2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お薦めの本

無料ブログはココログ

« ザ・プレデターを見てきました。 | トップページ | 若女将は小学生!を見てきました! »

2018年10月20日 (土)

散り椿を見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


「散り椿」を見てきました。個人的ランクB。


やっぱり時代劇は日本人の心に響くと言いますか。いいものです。個人的には藤沢周平シリーズ、特に「隠し剣鬼の爪」ほどの良さには劣りますが、いいものはいいのです。


特に今作でよかったと思ったのが、岡田准一さんの殺陣シーンです。彼の学んだインドネシアの武術の動きを取り入れた、今までにない動きと殺陣が新鮮で。


あと、私も下手くそながら武術家としていえるのですが、日本刀を使った斬り合いで、何度も交合することはあり得ないと思うのです。日本刀は切れ味が素晴らしいだけに、硬く、脆い。その日本刀の刃と刃を合わせるのはあり得ないとしかいえないです。一撃で刃が欠けるか、日本刀自体が折れてしまいかねないかと。ですから、真剣での斬り合いでは、一撃でその勝敗が決まったはずです。この作品では、それを中々見事に表現しているのが、個人的には大変評価できるのです。そう、一撃で決まるのです。(そういうことで、やっぱり黒澤監督の七人の侍は素晴らしい!と思えます。斬り合いのために、何本もの刀を用意しています。)


あと、この作品、終盤はかなり血が飛びます。血が苦手な方は、ちょっと苦しいかも?でも、実際動脈を切断すれば、このように飛び散ってもおかしくないですよ?


個人的に非常に共感を覚えたのが、ラストシーン。これこそ、日本男児と言うべきかと。西洋人たちには、理解しかねるのじゃないか?と思えます。ですが、それがいい!個人的には一番グッとくるシーンでした。


古き良き日本人男子の姿、不正を許さない、そして不正は必ず明らかになりその報いを受ける、という意味で、今の糞官僚や糞政治屋どもには見てもらいたいところですが、そういう腐った輩どもはこういう映画を見ないでしょうね。も、ほんと、今の日本の政治屋や官僚、なによりそういう馬鹿どもを取り締まるべきはずの検察に、性根の座った輩がいないのが、今の日本の凋落の原因の一因かと思えて。そう思いません?取り締まる側がしっかりしていれば、ここまで国民を無視し、自分たちの利権ばかりを追い求めるダニどもがのさばることはなかったのでは?まぁ、その検察自体が腐りきっているのが、これまた問題ですけどね〜。

« ザ・プレデターを見てきました。 | トップページ | 若女将は小学生!を見てきました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事