばかり輩出しているとしか思えません。だからでしょう、AIの発達によって西洋医師は取って代わられると言われているのも、まさにその通りと納得してしまいます。今の医師のように、人間性がなく、患者さんとまともに向き合いもせず、患者さんの心を汲むことなく、検査結果だけで診断しているのであれば、ロボットとAIで十分ですわ。人間である必要がないのですから。AIやロボットにないもの、それは人間性という「心」。


18、19歳という人生経験のない子供の方に加点してでも取ろうとするのは、何も知らない子供ほど、老人たちにとっては御し易いからです。はい、洗脳とも言います。老人たち(教授たち)にとって都合の良いように、何も考えず、疑問に思わず、ただ言われたことをそのまま実行するロボットのような奴が下に来てくれないと困るわけです。だから、浪人生を嫌がる。浪人した人は、それなりの社会経験をします。また、社会人入学者が医学部に極端に少ないのも、同じ理由でしょう。人生経験が多いほど、ほかの社会を見てきた人ほど多角的にものを見ます。それが実際の診察の現場では必須条件なのですが、老人たちにとってはうざいのでしょう、面倒に感じるのでしょう。老人たちにとっては、若輩者が自分たちよりいろいろ経験していることを、とても嫌がりますので。(これは私自身が帰国して直に経験しましたから、よくわかりますわ。)先に書いた通り、アメリカの医学部では、先に4年生大学を出なくてはいけないのも、いろいろな経験をして少しでも人間性を高めた人間を求めているからだと思います。日本とは全く逆です。蛇足ですが、鍼灸院でもこういう学生時代に遊んでばかりいて、ロクでもない成績をとっていたやつばかりを雇う院長がいます。理由は簡単です。まさに上記の通り。しっかり勉強していて成績がきちんとした学生なら、院長が間違ったことを言ったりしたりすれば、見逃さないからです。院長からすれば、都合が悪いわけです。ロクでもない成績で卒業した輩は勉強していないので、まともな知識を持っていません。だから、院長がいうこと、すること全てが正しいと教え込む(洗脳)することができるのです。(こうして不正<保険の不正請求の手口>も引き継がれていくわけです。)院長にとっては、とっても都合の良い、弟子という名のロボットが出来上がるわけです。(いざ何かあったときには、この弟子のせいにして自分だけ逃げようとするのも、こういう種類の院長の特徴です。)


また、卒業生の子息を優先的に取るというのも、なんだかなぁ、です。親が医師だからといって、その子供が医師として適正かどうかは、全く別問題なのです。親が医師だから、子供も親同様医師として適正であるということは、まず言えません。今の腐りきった政治屋どもを見れば一目瞭然でしょうが。2世、3世というのは大抵腐っています。あ、これは鍼灸師もそうです。親が鍼灸師だからと言って子供も鍼灸師になる場合、その子供は大抵腐ってます。その親の出身医学部だから、優先的に加点して入学させる、という意味が理解できません。こんなの、たんなるコネ入学と同じです。裏口入学となんら変わらないです。


日本の医学部も、医師もかなり程度が落ちています。その結果が昨今の信じられないような診療ミスや診断ミス、手術ミスに現れていると思いませんか?


なぜ、西洋医師が軽蔑する鍼灸が廃れず、患者によっては西洋医師より鍼灸師の方がよく自分のことを理解してくれるとなるのはなぜでしょうか?現状、鍼灸師になろうとする人間の方が、多様性に富んでいるからです。社会人経験者は当たり前ですし、医師のように簡単に保険が使えない故に、経営面でも大変苦労します。医師のように開院すればすぐに患者が来てくれるわけでもない、次につながるかどうかもわからない。次に繋げるためにはどうしなくてはいけないか?そのために、患者さん一人一人と深く向かい合わなくてはいけないのです。医師のように、電子カルテのPC画面だけを見て患者を見ないことをやっていれば、すぐ廃院です。また、鍼灸治療では、患者さんのバックグラウンドやその生活信条、生活態度などなど、患者さんに密着した情報が不可欠なのです。その上で、治るためには患者さんの生活自体を変えてもらわなくてはいけないことまで、アドバイスしなくてはなりません。医師のように、薬を出して終わり、というわけにはいかないのです。それだけ、鍼灸師は患者さんと密接になります。患者さんたちが私たち鍼灸師に安心感を覚えるのは、そのためでしょう。


入試点数を加算するなら、社会人入学希望者、親が医師でない人、人間性や学業は優秀だけど金銭面で苦労している人や、浪人を経験している人ほど加点するべきです。その人の人生経験に対して加点するのが、将来的にいい医師に投資することになると思いませんか?


あなた自身は、出身大学が良くて頭はいいけど人間性がクズの医師に診てもらいたいですか?それとも、三流と呼ばれる地方大学出身でも、人間性の優れた、人の温かみを持つ医師に見てもらいたいですか?結局はそういうことになるのです。あなたはどちらを選びますか?頭も良くて人間性も素晴らしいなんていう夢見たいな医師は、日本にはほとんどいないと思ってくださいね。そしてそれは真実ですし、そんなほとんどいない医師と巡り会えるなんて思わない方がいいです。

2018年7月19日 (木)

おっと、なんてこったい

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私が使っているのはiPhoneSEなのですが、購入時に即座に耐衝撃ケースをつけました。今まで、長年iPhoneを使ってきましたし、耐衝撃ケースもその都度使用してきましたが、これほど早く壊れたのは初めての経験です。いえ、iPhoneが、ではなく、耐衝撃ケースが、です。1年と3ヶ月程度で、ボリュームボタンがちぎれて落ちるなんていうのは、初めての経験です。さらに、ケースを外してみたら、ケースの内側がじっとりと湿っている・・・。なにこれ?雨の中でiPhoneがしっとり濡れるような状況で使ったことはありません。雨の中で使わなかった理由は、ケースが完全防水じゃないからです。このねっとりというか、しっとりはどこからか?iPhoneの使用時発熱の性なのか?ケースの内側がじっとりねっとり(!これが気持ち悪かったです!カビか?それとも、プラスチックの成分が溶け出しているのか?)濡れていたのが、なんとも・・・。消毒液でぬぐったら、とりあえずきれいになりましたけど。油のような感触でしたから、やはりプラスチックの成分ではないか?と思われます。


今、購入して以来久しぶりのケースなし、本体むき出しの状態で使っています。あれ?こんなに小さかったっけ?薄かったっけ?とあらためて思います。ケースのせいで、一回り以上大きくなってましたから。あらためて、iPhoneSEの小ささに感動しています。


しかし、ケースがついていない状態で持ち歩くのは、とてつもない精神的不安を与えますね〜。万が一落としたら、と思うと、ポシェットから取り出すときも、かなり神経を使います。精神的衛生のために、早速次のケースを注文しましたが・・・。時々ケースを外して、変に本体表面やケースの内側が湿気って(?)いないかどうかの確認はした方がいいな、と思いました。

2018年5月 5日 (土)

正夢にならなければいいのですが

今朝(5/5)早く、多分4時台だと思います。夢で、しかもフルカラー、大震災に遭う夢を見ました。


夢の中で、子供達と一緒に高層ビルか大規模商業施設にいました。そこでいきなり上下に揺さぶられ、必死に子供達を抱きかかえていました。揺れは結構長く続きましたが、施設が耐震設備だったためか、天井から何かものが落ちてくるということはありませんでした。


その後、いろいろアウトドアグッズや非常食などなどがおいてある私の部屋まで、子供達を連れてどうやって帰ろうか?震災に遭った店舗(?)で、水を買おうとしたらすでに売り切れていて、私は我慢できるとしても子供達は我慢できるだろうか?とか、考えているところで目が覚めました。


余りにリアルな夢だったため、現実と夢の区別がつきにくかったです。夢だと気がついてから、そういえばまだテント持ってないなとか、近所の川の水を濾過しても飲めるだろうか?とか(水は命の生命線です。その川に平気でゴミを捨てたり汚している現代日本人、どうしようもないですわ)、そういうことを考えているうちに、外から鳥の鳴き声が聞こえてきました。


今日の日の出は4時58分とのこと。鳥は日の出の40分程度前に鳴き出すそうです。ということは、私が夢を見て目が覚めたのは、4時10分台ぐらいだと思われます。まだ真っ暗でしたので。


こんな夢を見たのは生まれて初めてです。もしこれが正夢、予知夢だとしたら、余り嬉しくないです。過去に、予知夢を見たことがありますが、それは私の大好きな作家さんが何時、何冊本を出すという夢でした。(そしてそれは正夢でした。)今回のような、夢の中で実際に上下に激しく揺さぶられたのは初めてですし、本当に体感したかのように感じてましたので、正直今でも驚いています。


過去、何度も書いていますが、人心乱れると天も乱れる、です。糞日本政府、政治屋や官僚の腐敗っぷりは、目に余るものがありますし、ヘイトスピーチ、差別、格差、そういった日本人の心の乱れも甚だしい現代。結果として3.11が大切なことを教えてくれたはずなのに、たった7年でほぼ忘れ去っている日本人。再度、強烈な天災が起こってもおかしくないのです。そして今朝早くに見たこの夢、近々天災がここ中部を中心に起こるということなのではないでしょうか?たんなる夢であれば、逆夢であれば問題ないのですが、早朝で、フルカラー。これって、予知夢だったり正夢であることが多いと言われてます。


ん〜、逆夢であってほしいと切に願います。微に入り細に入り、ものすごくリアルな夢でしたので、う〜〜〜〜〜ん・・・・。


と、これをかいていたらニュースで、今日

『5日の午前7時32分頃、ハワイ諸島を震源とする地震があった。気象庁によると、マグニチュードは6・9と推定される。』

という記事が。このことを夢に見たのかしら?(でも火山の噴火ということは、全く夢に出てきませんでした。)それとも、この日本で起こるのか?まぁ、個人的にはまた日本で大震災が起こった方がいいと思ってます。それが起こらないと、今の日本人は何も学ばないだろうと、心底思ってますので。そのときに私が死ぬのが望みです。自分が生き残って、という希望(欲望?)は全く持っていないですね。ハワイはアメリカの州です。アメリカも、トランプが大統領になってから、ヘイトや差別が激しくなっています。人心が乱れているのですよ。いろいろ人間が、本当の意味で人間とはいかなるものか?というような哲学的なことを真摯に考えないといけない時期にきていると、心底感じます。

2018年5月 3日 (木)

旧友との再会!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


昨日、4〜5年ぶりに友人と会えました。彼と会ったのは、愛媛の学会以来だと思います。


突然の電話で、「今名古屋にいるんですけど」と。あれ?学会?5月に学会を開いたのか?しかも今年は持ち回りが名古屋だったの?と、まず考えちゃいました。(学会参加経験者ならわかると思いますが、学会開催県は持ち回りで毎年変わります。)実際はそうじゃなく、ちょうどGWでオフなので、思い立って名古屋に来たそうです。しかし、ほんとに急でしたわ。事前に来ることがわかっていたなら、仕事も入れずに朝からいろいろ準備して、食べに行く店なども選択したのですけど。😱しかも、この日はあいにくの荒天。夕方から雨と風がとても強くなるという日でしたので、基本、外を歩くことなど全く考えず、地下街のみで済ませてしまいました。それができるのが、名駅ですね〜。こういうとき助かります。


いやぁ、旧友と会えると嬉しいものです。日帰りだったので、行きつけのバーまで足を運ぶということは今回はできませんでしたが。大学の状況、鍼灸のこと、治療のことなどなど、何の気兼ねもなく話せたのは、私にとってもとってもいい時間を過ごせました。患者さんに話すときには、かみ砕いてわかりやすく話しますが、同業者なら一切遠慮する必要は無いので。ついでに、仕事帰りだった私の道具箱を持ってもらい、その重さに驚いてもらいました。😆どんな道具を持ち歩いているのか気になったのでしょう、中身を見て「ほー」とか「ふ〜ん」とか「こんなにいい艾を使っているんです?」とか、「鍼はこのメーカーのを?理由は?」とかとか。同業者なので、使っている道具はどうしても気になります。


忙しい中、時間を割いて会いに来てくれたわけですから、次回は私が彼の方に遊びに行かないといかんですね。日帰りだと帰りの時間が気になって仕方が無いので、やはり泊まりでないと。愛媛の学会以来、全然プライベートで遠方にいってませんから、今年は行きたいですね〜。

2018年1月18日 (木)

ほんとに今の日本社会は腐っていますね

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


もう、何だこのクズは!そして、こんなクズ男を擁護する意見も存在している、この日本社会に対して心底反吐が出そうなほど落胆しています。こんな社会だからこそ、

  • 閉塞的で
  • 他者に寛容がなく
  • 自分のことしか考えないろくでなしども

が今の日本社会ではびこっているとしか思えません!!!!


電車で1歳児の首を絞めた男が逮捕 不可解な理由に「怖すぎる」と批判殺到
電車で1歳の女の子を首を絞めた契約社員の男が逮捕された。
2018/01/18 15:30
https://sirabee.com/2018/01/18/20161464303/
多くの人が利用する電車で、1歳の女の子を首を絞めるという悲しい事件が起こってしまった。その身勝手な理由に、ネット上では非難の声が相次いでいる。

■泣く赤ちゃんの首を絞める

17日午後7時頃、さいたま市のJR大宮駅の電車内で、泣いていた女児(1)の首を絞めたとして、大宮署は契約社員の男性(22)を暴行の容疑で現行犯逮捕した。

報道によれば、女児が電車内で泣いていたため、母親(25)が抱いてあやしていたところ、男性が突然首を絞めてきたとみられている。男性は、帰宅途中で偶然電車内に乗り合わせていた警察官によって現行犯逮捕された。女児の命に別状はなかったようだ。

男性は警察の調べに対して「赤ちゃんが苦しくなくなると思って首を絞めた」などと供述しているという。

■「怖すぎる」「意味不明」と非難の声

報道を受け、ネット上では「信じられない」「理由が意味不明」と男性の行動を非難する声が数多くあがった。また、男性の行動の発端であろう「電車で赤ちゃんが泣く行為」についても「仕方がない」「赤ちゃんは泣くのが仕事」と母親を擁護する声も見られた。

・電車で赤ちゃんが泣いてたら首を絞めていい理由にならない。言い訳が意味不明
・なぜその選択肢に行き着くのか。思考が偏ってる
・そりゃ多少はうるさいと思うよ。でも、元気に泣いているって思えないかね 
・こんな歪んだ考え怖すぎる。お母さんもさぞかし怖かっただろうね。許せないわ

■泣く子供に「うるさい」と同情の声も

首を絞めるという男性の行為は責められるべき、という前提ながら、電車内で子供が泣く行為について「迷惑」とのコメントも。中には「泣く子供がいるなら電車に乗るべきではない」といった厳しい意見もみられた。

・電車で泣かれるとうるさい気持ちはわかる。ただ、うるさいなら車両を移るくらいしなよ
・この男は悪くない。子供をコントロール出来ない母親が悪い
・昔と違って図々しい母親が増えたってうちの親が言ってた 泣いてても放置、口を押さえたりしない、ベビーカーも畳まず乗ってくる。この母親もどれかに当てはまってたのではないかと思ってしまう

■4人に1人が「電車での泣き声はうるさい」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,353名に「電車での赤ちゃんの泣き声」について調査したところ、4人に1人が「イライラする」と回答している。

加えて、通勤の時間や満員電車など、ただでさえ不満をもって乗車しているときは、イライラも倍増しているのかもしれない。「赤ちゃんが泣いているのを見ると元気になる」との声もあるが、怒りをおぼえている人がいるのも事実のようだ。

とはいえ、首を絞めるという行為はけっして許されるべきではない。誰もが遠慮せず、気軽に電車を利用できるようになってもらいたいものだ。
(文/しらべぇ編集部・らむたそ)


子供の泣き声がうるさいというのであれば、そう思う自分自身が子供の時も、全く同じだったという『事実』を忘れていますわ。もしかしたら、いや、もしかしなくても、子供の泣き声がうるさいという輩ほど、子供の時もっとうるさく泣いていたのではないでしょうか?子供の時だから記憶にない、といって逃げるのは、卑怯者の言い訳です!!!!こういうクソみたいな人間性を持った卑怯者が、本当に多いのが、いやでも目について仕方がないのが今の日本です。


ベビーカーを畳まず乗ってくる?確かに、そういう人もいますが、それについてどうこういうつもりは、あまりありません。他者への迷惑を考えられない人間がいるのも当然ですから。畳まずに乗ってくる親の、その親が、そういう他者への気遣いを教えられない人間だったのですから、仕方ありません。教えられていないのです、他者の迷惑を考えて行動するように、ということを。教えられていないのだから、気がつくわけないです。気が付いていない人を責め立てても、仕方ありません。こんな簡単な論理を考えられず、脊髄反射で否定する輩ども、ベビーカーを畳まずに乗ってくる親たちと全く同じ穴のムジナです。そのことに気がついていないくせに、他者ばかりを攻め立てるというのが、実に腹立たしい!気遣いできない輩のくせに、それができていない人たちを責め立てるその人間性の矮小さに、反吐が出ますわ。


ベビーカーを畳まずに乗ってくる親を非常識と言い立てる老人たち、そういうあんたたちの行動はどうよ?と言いたい。

  • 車内では携帯の音を鳴らさないようにマナーモードにすることもせず着信音を大音量で鳴らし、平気で通話をする。

それは非常識とは言わないのか?

  • 並んでいる人の横から平気で横入りしてくるのは?

それは非常識では?

  • エレベーターに乗るために走り込めるのに、ベビーカーや松葉杖をついている人を置き去りにして、先に自分が乗り込んで移動してしまうのは?

それって、非常識って言いませんか?全く、今の老人たちの多くが、その人間性こそが非常識と、私は言いたい時がとっっっっっっっっっても多いです!!!!!!!!


老人ではない若年・中年世代の輩ども、

  • スマホゲームに夢中で、出入り口扉の前に陣取って、全く動こうとせずに乗降する人たちの多大な迷惑になっているのは、非常識では??
  • さして長くもない足を通路に投げ出して座っているのは、非常識では?

他者を責め立てる前に、まず、自分の日常している行動を見直してみなさいよ。それをしないでおきながら、よくもそれだけ他者を責め立てることができるものですわ。恥を知れ!と声を大にして言いたい。


この国、少子化が信じられないほどだということ、どれほどの人が気が付いているのでしょう?超超高齢化国家と成り果てている、世界に類を見ないほど老人ばかりになっているこの国。見事な逆ピラミッドの人口構成であり、今の年金も、社会もこのまま超少子化が続くのであれば、成り立たない構造になっていますけど。


話が少々ずれたかもしれませんが、この1歳の子供の首を絞めた22歳のクソガキ、まともな人間性を持っていませんわ。こういうバカには、決して自分の子供を持ってもらいたくないと心底思います。こういう他者への共感も、協調性も持たない人間は、自分の子供を虐待したり殺したりすると思えて仕方がないのです。


こういう事件を見るたびに思います。この日本、間違いなくまた天災が起こると。人心の乱れがあまりにもひどすぎます。人心乱れる時、天もまた乱れる。これは真実です。再度、3.11より大きな天災が起こらない限り、この国の人間は何も学ぼうとしないかもしれません。学ぶためには、そういう天災が起こるのも仕方ないでしょう。天災が起こらなくても学べるほど、今の人類の魂は十分成熟してません。その時には、この日本は存在していないかも知れませんが。でも、それが人類を進歩させるために必要なことなら、起こりうるのです。残念なことに、日本人は3.11から何も学んでいません。世界は、第二次大戦以後も戦争を続けていて、これまた何も学んでいません。学んでいなければ、学ばさせることが起こるのです。学ぶ時に、学べなかったことを、後から悔いるしかないのでしょう、現生人類は。情けないことですが、これが現実なら、致し方ないのでしょう。

2018年1月17日 (水)

23年目の阪神大震災の日です。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


今日、1/17日は阪神大震災の日です。23年もたちましたが、未だに被害者・経験者たちの心には、大きな傷が残っていることが、今朝のラジオで流れました。


当時のこと、未だに覚えています。何人かの患者さんたちに話したことがありますが、当日の朝5時45分に突然目が覚めました。時計を見て、なぜこの時間に目が覚めたのか、全く理解できず、布団をかぶって二度寝をしようとしたところ、ここ愛知でも震度4の縦揺れに襲われました。(正直、縦揺れを体験したのは、このときが初めてでした。3.11は、長時間にわたる横揺れでしたし。)いつも枕元に置いてあった、アメリカにいたときに買っておいた軍用ケブラーヘルメットを頭にかぶりました。😅時間がたつにつれ、その被害の大きさがどんどんわかり、これは大変なことだ、と心底思ったことを今でも覚えています。


そして今朝方早く、なぜか5時に目が覚めてそのまま寝付かれませんでした。まるで、震災被害者・経験者の方々と気持ちがシンクロしているかのように。6時を過ぎてようやくウトウトし始め、6時30にいつも通り起き、ラジオをつけて今日が震災の日だと思い出しました。あぁ、だからなぜか5時に目が覚めてしまったのかもしれない、と改めて思った次第です。


23年です。23年たってもまだ大きな傷を残しています。阪神大震災よりもっと大きかった3.11の震災は、未だ、なんら回復が進んでいるとは、到底いえないのです。昨年起こった熊本震災でも、全く同じです。この国の、政府の無能さが露呈しています。


日本人の悪いところ、時間がたつにつれてそれを忘れていく人があまりにも多い、ということです。なにより、行政がアホすぎると。伝えていかなくてはいけないことを伝えず、自分たちに都合の悪い部分はひた隠しに隠し、それでいて自分たちに都合のよいように改悪していく。これが日本の行政のあり方です。前述したように、日本人は本当に忘れっぽい。なぜこんなに忘れっぽいのか、心底疑問に思います。


忘れた方がいいことと、忘れてはいけないこと。この選択がきちんとできていない。国民が忘れそうなら、行政が忘れさせないように手を打たなくてはいけないはずです。ですが、その行政が率先して、過去のこととして忘れようと行動しているとしか思えません。忘れさせてしまえば、こちらの物、ということでしょうか?もしそうなら、日本の行政はとんでもない、馬鹿の集まりでしかありません。


私も一応、生き延びるための備蓄をしてあります。アウトドアが好きなので、火をおこすこともできるし、その準備もしてあります。ですが、多くの人がそんな技術も知識もなく、行政に頼っているのが日本です。ですが、いざというときにその行政が守ってくれると、本気で思っています?


先日、久しぶりに子供たちに会えたので、初めてナイフの使い方を教えました。次回は、火の付け方を教える予定です。私が生きている間に、私が得た知恵を伝えなくてはなりません。金の稼ぎ方?そんな下らんこと、どうでもいいです。(ですが、現代社会では、こちらの方が重要視されますよね〜。いざ災害が起こったとき、一番頼りになるのは何ですか?金を稼ぐ知識が、災害時に役に立ちますか?そんな知識、糞の役にも立ちませんよ。)生き延びるために、ナイフの使い方、火の付け方、食事の準備の仕方、シェルターの作り方などなど、『生き延びるために必要なこと』を伝えるのが親の務めだと思います。知らないなら、知っている人に頼ればいい?巨大災害時、特に災害直後においては、自分の身を守ることが精一杯で、他者のことまで気が回りません。そのときは、自分の身は自分で守る、ということしかできないのです。そういうときに、他者に頼ればいい?助けてもらえると、本気で思いますか?


驚くことに、今では学校で、マッチを使わないとか。(家庭では、オール電化のせいで、ガスの火をつけられないとか。信じられん!😱)林間学校では、火の付け方を教えず、教師が着火剤を薪に塗り、教師が火をつけると聞き及びました。なにそれ?林間学校で、どのように薪を組み、どうしたら火をつけられるか?というのを実地で学び、経験し、知恵にするのが林間学校なのではないですか?まともに火がつけられなければ、満足な食事もとれないことを、身をもって学ぶのが林間学校では?意味がわかりません!ライターは放電部分の故障や濡れに弱いです。マッチなら、多少濡れてもなんとかなる方法がありますし、防水マッチもあります。結局、原始的と言われている物が、一番確実なのですよ。だけど、今の子供たちは(下手したら大人でも)マッチの擦り方を知らないかもしれない。夏ならまだしも、阪神大震災のような冬場なら、火をおこせなかったら生死に関わります。あと、火をおこせるからこそ、人間なのです。火をおこせないのは、人間とはいえないです。これは個人的意見ですよ。


ナイフの使い方も、火のおこし方も、大人が一方的に危険だと言って子供たちから遠ざけた結果が、今の社会なのでしょう。身をもってナイフで指を切って、血が噴き出すことも経験していないので、他者に平気でナイフを向ける。火の熱さと火傷を経験していないから、簡単に放火をするのでしょう。人は想像力を持っていますが、現代人はその想像力があまりにも欠如していますので、経験でその身に覚えさせないとならないと、真摯に思います。勉強ができるなら大丈夫?んなわけあるわけない!勉強ができるのと、他者のことを想像して他者に危害を加えない、というのは全く別のことです。このことがわかっていない親があまりにも多いので、今の社会はこれほど荒廃しつつあるのでしょう。今のままだと、日本社会はさらに荒廃した、とんでもない国になっていくことかと。せっかく3.11が教えてくれたのに、もう糞政府は当然のことながら、電力会社も行政も、なにより国民が、その教えてくれたことを忘れようとしているのが、なんともはや、悲しい限りです。この状態では、近いうちにまた3.11クラスの、いや、もっと大きな災害が起こります。3.11クラスの災害では、日本人が何も学ばなかったと自然(神)が判断したら、日本人が心底学ぶように、より大きな災害が起こってもおかしくないのです。そして、その日は余り遠くない、と私はかなり危惧しています。

2018年1月 4日 (木)

2017から2018の年末年始

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


確か昨年も、子供たちに会う直前に同じことが起きたような・・・。


今回は、31日に舌に巨大な血豆ができました。痛くて痛くて何も食べられず、酒ばかり飲む羽目に。舌をかんでませんよー。噛んでもいないのに、なぜか舌に巨大な血豆ができたのです。もうね〜、東洋医学的には、舌は心の経絡と深い関わりがあります。う〜む、年末の最終日に一年の疲れ?が一気に現れたような・・・。血豆は瘀血と東洋医学では捉えます。


普通の血豆でしたら、一晩寝れば大抵消えます。ですが、今回のは根性(?)が違ってました。翌1/1の朝になってもしっかりその形状を維持したままでした。これって、31日の夜に年越しそばを食べたから?食べなかったら寝ている間によくなっていた?わかりません。


血豆の瘀血が引いたのは、1/1の夕方になってから。ですが、その後に逆に痛みが出始めまして。今日明日、明後日あたりがその痛みのピーク!だと思われます。話すだけでも痛いです。口を開くだけでも痛い・・・。相変わらず一日一食ですが、また絶食しないと治りが悪いのかもしれません。


年末年始、私の脾の経絡さらに弱まっているのかぁ〜?と。酒ばっかり飲んでいるので、それが悪いのかもしれませんが。ん〜、年始からこのていたらくぶりでは、今年も胃腸の悪さがずっとついて回るのかもしれません。とほほ〜。

2017年12月26日 (火)

あおり運転に対して厳罰化!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


いや、ようやくか、という感が強いですが、それでもこういう積極的な態度は評価できます。


あおり運転:暴行容疑で立件検討 警察庁が全国に指示
2017年12月26日 00時31分 毎日新聞

 道路上で車をあおったり、幅寄せしたりする危険行為をするドライバーについて、警察庁は、直接の暴力行為がなくても刑法の暴行容疑での立件を検討するよう全国の警察に指示した。あおり運転に道路交通法ではなく、暴行容疑を適用したケースは非常に少ないとみられることから、警察庁が積極的な捜査を促した形だ。

 警察庁によると、あおり運転を暴行容疑で適用した事例は集計していないという。しかし、あおり運転を巡る1975年の東京高裁判決は「交通上の危険につながることは明白で、刑法上、相手ドライバーに対する暴行罪にあたる」と判断している。

 このため、警察庁は今月12日、各都道府県警に対する文書で、同高裁判決を示すとともに、あおり運転の取り締まりの強化を指示。あおり運転をした後に、被害者を殴ったり脅迫したりした悪質なドライバーについては、刑法での立件とともに免許停止処分にすることも求めた。【川上晃弘】


人って、自分が環境から守られていて、絶対的な安全を感じているときほど『傲慢』になりますね。これは政治屋もそうですが、警官(バックが国だし〜)、自衛官、地方公務員、大企業の社員も全く同じ心理的な状態になります。いや、断言できますわ。自分が何をしても、バックの強大な力を持っているものが、自分に変わって守ってくれると思っているから、何でも好き勝手できるのです。私自身もトヨタにいたときに、そういう下請けさんたちに傲慢な態度をしていた20代のアホ共をこの目で見てきていますし、社内で肩書きのあるアホが、自分がトヨタを支えているんだと傲慢な態度をとっているのを見ていますので、言い切れます。トヨタがそうなら、他の大企業もまず同じですよ。人間って、他職業でも他会社でも早々変わらないので。


あおり運転をするような、未熟で卑怯な人間も全く同じです。車内という閉鎖空間、周りの環境から守られているという感覚が、自分がその空間内では『絶対的な存在』になるのです。そこで、自分も神と同じく絶対低な存在だと『勘違い』して、他者へのあおり運転となると私は見ています。自分を第三者の視点から観察できない、自分で自分を律することのできない、実に未熟な人間ほど、あおり運転をするはずです。未だにたまに走り回っている、暴走族も同じですね。あやつらは本当に未熟な糞ガキが、自らの存在を知らしめるという他者認証をほしがって、ああいう行動をとっているのです。


逆に、あおり運転をされたら、「あぁ、人間的に未熟な糞ガキが運転しているわ。巻き込まれないようにしよっと」と、心理的余裕を持てる人間であってください。あおられて焦る必要はありません。むしろ、深呼吸をして落ち着いてください。そして、自衛のためにドライブレコーダーを。それも前後の撮影ができるものを。その出費で、アホで未熟な馬鹿者にあおられたときに、自分や車内の家族を守ることができるのですから。


正直、免許交付に対して、その人間の精神状態や思考形態をトコトン調べるべきだと思いますけどね。思考形態が自己中心的な未熟であり、他者への共感もないようなら、免許を交付してはいけないと思うのですよ。同様に、警官も地方公務員も、国家公務員、政治屋共も全く同じです。他者への影響力が高い職ほど、その人間性をしっかり確認した方がいいと思うのです。あ、医師も同じです。そういう輩の人間性が高まれば、嫌でもこの世界は変わるはずなのですけど。


免許の交付が厳しくなれば、交通量も減るし、人間性のまともな人が運転するなら、事故も減ることでしょう。そうなれば、交通事故で悲しい思いをする人が間違いなく減ります。交通量が減れば大気汚染も減りますし、石油依存度も減ります。そうなれば、嫌でもエネルギー革命とも言うべき、環境と人に優しいエネルギー消費に向かうと思うんです。自動車会社は石油業界と結託していますので、免許交付が厳しくなり、運転者数が減れば売れる車数も減るので、製造減少になります。製造が厳しくなれば、より事故を起こさないための安全性に対して積極的になるはずです。安全性に積極的にならなければ、売れないのだから、安全性に血道を上げなくてはならないはずです。結果、自動車の歩行者などに対する安全性が高まれば、さらに交通事故が減るはずです。個人的には、かなり理論的だと思うのですが?どう思います?現代の、金至上主義で儲けのためなら何人人が死のうがかまったこっちゃねーという社会から、全く逆の世界になるかもしれないのです。どちらの世界の方がいいですか?


まぁ、つらつらと書きましたが、あおり運転に対して厳罰化は必須です。あまりにも馬鹿が多すぎるのですから。

2017年12月25日 (月)

ようやく発送し終えました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


ようやく、ようやく海外の恩人・友人へのクリスマスカードと、国内の年賀状を今日発送し終えました。は〜、昨年とは違ってクリスマス当日に送るなんて、今年は遅れに遅れています。😥


同様、ブログも遅れに遅れています〜。


さて、心機一転、今月見た映画批評を一気に書き上げるつもりです。💪🏻


あ、あくまで”つもり”です・・・。(今のうちから言い訳を書いておくあたり、ヘタレですね〜。😭)

2017年11月 2日 (木)

大阪府立高校の髪染め強要は、人権無視ですわ

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


大阪の府立懐風館高校で、女子生徒が生まれつき髪の毛の色が薄いことに対して、髪染めの強要、さらに母子家庭だからと言うことまで揶揄されたようですね。それどころか、修学旅行も参加させられず、ほかの生徒たちには退学したと説明していたようですね。


全く、今の時代になってもこんな馬鹿な高校が存在しているのが、心底驚きますわ。あぁ、私のでた東○高校も、そう変わらなかったなぁ、と思ってしまいました。○郷高校も、髪の毛の色まで当時校則に書かれていたと記憶しています。とにかく規則規則。生徒の自主性なんてはなから存在せず、奴隷のように教師の、高校の言うことに従えという軍国主義高校でしたからね〜。今でも当時の教師に会ったら、その場で殴りつけたい(暴行になってしまうか・・・)ですわ。


でもこの懐風館高校、驚いたのが『金髪外国人留学生でも、規則だから黒く染めさせる』と言ったとか。おいおいおい、本当にどういう高校だ?!もし、本当に金髪留学生にまで強要したら、完全に人権侵害以外の何者でもありませんわ。この高校、校長からして人種差別主義者じゃないの?と思えてしまいます。人種差別する輩は、他人の人権など無視しますので。とにかく立場的弱者(生徒)を立場的強者(教師ども)が、自分たちの都合のよいようにコントロールしたくて仕方ない高校ですね。腐っているわ〜。


金髪外国人留学生でも規則だから染めさせる、というのであれば、逆の立場になったら、これを言い放った高校や教師はどうおもうか?です。例えば、丸坊主が規則になっている国に行ったら、この高校の教師や校長たちは丸坊主にするのか?ですわ。素直にその規則に従うのか?です。黒髪を金髪に脱色しろ、という規則なら、この被害に遭った女生徒のように、頭皮がボロボロになってでも脱色するのか?ということです。自分たちは何もしないくせに、立場の弱い生徒たちには強要する。本当に、こういう腐りきっている高校には腹が立って仕方がありません。この強要、私の高校時代と同じですから、余計に腹が立って仕方がないです。


府側は争うようですが、もしそうなら、府も馬鹿揃いじゃないの?と思いますね。自分の子供がそんな目に遭ったら、どう思う?ということです。この高校の教師どもも、自分の子供が同じ目に遭っても、規則だからと言って我慢するの?我慢できるの?


全く、今の日本は、本当に他者への寛容さがなくなっていますね。他者への非寛容さは、巡り巡って結局自分にすべて、しかも利子をつけて跳ね返ってくるのですけど。

より以前の記事一覧