2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« クワイエット・プレイスを見てきました | トップページ | コーヒーが冷めないうちにを見てきました! »

2018年10月16日 (火)

昨今の、私立医大の入試不正点数問題について

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私立医大での入試不正点数問題。個人的には「なんだかなぁ」としか言いようがありません。日本では、私立医大だけではなく国公立の医学部でも同じだろうと思っていますよ。つまり、日本の医学部入試自体、かなり不正で凝り固まっているのでは?と思えて仕方がありません。


きちんとまともに入学試験をやっていれば、女性が多くなるのは当然のことでしょう。実際、研究でも女性研究者の方が、男性研究者よりずっといい仕事をします。それを嫌がるというのは、くだらない男尊女卑に囚われた老人(教授)たちが多いということでしょう。


個人的に思うのは、日本の医学部入試で面接が非常に甘すぎる、ということ。圧迫面接をしろと言っているのではないのですから、勘違いしないように。医師としての人間性を見ろ、といっているのです。アメリカでは、医学部に入るためにはまずは普通の4年生大学を出る必要があったと記憶しています。その後、医学部を受験するわけですが、4年生大学の時に医学部に入るために必要な単位を取らなくてはなりませんでした。(私もその一部を取得しましたし。)さらに4年生大学の担当教授からの推薦文も必須。その上で受験の時に、さらに医師としての人間性まで審査されたと記憶しています。


日本ではどうでしょう?試験だけで面接はおざなりになってませんか?東大などは、面接を強化したと以前記事で読んだ記憶がありますが、果たしてそれが機能しているの?と疑問でなりません。


今の日本の医師で、人間性の豊かな卒業生を輩出している医学部があるだろうか?と疑問です。医師としての最低限必要な知識や技術は当然のことです。ですが、医療者として必要なのは、それらよりも「人間性」が一番必要なのです。人が人を診るのです。その時にいの一番に出るのが人間性であり、医学的知識や技術は二の次です。ですが、今の医師でこの人間性の優れた人間に出会ったことが、ほとんどありません。


人間性が豊かということは、大抵の場合コミュニケーション能力も高いものです。今の医師で、患者とのコミュニケーションが十分取れる人間がどれほどいる?と問いたいです。医学部の講義にもコミュニケーションを取り入れているようですが、子供の時から遊びよりも勉強を優先して来た弊害でしょうか、まともに会話のやり取りと、そこから患者の情報を聞き出す能力を持つ医師は、これまたほとんどいないと言っても過言じゃないです。医局などでは、その上司である教授や助教などもコミュニケーション下手。その能力が育つわけないです。むしろ、父権主義を教え込まれ、患者に対して頭から命令することだけに慣れてしまいます。


18、19歳で入ってきた子供を、まともな人生経験もない輩をさらに勉強漬けにするわけで。人間性を育てるような教育をされていない上に、さらにしない。まるで、人間性を育てるのは自分自身(もしくは家族)の仕事であって、大学(医学部)の仕事ではない、といわんばかりです。確かに一理ありますが、入学時から人間性の優れた学生なんて、ほとんどいないのです。ならば、医学部が彼らの人間性を育てるしかないじゃないですか?

医局では教授の意にそうようにしか動かず・動けず。それで卒業時に、人間性が豊かになるわけがないのです。むしろ、ロボットのような医師ばかり輩出しているとしか思えません。だからでしょう、AIの発達によって西洋医師は取って代わられると言われているのも、まさにその通りと納得してしまいます。今の医師のように、人間性がなく、患者さんとまともに向き合いもせず、患者さんの心を汲むことなく、検査結果だけで診断しているのであれば、ロボットとAIで十分ですわ。人間である必要がないのですから。AIやロボットにないもの、それは人間性という「心」。


18、19歳という人生経験のない子供の方に加点してでも取ろうとするのは、何も知らない子供ほど、老人たちにとっては御し易いからです。はい、洗脳とも言います。老人たち(教授たち)にとって都合の良いように、何も考えず、疑問に思わず、ただ言われたことをそのまま実行するロボットのような奴が下に来てくれないと困るわけです。だから、浪人生を嫌がる。浪人した人は、それなりの社会経験をします。ストレートに入学した学生には、決して理解できない体験をしているのです。また、社会人入学者が医学部に極端に少ないのも、同じ理由でしょう。人生経験が多いほど、ほかの社会を見てきた人ほど多角的にものを見ます。それが実際の診察の現場では必須条件なのですが、老人たちにとってはうざいのでしょう、面倒に感じるのでしょう。老人たちにとっては、若輩者が自分たちよりいろいろ経験していることを、とても嫌がりますので。(これは私自身が帰国して直に経験しましたから、よくわかりますわ。)先に書いた通り、アメリカの医学部では、先に4年生大学を出なくてはいけないのも、いろいろな経験をして少しでも人間性を高めた人間を求めているからだと思います。日本とは全く逆です。蛇足ですが、鍼灸院でもこういう学生時代に遊んでばかりいて、ロクでもない成績をとっていたやつばかりを雇う院長がいます。理由は簡単です。まさに上記の通り。しっかり勉強していて成績がきちんとした学生なら、院長が間違ったことを言ったりしたりすれば、見逃さないからです。院長からすれば、都合が悪いわけです。ロクでもない成績で卒業した輩は勉強していないので、まともな知識を持っていません。だから、院長がいうこと、すること全てが正しいと教え込む(洗脳)することができるのです。(こうして不正<保険の不正請求の手口>も引き継がれていくわけです。)院長にとっては、とっても都合の良い、弟子という名のロボットが出来上がるわけです。(いざ何かあったときには、この弟子のせいにして自分だけ逃げようとするのも、こういう種類の院長の特徴です。)


また、卒業生の子息を優先的に取るというのも、なんだかなぁ、です。親が医師だからといって、その子供が医師として適正かどうかは、全く別問題なのです。親が医師だから、子供も親同様医師として適正であるということは、まず言えません。親と子供は別人格の別の人間なのです。今の腐りきった政治屋どもを見れば一目瞭然でしょうが。2世、3世というのは大抵腐っています。あ、これは鍼灸師もそうです。親が鍼灸師だからと言って子供も鍼灸師になる場合、その子供は大抵腐ってます。親の出身医学部だから、優先的に加点して入学させる、という意味が理解できません。こんなの、たんなるコネ入学と同じです。裏口入学となんら変わらないです。


日本の医学部も、医師もかなり程度が落ちています。その結果が昨今の信じられないような診療ミスや診断ミス、手術ミスに現れていると思いませんか?


なぜ、西洋医師が軽蔑する鍼灸が廃れず、患者によっては西洋医師より鍼灸師の方がよく自分のことを理解してくれるとなるのはなぜでしょうか?現状、鍼灸師になろうとする人間の方が、多様性に富んでいるからです。社会人経験者は当たり前ですし、医師のように簡単に保険が使えない故に、経営面でも大変苦労します。医師のように開院すればすぐに患者が来てくれるわけでもない、次につながるかどうかもわからない。次に繋げるためにはどうしなくてはいけないか?そのために、患者さん一人一人と深く向かい合わなくてはいけないのです。医師のように、電子カルテのPC画面だけを見て患者を見ないことをやっていれば、すぐ廃院です。また、鍼灸治療では、患者さんのバックグラウンドやその生活信条、生活態度などなど、患者さんに密着した情報が不可欠なのです。その上で、治るためには患者さんの生活自体を変えてもらわなくてはいけないことまで、アドバイスしなくてはなりません。医師のように、薬を出して終わり、というわけにはいかないのです。それだけ、鍼灸師は患者さんと密接になります。患者さんたちが私たち鍼灸師に安心感を覚えるのは、そのためでしょう。


入試点数を加算するなら、社会人入学希望者、親が医師でない人、人間性や学業は優秀だけど金銭面で苦労している人や、浪人を経験している人ほど加点するべきです。その人の人生経験に対して加点するのが、将来的にいい医師に投資することになると思いませんか?


あなた自身は、出身大学が良くて頭はいいけど人間性がクズの医師に診てもらいたいですか?それとも、三流と呼ばれる地方大学出身でも、人間性の優れた、人の温かみを持つ医師に見てもらいたいですか?結局はそういうことになるのです。あなたはどちらを選びますか?頭も良くて人間性も素晴らしいなんていう夢みたいな医師は、日本にはほとんどいないと思ってくださいね。そしてそれは真実ですし、そんなほとんどいない医師と巡り会えるなんて思わない方がいいです。

« クワイエット・プレイスを見てきました | トップページ | コーヒーが冷めないうちにを見てきました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事