2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の4件の記事

2019年2月28日 (木)

十二人の死にたい子どもたちを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

 

 

申告が終わり、例年通り、見事な大赤字を提出。窓口での時間はわずか3分程度。そのために、まるまる一ヶ月以上苦しむと言うことを毎年繰り返しています。トホホ〜。一度でいいので、黒字もしくは差し引き0になってみたいものですが、多分そんなときは、決して来ないかと。よく生きているものです。😭

 

 

さて、『十二人の死にたい子どもたち』を見てきました。個人的ランクB+。いや、思った以上によい内容で、しかも物語も伏線もきれいに回収するという、いい作品でした。

 

 

サスペンスですね、これ。12人の子どもたちが、なぜ自死を求めて集まったのか?その理由がそれぞれわかってきます。

 

 

私が同じ立場なら、やはり死を選ぶな、と心底共感する理由から、「は?いやいやいや、それって誰でもかかる疾患だし」と思わず笑ってしまう理由まで。当初、この症状を口にされたとき、もっと深刻な疾患を想像してしまい、それで自死を選択したのか?と考えました。が、実はそんな深刻なものでは無い、ごく普通にあるもので、そんな死を選択するほどのものじゃないのですが。当の本人はいたく切実であり、死を選ぶほど思い詰めていたと言うこと。ん〜、今の高校生、ネットに依存している子がとっても多いので、それこそ自分の症状および疾患名を検索しなかったのかしら?と疑問には思いました。それとも、その上での苦悩と死の選択だったのかしら?

 

 

役者の皆さん、とってもいい演技です。特にそう思ったのは、杉咲花さんですね。『湯を沸かすほどの熱い愛』の時、「うわ、この子役の女優さん、うますぎ!」と思いましたが、さらに演技力に磨きがかかっていますね〜。

 

 

最後がどうなるのかは、ぜひ劇場で確認してほしいです。個人的には、子どもたちに見せたい映画です。

 

 

人は、様々な理由で『死』を選びたくなります。そのまま死を選ぶのも自由です。逆に、とことんまで生き抜いていやる!となるのもOKです。今の日本社会がとても腐っていておかしいと思うのは、子どもたちが『死にたいと思うこと』なのですけどね。なにがそこまで子どもたちの心を追い詰めてしまうのか?そういうことに満ちあふれている今の日本社会が、とてつもなくおかしいのです。

 

 

私自身、どういう死に方をしても霊的には問題ないことを学びましたので、後は他の人への迷惑を極力避ける、ということだけです。ただ、自分が死ぬことによってある特定の誰かに思い知らせてやる!というのは大間違いです。なぜって、その思い知らせてやりたい特定の誰かは、あなたが死を選んだところで『何も感じない』人間だからです。そんな魂の腐った輩のために、死を選ぶのは馬鹿らしいし無駄と言うことです。

2019年2月21日 (木)

映画感想速報です

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


青色申告で数字を見つめ続け、精神が崩壊しそうになりましたので🥺現実逃避に映画を見てきました。


『コードギアス復活のルルーシュ」B+
『人生フルーツ』2/22まで!会社を休んででも見る価値あり!私も2回目です、これを見るのは。それでも感動し、泣けます。
『劇場版 幼女戦記』B
『ナチス 第三の男』B+
『十二人の死にたい子どもたち』B+
『七つの会議』A-
『ファースト・マン』C+
『天才作家の妻 40年目の真実』B+
『あした世界が終わるとしても』B
『ヴィクトリア女王 最後の秘密』B+


何本かは、もしかしたらもう上映が終わっているかもしれません。

2019年2月14日 (木)

劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズを見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『劇場版 シティーハンター 新宿プライベートアイズ』を見てきました!個人的ランクB+。公式ホームページはこちら


いや、もう、ファンとしてこんなにうれしい作品はないです!一気に子供時代へと戻って、大変楽しめました!


劇中、冒頭からTVアニメのオープニングやエンディングがバンバン流れます。もう、テンション上がりまくり!使いどころがこれまたうまい!監督、素晴らしい!同時に、当時のオープニングやエンディング曲がどれほど完成度が高かったか、という証明かと思います。そしてエンドテロップで流れる曲も。はい、あの曲が流れます!ファンとして、これまた感無量です!!


お笑いシーンと真面目なシーンの振り分けがこれまた絶妙!これがシティーハンターです。そういえば、冒頭とエンディングで「もっこり」という台詞が入るのには笑えました。いいわぁ〜〜。😆👍🏻


今作では、海坊主さんが少々コミカルすぎたかなぁ?です。個人的には、海坊主さんはシニカルかつ、ストイックなところが好きなので。


20年たっても、オリジナルの声優さんたちがそろった、ということに感無量です。ファンとして、こんなにうれしいことはありません。唯一、藤田淑子さんがお亡くなりになっていたのが、残念でなりません。その代わり、戸田恵子さんが見事に声を当てられてまして、何ら違和感を感じません。泪、瞳、愛の三姉妹を劇場で見られるとは!!これまたファンとしては感無量でした!


往年のファン、子供の時見ていた人なら、ぜひ見に行ってほしいです。エンドテロップがこれまたいい!ぜひ劇場でご覧になってほしいです。シティーハンターを全く知らない人でも、これは楽しめるはずです。

2019年2月13日 (水)

アリータ バトル・エンジェルの試写会に行ってきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


久しぶりの試写会が当たりまして、みてきました、『アリータ バトル・エンジェル』!個人的ランクB+。公式ホームページはこちら。これまた何年ぶりかの3D(まだ残ってたんですね)試写会でした。3Dはそれなりにおもしろいのですけど、みた後に目が疲れます・・・。それでも、こちらに向かってモノが飛んでくるシーンでは、思わず体が動いてしまいました〜。そうそう、吹き替え版でしたが、この映画のアクションシーンなどにのめり込みたいのでしたら、吹き替え版の方がずっといいかと思います。口の動きは特に元の英語(だと思いますが)にそれほどそっていない感じですから。あと、主人公のアニータの吹き替え、上白石萌音さんとは!!!ベテラン声優とおもってしまってました。それぐらい違和感なかったです。いやぁ、驚きましたわぁ〜。(事前情報を全く得ないまま見に行きましたので。)10代と思われる主人公アニータに、バッチリ合ってました!


本当に久しぶりの3Dだったのですが、今の3D眼鏡は、眼鏡の上につけられるように作られているんですね。以前のモノは、裸眼しか対象にしていませんでしたから。おかげで眼鏡を外してつけなくてはならなくて、ぼやけた3Dという情けない状況で鑑賞したことがありました。しかも、3D眼鏡は持ち帰り。いや、いらないんだけど・・・。私はTVを持っていないし、ましてや3DTVなんて買うことできないし。ゴミを増やしているだけなんだけど。🤨買い取り式にしているから、3D料金が高くなるのです。レンタルというか、貸し出しにして、見終わってでるときに回収にすれば、通常料金のままでいいのではないでしょうか?と今でも思います。


原作は日本の漫画のようです。原作の方を全く知らない状況でしたが、この映画は十二分に楽しめます。物語がしっかりしている!そして、主人公のアリータに感情移入しまくり。いや、個人的にはアリータを救ったドクター・イドの方に、です。自分が医療者であり、子供のいる親だからかもしれません・・・。もう、個人的にはこのイドの気持ちが手に取るように理解してしまいました。いや、それぐらい演技もうまかったということです。


主人公の、自分の記憶を取り戻すこと、恋愛、人間関係などなどを、非常にうまくまとめられている作品だと思います。うまくまとめられているからこそ、全然中だるみもありませんし、ずっとこの作品に引きつけられ続けました!なおかつ、へたに過去の大戦の原因など、余分な説明を一切排除したのもよかったです。その分、物語に集中できますので。


続編あり?という終わり方です。う〜む、個人的にはぜひ続編を作ってほしいです!アリータが、浮遊都市ザレムに行けるのか?!300年前の記憶と、現在の感情の一致。その結果を続編で見てみたい!と心底思います。


この作品ぐらいなら、娘と一緒にみたいモノです。娘も十分楽しめると思いますし。個人的には、手元に置いておきたいぐらいおもしろかったSFです。ちょうど試写会会場でも、私の娘と同じぐらいの娘さんを連れてきていた人もいましたし。いいストレス発散にもなると思います。


















しかし、映画館のマナーはどうにかならないものでしょうかね?スマホが老若男女持つようになってから、マナーが本当に悪いです、特に高齢者!!!!。この試写会でも、同じ列の3席横に座っていたおばはん。エンドテロップになった途端スマホを点灯。何かを探しているようですが、延々点灯したり消灯したり。挙げ句の果てに結構大きな声で、連れのばあさんと買ったものを点検しだして。えぇ、そういう状況がわかるほど近くでされると、
非常に迷惑千万!
なのですよ!捜し物なら、エンドテロップが終わって会場が明るくなってからしろや!です。ここは映画館。公共の場です。あんたらばあさんたちの部屋でもなければ、個室でもないのです。他の人の迷惑を全く考えないこういう行為、どういう生き方をしてきたのかすぐわかります。はい、他人への迷惑を一切考えない生き方をしてきた、という証明です。いい反面教師になりますが、腹立ちますわ〜。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »