2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お薦めの本

無料ブログはココログ

« スモール・フットを見てきました! | トップページ | 人魚の眠る家を見てきました。 »

2018年12月 6日 (木)

へレディタリー 継承を見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


「へレディタリー 継承」を見てきました。個人的ランクC-というか、Dでもいいかと。


も、またもや記事(前評判というか、宣伝文句というべきですか)に騙されました・・・。😖しかし見なければ、その真贋は分からないのであって・・・。


途中までは良かったのですよ。途中までは。何が現代ホラーの頂点ですか?(ホームページに書かれてます。)個人的には、この作品より「ジェーン・ドゥの解剖」の方がずっと面白かったですよ!金返せとはまではかろうじて行きませんでしたが、後半からの失速に幻滅とため息ばかり。は〜〜〜。今月、一番がっくりきた映画です。


ここからは、まだ見ていない方は読まないように願います。














































まぁ、各登場人物というか、この作品においては女性が実に奇妙。すべての女性が奇妙と言えます。そして、男性側が至極まとも。まぁ、この映画は悪魔崇拝なので、女性は魔女ということなのでしょう。だから主人公たちに関わる女性たち全てが奇妙になったのでしょうね。


個人的に、一番演技が上手く、気持ち悪さを出していたのは娘役の女優さん!素晴らしく気持ち悪い!とにかくチョコレートばかりを食べているし、人形らしきものを様々な材料で作っている趣味も。(ハトの首を切り落としてそれで人形を作るシーンもGoodです。あ、この意味わからない人が多いでしょうね。特にホラーがダメな人ならなおさら)で、この娘が死ぬシーンは、思わず「うわっ」と声が出ちゃうぐらい衝撃的でした。またご丁寧に、その死に顔を実に上手に作って、観客に見せる。このシーンが一番この映画でグロいと思います。ちなみに、私が認識した限りでは、終盤に再度この首が登場してますよね?


交霊術を交えたりしていて、本当、途中までは面白かったんです。ところがてっきり呪いや心霊ものか!とワクワクしていたのですが、悪魔崇拝ということであり、どうりで交霊術で使った言葉がどうも悪魔を呼び出すときに使う言葉じゃないのか?という直感が見事に的中。


また、終盤に母親の動きが「エクソシスト3」と似たようなことをしたことも、個人的には減点。ぜひ違った動きをして欲しかったですね〜。どうせCGで作っているのなら、全然過去作品にない動きをさせろや!と言いたい!もしくは、過去作品になぞらえるのなら、もっとおどろおどろしく、この作品だからこそ!という動きに仕上げなければ意味がないと思われますが。


どうしてもキリスト教の影響のためというか、最終的には悪魔崇拝に行き着くホラー映画は、正直つまらないです。なぜって?この作品でもそうですが、地獄の王の何番目を呼び出すためとか言いますが、そんなに地獄の王って暇なの?たかだか矮小な人間に呼び出されるような、そんな小さな存在なの?と言いたいわけですわ。それって、何が地獄の何番目の王と言えるわけ?となるので。王なら王らしく、くだらん矮小な人間に呼び出されんなよ!と思うわけですよ、私は。

« スモール・フットを見てきました! | トップページ | 人魚の眠る家を見てきました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事