2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の5件の記事

2019年4月30日 (火)

映画感想簡易版です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

映画感想簡易版です。

 

  • 「ある少年の告白」C+
    これまた、スポットライトという素晴らしい映画でも描かれていましたが、キリスト教というのは如何にもこうにも腐っていますね。ま、新旧聖書は、もともとジーザスが述べた言葉を、時の権力を望んだものたちが自分たちの都合の良いように「何度も何度も改変」したものが今の聖書です。ですから本当の言葉がほとんど伝えられていないのですが、間違っていることを今でも連綿と伝えるキリスト教が、一番おかしいと思いますね。イスラム教の原理主義者たちも狂っていますが、キリスト教のほとんども狂っているとしか言えませんわ。この映画、LGBTについての話です。時代が時代でしたが、エンドテロップで、今でもアメリカでは10代の子供達に対して、強制的にLGBTを矯正しようとしている施設があること、その被害にあっている子供達が多くいることがわかります。アメリカも腐っていますわ・・・

 

  • 「記者たち 衝撃と畏怖の真実」A+
    VICEと話がオーバーラップします。というか、同じ時期を別の面から描き出した作品です。ぜひ、VICEも見て欲しいです!
    これを見ると、日本のマスコミが本当に腐りきっていることがわかります。特にNHK!その資金源は国民からの受信料のはず。ならば、政権のいうことを垂れ流しにしていていいわけがないのです。
    結局、いかなる組織も時間が経つと腐ってくるということなのでしょう。いまの人間では、いまの人間の精神性では、腐ってしまうのがどうしようもないのかもしれません。なんとかならないものか?と思いますが、残念なことに、まともな精神性を持っている人を逆に排除するのがいまの社会であり、会社・組織です。情けない限りです。

 

  • 「ヒトラーVSピカソ 奪われた名画の行方」C
    美術家や美術歴史家でしたら、既に知っていることでしょう。それでも面白いと思います。
    美術というものは、時の権力者によって利用されてしまうということです。
    しかし、当時のナチスというものは、ひどい集団です。改めて思いましたわ。まさに、日本の対戦中に存在していた特殊警察もそうですし、いまの公安も同じですわ。
    テロリストを監視しているとか、あぶり出すとかいうならまだましですが、現政権に対して反対意見を持つからという理由で、公安がテロリストでもなんでもない一般市民を監視対象としている事実。この国は、クソ右翼やネトウヨ、腐りきっている自民党などの連中が嫌っている中国や北朝鮮といった独裁国と全く同じことを行っていること、このアホな日本国民は気がついているのか?と問いたいですわ。

 

  • 「魂のゆくえ」D
    う〜む、あの名作、タクシードライバーの監督が脚本も担当したということで、大変興味を持っていました。途中からかなり引き込まれました。私自身も自然環境を破壊してでも、矮小な人間の経済活動の方を優先させる、腐りきった人間たちの活動に対して、大変な憤りと反発を持っていますから。
    近年世界各地で起きている地震や竜巻といった大規模な自然災害は、地球という1生命体からの、ガンや悪性ウイルスである現生人類を排除しようとする生存本能なのでは?と思えて仕方がありません。
    ですが、エンディングシーンで唖然としました。なんじゃこりゃ?という終わり方で。もう、ただただ唖然でした〜。

2019年4月29日 (月)

久しぶりの50時間以上の絶食

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

久しぶりに48時間以上の絶食をしました。正確には53時間絶食です。

 

なんども書いていますが、無理やりじゃないですよ。もともと食欲がほとんどなく、空腹感を感じることがないからです。ですので、基本、1日1食です。空腹感を感じないので、時間をみて、腹にいれるわけで。

 

ちょっと仕事が立て込んだのと、帰りの時間が遅かったことが続いたのが理由です。夜9時を過ぎたら、食べないようにしています。普段は、16〜17時ぐらいの間に、食べるようにしています。夜9時以降に食べると、翌朝の胃のもたれと不快感がひどいのです。あと、飲酒量も格段に減ります。ま、これは仕事で動いているからでしょうね。

 

で、久しぶりの50時間を超える絶食。駅に着き席から立ち上がったら頭がふらつきまして。なんども経験した、低血糖によるものです。普段している24〜36時間ぐらいの絶食ではもう起こらなくなっていますので、久しぶりにきた低血糖によるふらつき。これはちょっと、ということで、ついでに60〜72時間絶食してしまえと思っていたのを中止し、腹に物を入れました。

 

機械的に腹に物を入れる私でも、50時間を超えて初めて食べると、美味しく感じますね〜。で、夜10時を過ぎてから食べたので、本当なら日付を超えてから寝たほうがいいのですが、疲れが溜まっていたので食後1時間ぐらいで横になってしまいました。もう、胃が苦しい・・・。疲れから寝付けましたが、明け方4時に胃の不快感と膨満感で目が覚め、漢方を服薬、再度寝ました。

 

その後、いつも通りの時間に起きましたが、明け方に飲んだ漢方がよく効いているのか、変な膨満感はなくなりました。絶食後の成果なのか、昨晩あんな遅くに食べたのに、舌の状態がいいです。(東洋医学の基本です、舌の状態を確認するのは。)これは絶食後はいつもそうです。24時間程度ではイマイチなのです。48時間以上の絶食後は、調子が良くなりますね。舌の状態は全身状態を確認できますから、これが良くなっているのがてきめんにわかります。

 

絶食はできる人とできない人がいます。厳密には、強い意志を持ってやれる人とそうでない人、という意味ですが。(最初から)無理!という人、食べることが好きな人、体調の良い人は無理にする必要はないです。

 

ですが、ドイツの自然医療の医師も言ってますが、半年に一回ぐらい24時間絶食をしたほうが、体のリセットになっていいそうです。

 

ほぼ毎日24時間絶食をしている私などは、48時間以上しないと効果が出ないようです。ということは、それぐらい普段の体調が良くない、ということなのでしょう・・・・か?ん〜〜〜〜〜。

2019年4月21日 (日)

映画感想簡易版です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

またまた映画感想簡易版です。

 

  • ハンターキラー 個人的ランク C

もう、典型的なC級のアクション映画ですが、個人的にこういうジャンルは好きです。しかも!とっても久しぶりの潜水艦メインの映画!昔は結構潜水艦の映画があったのですが、ここ10年ぐらいは不作なのとあまり作られなくて。個人的には、いまだに「レッドオクトーバーを追え!」と「Uボート」が共に傑作だと思っています。

さて、今作、ツッコミどころ満載です!相変わらずの「アメリカ万歳」映画ですし〜。ですが、何も考えなければ(ここが大切)、ツッコミどころを無視すれば(これが気になるなら無理!)、けっこう楽しめる映画です。

も、思わず息を飲んでしまったのが、音を出してはいけないというシーン。こちらも音を出してはいけないと、ついついのめりこんでしまいました。はい、それぐらい楽しめた映画です。

何も考えず、とにかく時間を忘れて楽しみたいという映画を求めているのなら、これをお勧めします!

 

  • マロー・ボーン家の掟 個人的ランクC

ホラーとサスペンスを合わせたような映画でした。個人的にはなかなかに面白かったです。

ただ、中途半端というかなんというか。上記の通り、ホラーとサスペンスを合わせたような、どっちつかずという感が残りました。

ホラーのように、血糊たっぷり!とか観客をビビらすことに主眼を置いていないので。かといって、謎解きのサスペンスがメインか?というと、そうとも言い切れず。どちらかというと、サスペンスの方が大きいでしょうか?

終盤、一気に謎解きの方に傾きます。結果、物語中に含まれた伏線というか、「あぁ、ずっと実はこういうことだったのね」となります。

個人的にはもうちょっとひねって欲しかったかなぁ。果たして、とある人物(ネタバレできません!)が、雨水や、たまにくる鳩やアライグマ(かなり凶暴ですけど〜)で生き残れるの?実は死肉を食べていたんじゃない?と、現実的に考えてしまう自分が悲しい・・・。

匂わせるだけで明確に表しませんが、一番下の弟、彼の父親と母親ははたして?と。これが一番気になりました。私も娘がいるだけに、こういうのはものすごい嫌悪感しかないですけど。劇中のセリフが結構気になりました。(これもネタバレになるので言えません。)

2019年4月11日 (木)

映画感想簡易版です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

またまとめて映画を見てきたので、感想の簡易版をまとめて。

 

  • バイス A-

もう、政治屋のドス黒さに見ていて気分が悪くなるほど。まともな政治屋って、もう今では絶滅しているのではないか?と思えて仕方がないです。あぁ、この映画を見ていたら、今のクソ安倍政権および官僚どもも、全く同じことをしていることに気がつくはずです。そして、そのクソ政治屋どもに、バカな日本国民は見事にいいようにあしらわれて、利用されていることも。この映画を見て学んで欲しいと切に願います。どれほど、クソ政治屋どもによって、自分たちが嘘の情報を教えられ、奴らにとって都合がいいように政治が捻じ曲げられている事実を。腐りきった奴らは、国民のことなんて、何も考えていませんよ。それでもこの映画の最後で背筋が凍ります。この映画の主人公であるチェイニーが言う言葉がそれです。奴を選んだのは誰?そして、このチェイニーは「自分は国民にとってためになることをしたんだ」と言い放ちますから。実際は、

  • 私服を肥やし(イランに攻め込んだことにより、チェイニーの石油会社が莫大な儲けを得ました。)
  • 犯罪を握りつぶし(チェイニーが散弾銃で友人を誤射し怪我をさせたのですが、この友人の家族が逆にチェイニーに謝るというわけのわからないことになっています。クソ安倍が関与しているとしか考えられない、森友・加計学園も犯罪ですわ。)
  • 言葉を巧みに言い換えることにより、真実を国民から隠す。

アメリカはまだいいですよねぇ。こういう腹黒政治屋の悪事をあばく映画が作れて。日本は映画という文化に対して、理解度というか、そういう認識自体が低いようです。日本の監督で、だれか作ってくれませんかねぇ、いかに自民党というクソ政党が、そして安倍晋三というこれまた腐りきった人間が、自分たちの都合の良いように法律を拡大解釈し、言葉遊びで真実を覆い隠し、国民を騙し、この日本という国を間違った方向に動かしているということを。

 

  • ビリーブ 未来への大逆転 A+

アメリカの司法は、いまの日本の、内閣におもんばかった明らかに間違った判決ばかりをする腐り切った司法とは違い、まだまだまともと教えてくれる映画です。そして、性差別を憲法からなくすことに死力した弁護士夫婦の物語です。もうね、見ていて、どれほどいまの日本の司法が腐り切っているのか、心底教えてくれる映画ですよ!そして、日本の性差別がどれほど時代遅れのものなのかも。この映画の舞台は1950〜70年代。今から何年前の話ですか?日本は、未だ当時のアメリカとほとんど同じです。どれほど遅れているのか?がわかるというものです。そのくせ、先進国と言い続けます。一体どこが先進国?経済だけで、でしょ?その経済も今ではクソ自民党(小泉時代から延々)のおかげでダダ下がりですわ。日本は先進国でもなんでもない、実は後進国だとも教えてくれます。

 

  • ソローキンの見た桜 B+

実話を基にした映画です。松山に住んでいたものとして、恥ずかしです。というのは、松山に住んでいた2年間の間、まさかそんなロシア人墓地があり、捕虜収容所があったということを全く知らなかったのです。松山市のボランティア通訳にも参加していましたが、その集会でもそんな場所があるという話を聞いたことがなかったです。教えてくれなかったのは、それが当たり前の情報だったからでしょうか?

当時の日本軍人が、世界でも一番清廉潔白だったのではないか?と思わせます。それほど捕虜を同じ人間として扱い、待遇したのです。もうね、捕虜虐待・拷問を当たり前のようにするアメリカ軍とは、えらい違いですわ。あ、上記のバイスを見ると、アメリカの当時の政治屋が、拷問を許可するシーンも出てきますよ。反吐が出ますわ。今の自衛隊が軍隊になってしまったとして、果たしてこの映画に描かれている当時の軍人たちみたいな、清廉潔白な軍人・軍でいられるだろうか?と甚だ疑問に感じます。

恋愛映画としても、切なくなります。個人的には、とてもおすすめな映画です。

2019年4月 3日 (水)

MojaveからHigh Sierraへとダウングレードしました。その原因と起こった不具合についても。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

今回はPC(Mac)の話です。最新のOSXから一つ前のOSXへとダウングレードした話です。

 

昨年秋からOSXを最新のOS、Mojaveにしていました。Appleが正式対応を表明している、多分一番古いPCです、私が使っているのは。

 

Dark Modeがとても目が楽で。特にこれといって不具合を感じないかなぁ?と思っていたのですが、出ました、不具合。

 

マイナーなものとしては、

  • OSX付属のDVDプレーヤー。

OSXの設定でディスクを入れても無視して、自動起動しないように設定しているにも関わらず、必ず起動してくる。なぜ?設定で、自動起動しないようにしているにもかかわらず!何度クリーンインストールしても再発するので、OSX自体の不具合かと。もしくは、私が使っている外付けBlu-rayドライブが古過ぎて問題?かと言って、買い換えたら治るかもしれないけどその保証もないものをすぐ買うこともできないですし。自動起動は便利じゃんという人はそれでいいのでしょう。私は「嫌」なのです。自分で操作し、その結果を機械が反応するのが本来でしょ?(正直、オートマチック車も嫌いです。マニュアル車が好きです。最近の機械は少々行き過ぎていて、人間の持つ能力を逆に低下させているとしか思えないです。)

 

  • Bitdefenderのメイン画面

ワクチンソフトです。ずっとこれを使ってきています。High Sierraまでは、OSXの設定でTime Machineを使っていないにしてあれば、決してOSX起動のたびにメイン画面が立ち上がって、Time Machineを守りますか?などと聞いてきたことはなかったのですが。

もう一つ。Bitdefenderのエクステンションを各ブラウザにいれてあるのですが、OSX付属のSafariにすでに入れてあっても、毎日OSX起動のたびに、Safariにエクステンションを入れてません、と聞いてきます。ま、放置すればそのうちBitdefenderがすでにSafariに入れてあることに気がつくようで、勝手にインストール済みになっているのですが。

この2点、Bitdefenderのメイン画面は勝手に消えてくれませんので、自分でいちいち消さなくてはいけないのが地味にめんどくさいです。毎朝、OSX起動のたびに消すことが普通になってきちゃうほど。これがデフォルトなのでは?!と勘違いしてきました。

Bitdefenderにはこの不具合を報告済みで、現在も解決に向けて作業中のようです。先日、Bitdefender社から連絡があり、まだちっと時間がかかりそうとのことでした。

 

  • Toast 17の一部機能の不具合

このToastも長い間使っています。で、Mojaveにした時に、このソフトも最新のものにしたのです。ところが、16までは全く問題なく使えていたとある機能、DVD片面一層に収まりきらないファイルサイズを、圧縮して片面一層に焼く機能がまともに動かない!これには閉口しました。16までは、全く問題なく動いていたのです。ところが、最新の17ではそれが無理。

さらに、Toastの設定で、作業フォルダを初期設定から外部ハードディスクなどへ変更した途端、17がクラッシュ!その後、再度立ち上げようとしても、クラッシュし続けて立ち上げることすらできない。

も、これのおかげでMojaveをクリーンインストールすること連続3度。なぜって?もしかしたら、クリーンインストール時に何か不具合が起こって、OSX自体がうまく機能していないかも?と考えられたからです。ですが、3度クリーンインストールしても全く同じ症状が再発。これはToast 17自体の不具合です。

Corel社に連絡。手動でのToast 17完全削除方法を教えてもらったおかげで、クリーンインストールの作業からは解放されました。さらに今年になってから、Toastのパッチファイルで、作業フォルダを変更してもクラッシュすることはなくなりました。ですが、圧縮機能だけは相変わらずダメ。引き続きサポートと連絡を取り合い、Corelから言われたことをいろいろ試しましたが、どれも無駄に終わりました。そのうち、Corelから試してみてと言われることが、同じことの繰り返しになりまして。結局、解決できずと相成りました。17だけの不具合と言えるのは、16をMojaveに入れて、この圧縮機能を使って見ると、何の問題もなく動くのですよ。32ビットで書かれた古いプログラムである16は問題なく動き、64ビットで新たに作り直された17でのみ起こるのです。ならToastを使うなという意見もあるでしょうが、Macの方ではBlu-rayにも書き込める焼き込みソフトはほとんどないのです。私が知らないだけで、世界で見ればあるのかも、と今気がつきました。ちょっと調べてみますか。Toastを使い続ける必要性もないのは、当然のことですし。

<追記>High Sierraに戻してから、再度Toast 17を入れてみました。はい、やっぱりダメ。Mojaveなのが問題なのではなく、これってToast 17それ自体の問題としか思えないです。それともやっぱり外付けBlu-rayドライブが古すぎてダメなのか?

以前、私の使っているホームページ作成ソフト、Sparkleで不具合を報告した際、メインプログラマーが直に対応し、2週間以上にわたってほぼ毎日ように解決に向けて全力を尽くしてくれたことを思い出しました。もう、こちらの方が根をあげたくなりましたけど、「いやいや、もうちょっと付き合って!」と。その結果、その問題はきちんと解決しましたし、今でもこのソフトは使っています。その時と比べると、今回のCorel社の対応は、ちょっとなんだかなぁ〜です。会社の規模も違うのでしょうが、私的には「塩対応」と言えるものかと。プログラマーの意地というか、自分の環境では起こっていないけど、ユーザーの環境で起こっているのならそれを何とか解決したい、という。その熱意はメール越しでも伝わります。Corelには、それが全く感じられませんでしたね。やる気がないとしか。

 

Corelと似たような対応は、日本のソフト会社でも受けたことがあります。ネットラジオを録音するソフトで。(あえて名称は控えます。)この会社のサポートも、私の環境で起こっている不具合に対して

「うちの環境では起こっていない。嫌なら返金するよ」

という対応でした。返金するから黙ってろ、ということ?Spakleのプログラマーとは、全然その熱意が違います。

 

一昨年、Bitdefenderでも、High Sierraの時に起こった問題を報告したら、これも結構な時間がかかりましたがきちんと解決してくれました。その上、問題を報告してくれたお礼なのでしょうか、半年間分の更新を追加してくれました。😍こちらが思わず恐縮してしまいました。

 

で、昨日、DVDプレーヤーがディスクを入れるたびに勝手に起動することに対して、非常に嫌気がさし、初めてOSXのダウングレードをしました。現在、一つ前のHigh Sierraです。OSXで設定した通り、DVDプレーヤーが勝手に起動することもなく、OSX起動のたびにTime Machineを保護してないとか、Safariにエクステンションを入れてないとか言ってBitdefenderのメイン画面が立ち上がることもなく、正直快適です

<追記>
毎日起動時に立ち上がって、いちいち消さなくてはなりません。やっぱり立ち上がってきます。立ち上がってきますが、エクステンションに関しては、正確に反映してくれていますが、Time Machineに対してはまだダメです。

<さらに追記>
OSXの省電力設定で、ある時間になるとシャットダウンするようにしてあります。この機能で自動シャットダウンした翌朝は、メイン画面が立ち上がってくるようです。自動シャットダウンする前に、私自身で外付けハードディスクを取り外し、手動シャットダウンした翌日は、メイン画面が立ち上がって来ないことに気がつきました。となると、外付けハードディスクの取り外しの有無が関与しているのかも?ですが、Mojaveでは自動だろうが手動だろうが関係なく、翌朝必ずメイン画面が出ていたよなぁ〜。

 

ま、古いMacなので、いくらAppleが正式対応していますと言っていても、最新OSにしない方がいいのでしょう。まず間違いなく、次のOSXではそのアップグレード対象からは外されるはずですので。むしろ、7年も前のハードウェア構成でも動くようにチューンしている、Appleのプログラマーたちがすごいと思います。個人的にも、7年も前のマシンなので、買い換えたいのもヤマヤマなのですが、先立つものがなくて・・・。😔また、Appleがインテルから離れて、自社でCPUを作る?!という噂を聞き、ならもう2、3年まだ使えるマシンなので我慢しようかな、という気持ちにも。追加で、USBの次の規格(USB4)がThunderboltを抱合したものに。多分、今年の終わりか来年のPCには、この新規USBが使えるようになっているのでは?!いう期待もあり、新規Macに買い換える気が弱っています。

 

あ、そうそう、High Sierraにダウングレードして困ったことが早速出てきました。

  • MojaveのときのiTunesライブラリーが起動しない。(が、何とか解決?できました)

これは参りましたね。私はiTunesライブラリーを、外付けハードディスクに入れているのです。Mojaveにした時、そのまま引き続きそのライブラリーを使っていたのですが、どうやらMojaveが何かしたようで。High Sierraは「古いOS」なので開けません、と言われちゃいまた。外部ハードディスクのiTunesライブラリーフォルダは開くことができるので、そこを調べたら、Previous iTunes Libraryというのがあるじゃないですか。そこをiTunesのデフォルトライブラリーに指定したら、あら無事に開くことができました。その状態で音楽を一つ一つ別のフォルダへとコピーして保存しておきました。めんどくさかったです・・・。(なにしろ、全部の音楽CDをいまだに持っているわけでもありませんから。)

 

  • 写真のライブラリーも開けない<追記>Finderから開くことができました

上記iTunesのライブラリーと同じです。Mojaveの時に作った写真ライブラリー、およびMojaveで開いたことのある(読み込んだことのある)写真ライブラリーは、古いOSXであるHigh Sierraでは開くことが全くできません!ということで、2018年と2019年のライブラリーが全く閲覧できません。iTunesは何とかなりましたが、こちらはどうしようもなく。

<追記>
Finderで写真ライブラリーを展開でき、中身を見ることが普通にできました。結果、オリジナルの写真を発見。Mojaveにしなくても、「手作業」ですがこれらオリジナルをコピーできるので、基本問題なし、となりました。

 

う〜ん、これはまたMojaveに一旦アップグレードし、写真ファイルを全てオンラインストレージなどにコピー、その後High Sierraへとダウングレードしなくちゃいかんかも?昨日ダウングレード作業及び、iTunesの件で肝を冷やしたりしたので、もうちょっと心が落ち着いてからやって見るとします・・・。😞昨日の今日でやる気は、全く起きません。すぐに写真が必要なわけでもないので。

 

Mojaveで作ったファイルが開けないのは、ファイルのフォーマット形式がHigh Sierraと違うせいでしょう。Mojaveから確か新しいフォーマット形式を選べたはずで、私はそれを選んでいたはずですので。Appleは古いものを切り捨てるのが社風(?)と思っています。それが良いこともあれば、逆にユーザーとしては困ったことにもなるわけで。私個人は、この古いものをバッサリ切り捨てるAppleの社風(?)は気に入ってます。Windowsは逆に古いものをいつまでも引きずり、それが新たな問題を起こしたりしていることに比べれば。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »