2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年7月の3件の記事

2018年7月19日 (木)

ルームロンダリングを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『ルームロンダリング』を見てきました。個人的ランクA-。公式サイトはこちら


いやはや、全く期待せず見に行って、これほど感動させてくれたとは!!映画って、こういう作品が出てくるから面白いのです!!全く、こちらの予想を覆すほどの感動を与えてくれる作品に巡り会えること、こんなに楽しく、嬉しいことはありません!!笑えて、感動さてくれて、考えさせてくれて、そして泣かせてくれる。こんな面白い作品、本当に久しぶりです!!


確かに、この映画、事故物件を扱った映画ですが、そんなことよりも大切なことを、この監督は描き出しているのです。


今の現状に落胆し、短絡的に死を選んではいけないということ。自分はそんなつもりがなくても、他者は『勝手に』(まさに勝手です!!むちゃくちゃ理不尽です!!)『一方的に』こちらを恨んでくることもあるということ。


自分自身は普通に生きているつもりでも、知らぬうちに他人から恨みを買い、いきなり殺されるかもしれない『現実』という日々を、生きていかなくてはいけないという事実。


現実は理不尽です。理不尽すぎます。ですが、それでも生きていかなくていけないのです。この作品は、そのことを伝えようとしていると思います。


劇中、『死んだ人より生きている人の方がよっぽど怖い』というセリフが出てきます。私も100%同意します。生きている人間の方が、死んだ人よりずっとずっと怖いです。でも、現実に生きている以上、それに対応しなくてはいけません。この映画の主人公のように、逃げ続けて生きるのもいいでしょう。ですが、それでいいの?一生涯、逃げ続けることができるの?それとも、自分を変えようと、一歩踏みだす勇気を持つのも必要なのでは?


この映画でも、自殺してから自分の作品が評価され、死を単純に選ばず、やれることをやっていたら全く違った未来(現実)を引き寄せていたのではないか?というシーンが出てきます。一時、本当に人生の一時です。その一時がつらいからといって死を選び、実は自分の持つ可能性を表現することなく、まさに『死んでから後悔する』というつまらないことになってもいいのですか?です。長い人生の一時、つらくても死を単純に選ぶのではなく、別の道があるのではないか?と考えることが必要です。自分の頭でわからなければ、いのちの電話に相談する。友人に相談する。友人がいなければ、寺の坊主でもいいのです。本来、坊主の仕事の一つが、人生に迷っている人を救うというものがあるのです!坊主が嫌なら、教会の神父でも説教師でもかまいません。誰か、他者に話すという行為そのものが大切なのです。そういうことをせず、自分で自己完結し、死を選んでしまうのは、もったいなさ過ぎます。


この映画、マイナーですが、ぜひ多くの人にもてもらいたいです。非常にいい映画なのですよ、これは!騙されたと思って、足を運んでみてください。

おっと、なんてこったい

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


私が使っているのはiPhoneSEなのですが、購入時に即座に耐衝撃ケースをつけました。今まで、長年iPhoneを使ってきましたし、耐衝撃ケースもその都度使用してきましたが、これほど早く壊れたのは初めての経験です。いえ、iPhoneが、ではなく、耐衝撃ケースが、です。1年と3ヶ月程度で、ボリュームボタンがちぎれて落ちるなんていうのは、初めての経験です。さらに、ケースを外してみたら、ケースの内側がじっとりと湿っている・・・。なにこれ?雨の中でiPhoneがしっとり濡れるような状況で使ったことはありません。雨の中で使わなかった理由は、ケースが完全防水じゃないからです。このねっとりというか、しっとりはどこからか?iPhoneの使用時発熱の性なのか?ケースの内側がじっとりねっとり(!これが気持ち悪かったです!カビか?それとも、プラスチックの成分が溶け出しているのか?)濡れていたのが、なんとも・・・。消毒液でぬぐったら、とりあえずきれいになりましたけど。油のような感触でしたから、やはりプラスチックの成分ではないか?と思われます。


今、購入して以来久しぶりのケースなし、本体むき出しの状態で使っています。あれ?こんなに小さかったっけ?薄かったっけ?とあらためて思います。ケースのせいで、一回り以上大きくなってましたから。あらためて、iPhoneSEの小ささに感動しています。


しかし、ケースがついていない状態で持ち歩くのは、とてつもない精神的不安を与えますね〜。万が一落としたら、と思うと、ポシェットから取り出すときも、かなり神経を使います。精神的衛生のために、早速次のケースを注文しましたが・・・。時々ケースを外して、変に本体表面やケースの内側が湿気って(?)いないかどうかの確認はした方がいいな、と思いました。

未来のミライを見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『未来のミライ』の試写会を見てきました。個人的ランクB+。


さすがの細田守監督というべきでしょうか。今作では、家族の血のつながりについて描かれています。それだけに、子供には少々難しいかも?と思わざるを得ません。いえ、けっして子供が見たらつまらない、ということではないのです。子供が見ても笑える場面が多いのは確かです。ですが、監督が描こうとしている、家族の血のつながりという『奇跡』を理解するには、ある程度の年齢、もしくは経験が必要かと思われます。


劇中で描かれます。自分の家族、血のつながりの過去において、ほんの少しのすれ違いがあれば、今の自分は存在しないということ。このことを、この作品では描いているのです。つまり、過去において、自分の血縁者が奇跡でつながれたからこそ、今の自分がいるということなのです。このことを理解している現代人が、どれほどいるのでしょうか?この作品でも、主人公の「くんちゃん」が親のこと、妹のことを『嫌い!』と言い放ちますが、それを言うことがどれほど罪深いことなのか?ということを監督は述べていると思います。自分が冷遇されていると感じても、本当に冷遇されているのか?まぁ、今作のくんちゃんのように、4歳の甘えっ子ではなかなかそんなことを感じることも、考えることもないでしょうが、だからこそ、親がそのことについて教えなくてはいけないのでは?と思いました。


今、親が自分の目の前にいてくれること、自分の子供達が目の前にいるということ、自分自身が生きているということ、これがどれほどの奇跡なのか?ということを、ひとりひとりが理解した方がいいと思います。なぜって?明日、自分が、親が、子供達が、今日と同じように生きているという確証は、どこにも存在しないからです。このこと、理解できますか?わからない?わからない人には、どうしようもありませんね。


父親の声を当てた星野源さん、正直、妻役の麻生久美子さんより上手く感じましたよ。アドリブもかなりぶっ込んでいたようですし。(これは試写会の時、監督からの証言です。)個人的には、普通の役者を使うより、本職の声優を使った方がいいと、心底思うのですけどね。あ、でも、くんちゃんの声を当てた上白石萌歌さん、上手だったと思います。特に犬の鳴き真似は大変上手かったと思います。


劇中に出てくる、過去の青年、まさか声が福山雅治だとは・・・!エンディングテロップを見て驚きました。いわれてみれば『うん、確かに』といえます。個人的には、福山さんより星野さんの方がずっと上手だったと思います。


この夏休み映画として、なかなかだと思います。年代に関係なく楽しめると思いますよ、この映画は。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年10月 »