2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 理事が11人辞めたところで | トップページ | イット・カムズ・アット・ナイトを見てきました。 »

2018年12月24日 (月)

これはどう見てもインフル感染だわ

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

どうもインフルエンザに感染したようです。ようだ、というのは医者にかかって確定診断を受けていないからです。今、内科などに行こうものなら、待合室はインフルエンザ患者で溢れかえっていますよ。

インフルエンザは、海外ではとうの昔から、しっかり水分をとって1週間寝ていろ、というのがその基本治療です。私がアメリカにいた時も、7up(炭酸飲料)を飲んで寝ていなさいと言われました。適度に糖分が含まれているので、食べれなくてもちょうどいい、という意味です。

ひるがえって日本はどうですか?いや、日本人は、と言い直したほうがいいですね。タミフルはすでに国際的にも「効果が(全く)見られない」と証明されているにも関わらず、いまだに処方されています。同時に「予防的処置」という名目で、ウイルスに対して効果のない抗生物質も。こういう「無駄」な医療が莫大な数をこなされ、莫大な税金を投入され、多くの人が副作用で大変な目にあっているわけで。いい加減、製薬会社と医者だけを儲けさせる構造を壊しましょうよ。いい加減、日本人よ目を覚ませ、と言っているのですが、いつも潰されています。

今年、鳴り物入りで登場した新型のインフルエンザ薬。一回飲めばいいだけだそうですが、その副作用はタミフル同等。この時点で気をつけなくてはいけないのです。ですがそれに付け加えて、この新型薬はウイルスの変異型を今までのインフルエンザ薬より多く作ってしまう可能性が高いようで。これは、ウイルスがこの新型薬に対する耐性を獲得する可能性が非常に高い、ということです。鳴り物入りで登場した新型薬ですが、へたすれば来年にはもう耐性ウイルスが登場し、効果が半減以下となる可能性が高いのです。同時に、臨床試験で出た副作用は、その分母(患者の数)が限定的です。市場で大量に処方された場合、臨床試験では出なかった副作用が出る可能性がほぼ確実にあること、もしくは製薬会社が「臨床試験結果で隠していた」副作用が大量に出てくる可能性があります。患者のことを金の成る木と考えている医者なら、新型薬がたった一回処方で済むなら患者のためになっていいだろと、その副作用になんら目を向けずにどの患者にも投与しかねません。まともな医者なら、
  • 耐性ウイルスが出る可能性が高いこと
  • 副作用がどの程度出るのかわからないこと
を鑑みて、患者への処方に対して今まで以上に慎重になるはずです。

私のこの症状がインフルエンザに感染した結果としてですが、今まで通り東洋医学だけで対処しています。西洋薬は余程のことがない限り、私は頼りません。あまりに危険すぎるので。

今回の場合、12/20の朝、寒気と震えで始まりました。今回の場合、その前から風邪をひいていたので、てっきり風邪をこじらせたか?と勘違いしてしまいました。何年かぶりで体温計を引っ張り出し(埃をかぶってましたわ・・・)計測すると38.5を超えてました。そりゃ振せん(体の震え)が起こるはずです。ちょうど仕事もなかったので横になっていたのですが、振せんが止まることもなく、布団の中で震え続けていました。昼になって、これは風邪をこじらせたのではなく、別の症状だと理解、麻黄湯に切り替えまして。ですが、その後も横になっても眠ることがなかったため、一切解熱せず。夜に荒療治をして寝たら、夜中に2度大汗をかいて翌朝解熱。ですが昼前からまた熱が上がってきて、夜には38.4以上に。結局4日間は夜間に2度大汗で着替えるということに。現在、日中は37度を下回るまでになりました。が、まだ夜間に熱が上がるようです。(洗濯物が大量に出るので大変です。)

備蓄してあるOS-1を一晩で1リットル連日消費しましたが、その賞味期限が2013と2014。あれ?ということは、こんな症状を起こしたのが少なくとも5年以上前ということです。味は変じゃなかったですよ?基本、開封されてなければ腐りませんし。五年以上もインフルに感染していなかったので、当然上記の通り、体温計にも埃がたまっていたわけです。

東洋医学、つまり自分で自分に打つ鍼灸治療と漢方でインフルに対して十二分に対処可能です。そして副作用なし。西洋薬のインフルエンザ薬を飲んだところで、その回復が1日早まるかどうか、という程度です。それよりも副作用の方が恐ろしい。どちらを選択するかは、人それぞれでしょう。選択した結果は、刈り取らなくてはいけませんよ?

しかし、気の状態が悪い私が自分の体に鍼を打っても、あまり効果が出ないのです。悪い気を巡らしてしまうので。やはり、人は他人に癒してもらう、というのが正しいですね。ですので、私の場合は漢方薬が主役になってしまいます。近所の鍼灸院に行けって?その近所の鍼灸師の腕が悪かったら?無駄なお金と時間を使い、全く効果がない治療を辛い状態で受けることになるのですよ?そんな無意味なことを、なぜしなくちゃいけないのですか?以前も書いていますが、石を投げれば当たるほど、下手くそな鍼灸師が多いのが現実ですから。

« 理事が11人辞めたところで | トップページ | イット・カムズ・アット・ナイトを見てきました。 »

医療」カテゴリの記事