2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 映画感想簡易版です | トップページ | 僕たちは希望という名の列車に乗ったを見てきました! »

2019年6月 4日 (火)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」D


あ〜、ゴジラファンとして、見ておかなくてはいかんよなぁ〜と。ん〜、どうしてもハリウッド版ゴジラは、巨大なイグアナとしかとらえていないのか?と思えて仕方がないです。シン・ゴジラのように、人類が未知の生物ならまだましなのですが、どうみてもイグアナの変異体です・・・。情けないわぁ〜。前作の時も、ハワイのホテルをぶっ壊すシーンは楽しかったですが、それ以外はまさにアメリカ万歳映画でした。今作もきっとアメリカ万歳映画なのだろうなと思いながら見にいきました。


個人的には、シン・ゴジラと一番最初のゴジラが一番面白いのです。その姿でいうなら、シン・ゴジラが一番美しく思います。一番生物的かつ、現実的であり、恐怖感しか与えないから。しかしながら、ハリウッド版ゴジラは、その姿が醜く思えて。ま、これは個人差があるでしょうから。
さらに付け加えるなら、キングギドラの描写がなぁ〜。外来宇宙からの生物なのですが、その振る舞い(三つ首の頭の振る舞いです)が、なんかこう納得いかないというか、野生動物じゃんという感じがして。人間などおよびもつかない生物のはずです。そう、第1作目のエイリアンが完全生物であり、人間の考えなど及びもつかないと描写されたのと同じでは?ですが、今作ではどうにも、たんなる野生動物並みと描写されているように感じて仕方がないです。そのキングギドラまで、人間の考えた方法で影響を受ける?なにそれ?どこまで人間の知識(知恵とは到底言えません)が、未知の生物まで影響すると考えるのか?傲慢ですわ。


ネタバレ?になりますが、ゴジラが体力回復している場所のことで、大変な違和感が。潜水艦という鉄の塊ですら近づくことが危険な場所に、単身簡易潜水艇で「とある人」が乗り込みます。アメリカ映画だからなのでしょうか?放射線というものをものすごく軽く扱っているとしか思えません。そう、もともとゴジラは、人類の狂気の沙汰である原水爆実験で生み出されたものです。その狂気の沙汰に対しての反対表明でゴジラが生み出されたもの。そして今作では、そのゴジラが放射線で回復している場所に一人の人間が簡易装備で(どうみても鉛の塊の防護服ではないですわ)いどみます。潜水艦ですら近づけないところに、そんな装備で生きている人間が近づけば、即死でしょう?思うに、福島原発事故後の、メルトダウンしている場所に今現存する防護服だけで近づくようなものでしょう。未だに、その場所には誰も近づけないのですよ?近づけば外部被曝で即死だからです。結局、この映画で述べているのは、原水爆は必要、なおかつ、放射線の恐ろしさと言うものの軽視ということなのです。ゴジラを活性化するために原爆を使います。そして、それを使うために犠牲になるのは日本人。(あ、ネタバレか?)なにこれ?結局、世界を救うためには原水爆が必要であり、そのためには犠牲が必要であり、その犠牲は日本人でいいのだ、と言っているの?もうね、正直腹わた煮え繰り返りましたよ。この監督も、結局無神経で無知蒙昧のアメリカ人でしかないのだなぁ、と思えます。劇中、中国人もアメリカ人もいくらでも出てくるのに、犠牲になるのは日本人だけ。それも研究者という一般人。周りにはアメリカ軍人という、本来なら他者を守るために存在する職業の人間がいくらでもいるのですよ!ところが、この軍人たちは一切「自分が行きます!」と言わない。一般市民の日本人研究者が犠牲になるのを、ただそのまま見送ります。なにこれ?さらに、他の国の人間も、だれも「自分が!」と言わない・言わせない。なにこの出来レース。この映画を見て、皆さん腹が立ちませんか?ここまで日本人は見下されているのですよ?世界のためなら(と言いつつ、結局はアメリカという国のため)に、いくら殺されても構わないと描かれているのですから。どうせここまで風呂敷を広げたのなら、メキシコ湾岸ではなく、ワシントンに上陸し、ホワイトハウスを含めた首都や他の名だたるアメリカ都市を破壊し尽くしてこそでしょうが!さらに、逃げようとしたアメリカ大統領をキングギドラが殺してこそ!それをして初めて「怪獣映画」と言えません??!(いまだにシン・ゴジラをなんども見直しては、ゴジラが日本の総理や閣僚を乗せたヘリを撃ち落とすシーンで『イエス!!!!!』と喝采をあげる私です。!!こんな痛快なことはないです!!)前作では、被害にあったのはハワイだけです。そう、アメリカの本土から遠く離れた場所だけでです。(最終戦闘場所はカリフォルニアだったか?どちらにしろ、アメリカ首都じゃないですよ。結局地方都市どまり。)今作でもメキシコ湾岸。アメリカ本土は被害にあってないです。書いていて、ムカムカしてきますわ。ついでに言うと、メキシコの人々もラドンによって大変な目に合うシーンが出ますけど、アメリカ国内は確かデトロイトだけだったような・・・。しかも、そのデトロイトでアメリカ人たちが大量に死ぬシーンはなく、むしろ軍が積極的に脱出させるシーンだけだったような。メキシコでは、次々に民間人が死ぬのに。やっぱり、個人的にはシン・ゴジラのほうが、今作品より100万倍はまとも!と思えてしまいます。


監督へ。もともとゴジラは怪獣を描いたのではないです。怪獣はオマージュです。人間というくだらなく愚かすぎる生き物が作り出した原水爆という、全く不必要なものに対する反対表明です。なぜ、そのことに気がつかない?なぜ、理解しない?やっぱり気軽に原水爆実験を繰り返し、自分たちの都合の良いように原水爆拡散禁止などという輩たちの国の人間では、そのことが理解できないのかも。そして、あなたが無意識でしょうけど、日本人を見下していることも。口で言っていることとその心が違うことが丸わかりですよ。まるで京都の洛中の人間みたいですわ。


あぁ、この映画でオキシジェン・デストロイヤーも出てきます。が、それを使った後に浮かび上がってきたのは魚だけ。おいおいおい、そんなはずないだろうが?!ここでもアメリカ人監督だからなのか、それともプロデューサーからクレームが入ったのか、一切そこに「イルカ」と「クジラ」の死骸を入れていないという不自然さ!!!メキシコの沖合いです。カリブ海でしょう?なら、イルカやクジラがいる方が普通です。そして、広範囲の生物を皆殺しにするオキシジェン・デストロイヤーを使ったのなら、当然いるはずのイルカやクジラも殺されるはずです。だけどその描写は一切ない。なにこれ?そんな描写をすれば、イルカやクジラの保護団体からクレームがついたり、もしかすると資金援助が無くなるから描かなかったの?日本だけを追求している、そういったテロリストとも言える保護団体を敵にしたくなかったの?と、私は感じましたね。あ、そうか。劇中で描かれるテロリストは、極端な環境保護主義者たちでしたね。監督ももしかしたら(もしかしなくても)こういう極端な環境保護主義者たちと同じ考えなのかな〜。多分そうなのだろうなぁ。

 

正直、見た後のがっかり感は、アニメ版ゴジラの三作目を見た後とほぼ同じぐらいでした〜。ギリギリ金返せと行かなかった作品です。

 

あと、次の作品は間違いなく(途中で制作破棄されなければ)キングコング対ゴジラですわ。阿呆らしい。これは見に行かないです、私は。バカなアメリカ人の好きな、「どちらが強い?!」というくだらない映画でしょう。結局決着はつかず、どちらも強いんだよ〜で終わることが目に見えてますわ。この次の映画のために、伏線張り巡らせすぎ。ドクロ島は劇中なんども出ますし、キングコングらしい姿をエンディングでモロ出しです。なめとんのか!と言いたい。

« 映画感想簡易版です | トップページ | 僕たちは希望という名の列車に乗ったを見てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事