2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年5月の8件の記事

2018年5月22日 (火)

のみとり侍を見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『のみとり侍』を見てきました。個人的ランクA。公式サイトはこちら


いやもう、笑わせてもらいました。あ、この映画はR15指定です。私が見たときは、ほぼ席が埋まっていました。まだ上映して日が浅いからかもしれませんが、人々の期待度がわかろうというものです。


阿部寛さん、なんでこうも演技が上手いのでしょう!かっこいいところと、逆のユーモラスな落差を見事に演技されています。


ですがこの映画、しっかり人間としての節というか、義理人情を描いているところが素晴らしい!現代社会に欠如しているのが、この義理人情です。バブルの時以来、日本人の人心の荒廃ぶりがあまりにもひどすぎます。何かにつけて全て『金』が至上主義。金と権力のためなら、他人を踏みつけて、他人の命をないがしろにしてでもかまわないという社会が現代です。なんていう腐りきった社会か!


この映画、主人公が侍として学び築き上げてきたものが、一瞬で崩れ去ります。その失意の底から這い上がってくるのが素晴らしい!自分の状況に腐ることなく、新たに努力しはじめる姿勢、とても参考になります。まぁ、そうなるきっかけは、死に別れた妻に似た女性から言われた『下手くそ!』の一言からですけど。床上手になるための努力シーンが、これまた大笑いできます。


豊川悦司さん、いい味出しているんですわ〜。この夫婦の(ものすごく嫉妬深い妻役が前田敦子さんですね。はまり役)物語のシーンは、とにかく笑えて笑えて。🤣まぁ、男として、こんなに嫉妬深い女は、御免こうむりますけど。この妻の、旦那の浮気を抑えるための方法がこれまた大笑いできます。よくそんなこと考えついたなぁ、と、ある意味感心します。貞操帯ですね、これ。豊川さんの醸し出す、男気と男の色気がいいですわ〜。


この映画、桂文枝さんはじめ、皆さんとても楽しんで演じられているのがわかります。だからでしょう、この作品がとっても面白くなっているのは。個性的な人たちばかりが演じてますので、なおのこと面白くないはずがありません。


寺島しのぶさん、相も変わらず素晴らしい演技です〜。そしてその肌も胸もほんとにきれい!私自身は、いやらしさより彼女の美しさに圧倒されてしまいました。エロより美の方が強い、ということです。比べちゃいかんのですが、前田敦子さんもそれなりに頑張っていましたが、やっぱり小娘ですね〜。まだまだです。


貧しい長屋の子供達に、無償で読み書き剣術を教えている友之介。他者のために自らを省みず生きているため、死にそうになりますが、そんな彼だからこそ、同じ長屋の人たちが賢明に彼を助けようとします。人情ですよね〜。今の世の中、友之介のような人もほんとに少なくなってしまいましたし、そういう人を認めていて、助けようとする人も少ないです。何しろ、現代社会では、貧乏人は死ねと言われる世の中ですからね。貧乏なのは自己責任。そんなやつに税金を使うな、などなど。人情もクソもあったものじゃないです。死にそうになった友之介を助ける医者が伊武雅刀さんで。最初は貧乏人に『金もってこい』というような、結局医者は金儲けしか考えてねーのか!と思わせておきながら・・・というのが、これまたよかったです。ここでも人情。結局、貧乏人達の方が義理人情が篤いと言うことなんだな、とあらためて思いました。貧乏だからこそ、お互い様の精神で助け合って生活しています。これが本来の、人間の、日本人の姿じゃないのか?と心底思います。


現代社会への批判だなと思ったのが、上司が馬鹿でクソであると、優秀な部下ほど迷惑をこうむる、ということ。そして、そんな上司に取り入って私腹を肥やすダニが、その屑上司の周りに集まり、ご機嫌取りになります。も、今の企業も政治も、全く同じですわ。だからこそ、その間違ったことをしている上司に対してものを言う部下が、どれほど大切か、ということです。うるさい、うざいといって、そういう部下を排除してしまえば、そりゃ天狗になれますよ。周りはおだて上げてくるだけのダニばかりですから。自分のすること、考えに反対意見を言ってくれる部下の大切さに気がつくかどうか、で、その上司の人間性がわかるってものです。この映画では、アホの殿様がそのことに気がつき、主人公を再登用、藩から膿を出すための重要な役職に就けます。今の自民党とはまるで正反対!安部は自分の天下を作ったつもりでいながら、それは砂上の楼閣であり、周りの人間はダニばかりです。そんなアホな人間である安部が、自分の無知無能さに気がつくわけ無いですね。それを気づかせてくれる人を、周りに一切置いていないのですから。


劇場では、ご夫婦やカップルが多かったですね。こちらも嬉しくなったのは、そういうご夫婦やカップルが、お二人ともこの映画の下ネタの部分で大笑いされていたこと。逆に、全く笑わないカップルもいたり(私のとなりにいた20代らしきカップルはそうでしたね)。個人的には、こういう映画を一緒に見て、下ネタの部分で一緒に大笑いできる人がいいなぁと思いますけどね。


笑えて、そして現代社会でほとんど忘れ去られている義理人情を再度勉強するためにも、この映画はおすすめです。うーむ、もう一回劇場で見たいですね、この作品は。

2018年5月21日 (月)

ラッカは静かに虐殺されている、を見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『ラッカは静かに虐殺されている』を見てきました。個人的ランクA-。公式サイトはこちら


ドキュメンタリーです。そして、ここで描かれていることが真実である、ということ。なにより、このドキュメンタリーの主人公達である、市民ジャーナリスト集団RBSSの態度こそが、真のマスコミ、ニュースキャスターの姿だと思うのです。日本の腐ったマスコミ、特にNHKは、このRBSSの人たちの姿勢を見て学び直せ!と言いたいです。


イスラム国がやっていることが、今更ながら単なるテロリスト集団でしかない、ということがよくわかります。見ていて強く感じたのが、イスラム国なり、今のアメリカなり、この日本も、中身一緒じゃないか、と思えたのです。権力を握ったもの達は、その権力を決して手放そうとせず、自分たちに反抗するもの達には、徹底した弾圧を与える、ということ。イスラム国はテロリスト共だからわかるけど、アメリカや日本も?と思う人、自分の頭でよくよく考えてくださいね。アメリカ政府が他国にしていること、この日本に大してしていることは、征服者という態度が丸出しです。日本政府は、戦後ずっとアメリカに隷属し(ほんとに隷属です!)アメリカに言われるままに金を出し、土地を提供し、国民がアメリカ人達によってレイプされたり殺されても文句も言えない。そんなていたらくな政府の癖して、『日本政府はおかしい』と声を上げる人たちに対して弾圧をする。それもいかなる汚い手段を使ってでも。アメリカも日本政府も、イスラム国と中身は変わらないですわ。そう思いませんか?


劇中、なんども残酷な場面が出てきます。それが日常で行われているのが、今のラッカの現状です。まさに虐殺のシーンが出ますので、心臓の弱い方は見ない方がいいでしょう。


RBSSの人たちは、自分の命をイスラム国から狙われ、家族を殺されても、それでもラッカの真実を世界に伝えることをやめません。真実を知ってもらいたいからです。ペンは剣よりも強し。これを実践しているのがRBSSです。再度、日本のマスコミはどうですか?剣を持つ日本政府のいいなりになってますよね〜。マスコミの本来の仕事を何らしていないと言っても過言じゃないです。


この映画も、是非多くの人に見てもらいたいです。シリアなどという遠い国で起こっていることであり、自分たちには何ら関係ないと思っていたら大間違いです!もうすでに、この日本でも、日本政府(糞安倍政権)によって、国民の自由が奪われ、権力を持っているドグサレ共にとって非常に都合のよい法律が作られてしまっているのです。いつ、なんどき自由が奪われるのかわかったものじゃないのですよ。もし、自分たちが同じ立場になったらどうする?ということを、この映画を見て心底考えてもらいたいです。

2018年5月17日 (木)

4年前(2014年)に、こうしてタミフルの効果は限定的と発表されているのにもかかわらず

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


もう、日本の厚労省はアホの巣窟なのでは?と真剣に考えてしまいました。というのは、タミフルの10代への処方を解除、という記事です。朝日の記事が悪いのか、それとも厚労省が悪いのかわかりませんが、記事中、『薬を使わない患者でも確認されている』と書きながら、その数値をあげていないところ。抗ウイルス薬投与時の異常行動件数はあげているのに、なぜ、不使用時の数値をあげていないの?わざと?数値を表示するとなにか問題があるの?今の糞政府と官僚共のやっていることを鑑みると、『不都合な数字』だから表示していないと思えて仕方がありません。だってそうでしょ?不都合でなければ、抗ウイルス薬不使用時の、異常行動件数を表示すればいいだけのことです。しかし、鳴り物入りで世界に先駆けて解禁となったラピアクタ、その異常行動件数の多さにびっくりですわ。圧倒的に多いじゃないですか!ちなみに、ラピアクタの副作用に『アナフィラキシー』があります。このこと、知らない人がほとんどでしょ?経口ではなく、静脈にダイレクトに入れるのは、かなり危険と言うことです。


タミフル、10代もOKに 異常行動との関連認められず
5/16(水) 19:26配信

朝日新聞デジタル

 厚生労働省の有識者会議は16日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の10代への使用制限を解除する方針を決めた。薬をのんだ子どもがベランダから転落するなど異常行動が相次ぎ、2007年から10代への使用を原則禁止してきたが、タミフルによって異常行動が起きると結論づけられないと判断した。厚労省は年内にも添付文書の改訂を製薬会社に指示する。

 タミフルの処方は、インフルが重症化する危険が高い場合などには認められている。研究班が10代の異常行動を分析すると、09~16年の100万処方当たりの報告数は、タミフルを使った患者は6・5件。別のインフル治療薬でもリレンザ4・8件、ラピアクタ36・5件、イナビル3・7件。薬を使わない患者でも確認されている。研究班は「薬の服用の有無、種類に関わらず、インフルエンザ罹患(りかん)時には異常行動を起こす可能性がある」とした。

 この日の有識者会議では、「ほかの薬でも同様に異常行動が起こっており、タミフルだけが危険だという誤ったメッセージになる」などの意見が出た。厚労省は、添付文書の警告欄に書かれた「10歳以上の未成年の患者に、原則として使用を差し控えること」の削除をするよう指示する方針だ。タミフルは、国内では01年に発売。のみやすい薬として、広く使われた。07年以降、10代への処方は減少したが、16年度の推計で10代は約10万人に処方されている。


もう、あほらしすぎて反吐が出ます。タミフルの効果は限定的であり、私からすれば、タミフルは害(副作用)ばかりで何ら効果を認められないもの、という認識しかありません。また、タミフルに対しては、タミフル耐性インフルエンザ・ウイルスがすでに蔓延しています。私の記憶が確かなら、6割ちかくは耐性ウィルスだったと。もしこの記憶が確かなら、たとえタミフルに効果があったとしても、10人中6人には効果が出ないと言うことです。耐性を持たせてしまった原因は、私が強く信じているのが、日本で特に行われた『予防投与』です。インフルエンザにかかっていないのに、タミフルを予防のために投与したことが、この耐性ウィルスを作り出した最大原因だと思えます。寝たきりの高齢者、医療関係者がこぞって、当時タミフルを予防投与しましたからね。使い方が間違っているんですよ。タミフルは『ワクチン』ではありません。当時も思いましたが、医者も製薬会社に踊らされているなぁとしか思えませんわ。


4年前に医学会では非常に重要な医学誌であるBMJ(イギリス医学雑誌(British Medical Journal)とコクラン共同計画の共同研究に、タミフルに効果がほとんど見られないという結果が出ているという記事が発表されているのです。オリジナルのコクラン共同計画の記事はこちら


抗インフル薬タミフル「効果は限定的」 英医学誌など

朝日新聞  2014年4月11日(金) 配信
 英医学誌BMJと世界の臨床試験を検証する国際チーム「コクラン」は10日、抗インフルエンザ薬タミフルを服用しても効果は限定的として、服用基準の見直しを世界各国の政府機関に求める声明を出した。

 英オックスフォード大のグループが、タミフルを製造するロシュ社(スイス)から臨床試験の未公開データを入手して分析した。

 グループによると、タミフルをのんだグループは、のんでいないグループに比べ、感染して発熱などの症状がおさまるまでの期間が成人では0・7日短くなった。しかし、未成年者の場合は有意な差がみられなかった。また、成人、未成年者にかかわらず、感染者が肺炎など重症な合併症を引き起こすのを減らす効果も確認できなかったという。

 タミフルは、インフルエンザの症状の軽減や予防に効果があるとされる。新型インフルエンザ対策として、国と都道府県は2013年時点で約5420万人分を備蓄している。


抗インフル薬に低い評価 
共同通信社  2014年4月30日(水) 配信

 抗インフルエンザ薬のタミフルとリレンザは症状を少し改善するが、感染拡大を抑えたり重い合併症を減らしたりする効果はない―。英オックスフォード大などのチームがそんな研究結果を英医学誌BMJに発表した。

 チームと同誌は4年半にわたって製薬会社に全ての治験データの公開を要求。昨年公開されたデータを分析した。

 その結果、どちらの薬も症状が続く期間の短縮効果は1日以下。タミフルには「入院を減らす」「肺炎など合併症を減らす」「感染拡大を抑える」といった効果がみられない一方、吐き気や嘔吐(おうと)のリスクを高めていた。

 タミフルの製造元であるロシュはBMJ誌上で「分析の手法が適切でなく、結論には同意しない」と反論している。

※発表は9日付BMJ電子版


このBMJは非常に重要な医学誌であり、私もアメリカにいたときや、鍼灸大にいたときに読んだり、レポートの参考文献にしたものです。それに、タミフルの効果はほとんど見られないと発表されたのです。このことを知っている医師は、日本にはいないのか?なにより、多くの医師を束ねている医師会や、さらに上部組織である厚労省の木っ端役人共は?あ、木っ端役人共は読むわけ無いですか?医師同様、厚労省の木っ端役人共こそ読まなくてはいけない医学誌ですが?


タミフルは効果が見られないどころか、副作用の吐き気や嘔吐のリスクを高めていると結論づけられています。にもかかわらず、なぜ副作用が多くでている薬品を、副作用が多く出る年代に解除するかなぁ〜?勘ぐりたくなくても、勘ぐってしまいますわ。製薬会社から突き上げ食らったな、と。厚労省だけでなく、医師会もそうだろうと思います。献金や研究費という名目の金の流れが、今回の処方解除を決めたのだろう、と思われて仕方がありません。


もう一つ引用しましょう。上記の共同通信社の記事の最後に、ロシュ社が反論しているとありますが、そのロシュの反論が意味をなしているのか?ということです。日本でも問題になった、製薬会社と論文執筆者との癒着です。


タミフル論文に疑惑 
臨床 2015年2月24日(火)配信共同通信社
 インフルエンザ薬のタミフルが肺炎などの合併症を減らすとする論文を米国の研究者らが英医学誌ランセットに発表したところ、研究費の出どころが製薬会社の関連団体であることなどから疑惑の目が向けられている。

 論文は製造元ロシュ社の治験データを再分析した内容。同じデータを国際的非営利団体「コクラン共同計画」や米食品医薬品局が評価し「合併症減少の根拠は不十分」と逆の結果を出している。

 英医学誌BMJによると、論文の著者4人のうち3人はロシュ社やタミフルの特許を持つ米企業と金銭的関係があり、研究費はロシュ社の出資する団体から提供された。コクラン共同計画の評価に参加した研究者は「分析手法を公開すべきだ」と求めている。

さて、こんな製薬会社の作った薬を信じられますか?ということです。誰しも選択権があります。信じたい人はどうぞタミフルをのんでください。


さらに腹が立ったのが、Yahooニュースのコメント欄に、ド素人が書き込んでいた内容。何もド素人に腹を立てなくても、大人げないかなぁと思わないでもないのですが、『今までタミフルを処方しなかったせいでどれだけの人が死んだかも』というようなことを書き込むドアホがいることに、どうにもこうにも腹立たしくて。逆ですわ、逆。タミフルの副作用で異常行動を起こし、死んでしまった人がいることの方が問題です!


大体、インフルエンザですぐに抗ウイルス薬を処方するのは日本ぐらいです。海外では、水分をしっかり取って1週間寝ていなさい、というのが『普通』です。副作用の出る可能性が高い抗ウイルス薬(タミフル)を好んでのみたがる、好んで処方したがる国は、日本ぐらいです。


こちらのサイトも参考になります。ぜひリンク先も読んでください。WHOですら、タミフルを外しているぐらいなのです。


知らないということは、本当に恐ろしいです。日本人の多くが、あまりにも自分の頭でものを考えず、マスコミや糞政府の垂れ流す嘘の内容を信じ込みすぎです。自発的に調べれば、いくらでも真実がわかるというのに。


さて、今回タミフルの処方が10代にも解除となりましたが、そのくせ『大人が見張るように』と、その部分はなくなっていません。何それ?安全だから10代にも解除したのでしょ?なのに大人が観察するようにですって?言っていることの整合性がとれませんわ。


先にも書きましたが、危険を承知で『あなた自身』がタミフルを飲むのは構いません。選択権ですから。その結果も自分で刈り取るだけです。ですが、子供にタミフルを飲ませるのは、やっぱり一考の余地があります。タミフルの副作用を子供に説明した上で子供がのみたいというのであればいいですが、子供がいやがったり、子供に副作用が出るのが嫌であれば、保護者として子供にタミフルを飲ませるのはやめた方がいいと思います。まぁ、薬を飲みたがる子供って、あまりいないと思いますけど。


再度、タミフルの副作用で亡くなる人がでないと、この国は動かないのでしょう。なぜ、命が失われてからでなければ動かないのか、この国は!人間だけができる、『予測』という能力が欠如しているとしか思えないですわ。国民を守るのが政府であり、官僚の仕事のはずですが、この腐った国においては、国民を搾取し、自分たちの私腹を肥やすことが仕事になっているのですね。まともな国じゃないです。また、ロシュ社を筆頭に、日本の医師たちも金儲けのために患者さん達の命を使うのは、本当にやめてほしいですわ。

2018年5月 5日 (土)

正夢にならなければいいのですが

今朝(5/5)早く、多分4時台だと思います。夢で、しかもフルカラー、大震災に遭う夢を見ました。


夢の中で、子供達と一緒に高層ビルか大規模商業施設にいました。そこでいきなり上下に揺さぶられ、必死に子供達を抱きかかえていました。揺れは結構長く続きましたが、施設が耐震設備だったためか、天井から何かものが落ちてくるということはありませんでした。


その後、いろいろアウトドアグッズや非常食などなどがおいてある私の部屋まで、子供達を連れてどうやって帰ろうか?震災に遭った店舗(?)で、水を買おうとしたらすでに売り切れていて、私は我慢できるとしても子供達は我慢できるだろうか?とか、考えているところで目が覚めました。


余りにリアルな夢だったため、現実と夢の区別がつきにくかったです。夢だと気がついてから、そういえばまだテント持ってないなとか、近所の川の水を濾過しても飲めるだろうか?とか(水は命の生命線です。その川に平気でゴミを捨てたり汚している現代日本人、どうしようもないですわ)、そういうことを考えているうちに、外から鳥の鳴き声が聞こえてきました。


今日の日の出は4時58分とのこと。鳥は日の出の40分程度前に鳴き出すそうです。ということは、私が夢を見て目が覚めたのは、4時10分台ぐらいだと思われます。まだ真っ暗でしたので。


こんな夢を見たのは生まれて初めてです。もしこれが正夢、予知夢だとしたら、余り嬉しくないです。過去に、予知夢を見たことがありますが、それは私の大好きな作家さんが何時、何冊本を出すという夢でした。(そしてそれは正夢でした。)今回のような、夢の中で実際に上下に激しく揺さぶられたのは初めてですし、本当に体感したかのように感じてましたので、正直今でも驚いています。


過去、何度も書いていますが、人心乱れると天も乱れる、です。糞日本政府、政治屋や官僚の腐敗っぷりは、目に余るものがありますし、ヘイトスピーチ、差別、格差、そういった日本人の心の乱れも甚だしい現代。結果として3.11が大切なことを教えてくれたはずなのに、たった7年でほぼ忘れ去っている日本人。再度、強烈な天災が起こってもおかしくないのです。そして今朝早くに見たこの夢、近々天災がここ中部を中心に起こるということなのではないでしょうか?たんなる夢であれば、逆夢であれば問題ないのですが、早朝で、フルカラー。これって、予知夢だったり正夢であることが多いと言われてます。


ん〜、逆夢であってほしいと切に願います。微に入り細に入り、ものすごくリアルな夢でしたので、う〜〜〜〜〜ん・・・・。


と、これをかいていたらニュースで、今日

『5日の午前7時32分頃、ハワイ諸島を震源とする地震があった。気象庁によると、マグニチュードは6・9と推定される。』

という記事が。このことを夢に見たのかしら?(でも火山の噴火ということは、全く夢に出てきませんでした。)それとも、この日本で起こるのか?まぁ、個人的にはまた日本で大震災が起こった方がいいと思ってます。それが起こらないと、今の日本人は何も学ばないだろうと、心底思ってますので。そのときに私が死ぬのが望みです。自分が生き残って、という希望(欲望?)は全く持っていないですね。ハワイはアメリカの州です。アメリカも、トランプが大統領になってから、ヘイトや差別が激しくなっています。人心が乱れているのですよ。いろいろ人間が、本当の意味で人間とはいかなるものか?というような哲学的なことを真摯に考えないといけない時期にきていると、心底感じます。

2018年5月 3日 (木)

アクト・オブ・バイオレンスを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


「アクト・オブ・バイオレンス」を見てきました。個人的ランクC-。


久しぶりにブルース・ウィリスを見ました。😅今作でも刑事ですね。彼の役どころは、ダイ・ハード以来、こういった役どころが非常に多いですね。最初のインパクトが大きすぎたからなのか、こういう役しかできないのか。ん〜、どうなのでしょう?


家族愛を描いた映画です。ですが、アクション映画。上の兄二人が軍人だからにしても、一般家庭にあの武器は?!しかも、手榴弾まで?!軍人故に裏ルートも知っていることでしょうが、あり得るの?ん〜・・・・。銃を構えたりするシーンは、トレーニングを積んだことがわかりますが、後半、工場内での戦闘シーンでは、バックアップ(狙撃)場所が近すぎない?手榴弾まで手に入ったのなら、サイレンサーも入手できたか、自作できたでしょ?と突っ込んでしまいました。さらに、敵が確実に動かないか、隠れている敵がいないかどうかも確認しないのも、それってどうよ?と。


救出したのはいいけど、その後家に戻った後、窓のカーテンをしっかり閉めないのはなぜ?生き残っている敵が再度襲撃してくるかもしれないという考えがないの?元軍人だったのなら、そういう考えに行かないの?


麻薬組織が、FBIやDEAにまで金の力で影響を及ぼし得る、というのも、それってどうよ?です。あり得ない話じゃないのは当然ですが、捜査も逮捕もあり得ないというのはねぇ・・・。しかし、トリップできるのなら何でもいいということで、大型動物用の麻酔薬を流す、というのは、アメリカの麻薬社会ならあり得るわと、この部分では納得してしまいました。


まぁ、単純な勧善懲悪ものです。冒頭に書いたブルース・ウィリスは脇役であり、主役ではありません。面白かったか?と問われると、「ん〜?」としか答えようがないですね。

旧友との再会!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


昨日、4〜5年ぶりに友人と会えました。彼と会ったのは、愛媛の学会以来だと思います。


突然の電話で、「今名古屋にいるんですけど」と。あれ?学会?5月に学会を開いたのか?しかも今年は持ち回りが名古屋だったの?と、まず考えちゃいました。(学会参加経験者ならわかると思いますが、学会開催県は持ち回りで毎年変わります。)実際はそうじゃなく、ちょうどGWでオフなので、思い立って名古屋に来たそうです。しかし、ほんとに急でしたわ。事前に来ることがわかっていたなら、仕事も入れずに朝からいろいろ準備して、食べに行く店なども選択したのですけど。😱しかも、この日はあいにくの荒天。夕方から雨と風がとても強くなるという日でしたので、基本、外を歩くことなど全く考えず、地下街のみで済ませてしまいました。それができるのが、名駅ですね〜。こういうとき助かります。


いやぁ、旧友と会えると嬉しいものです。日帰りだったので、行きつけのバーまで足を運ぶということは今回はできませんでしたが。大学の状況、鍼灸のこと、治療のことなどなど、何の気兼ねもなく話せたのは、私にとってもとってもいい時間を過ごせました。患者さんに話すときには、かみ砕いてわかりやすく話しますが、同業者なら一切遠慮する必要は無いので。ついでに、仕事帰りだった私の道具箱を持ってもらい、その重さに驚いてもらいました。😆どんな道具を持ち歩いているのか気になったのでしょう、中身を見て「ほー」とか「ふ〜ん」とか「こんなにいい艾を使っているんです?」とか、「鍼はこのメーカーのを?理由は?」とかとか。同業者なので、使っている道具はどうしても気になります。


忙しい中、時間を割いて会いに来てくれたわけですから、次回は私が彼の方に遊びに行かないといかんですね。日帰りだと帰りの時間が気になって仕方が無いので、やはり泊まりでないと。愛媛の学会以来、全然プライベートで遠方にいってませんから、今年は行きたいですね〜。

バース・オブ・ザ・ドラゴンを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


「バース・オブ・ザ・ドラゴン」を見てきました。個人的ランクC+。


カンフーを学んだものとして、ブルース・リーのファンとして、これは外せません。


後半まで、リーが自分を売り出し有名になるためなら、カンフーというものの本質をねじ曲げても構わないという態度がどうにも。詠春拳を学んだときに、リーに指導したイップは心の指導をしなかったのか?と疑問に感じちゃいましたわ。師は弟子に一番教えなくてはいけないのは、心技体のうち心の部分を一番にしないと、弟子は間違った方向に行くように感じていますので。これはイップシリーズの映画にも描かれていますし、少林拳の映画でも同じように何度も描かれているわけで。


北派少林拳の達人ウォンもまた、自分のくだらないプライドのために大切な仲間(?)に重傷を負わせてしまい、自分の心を見つめ直すためにサンフランシスコまで皿洗いにきたという理由も、いや、なぜサンフランシスコまで?と。いろいろ疑問に思うことが。達人と呼ばれるレベルまでいっていても、いざとなると簡単に己のプライドのために相手を傷つけてしまう心の弱さ。う〜ん、狭い少林寺の中だけで、周りからは達人だからとチヤホヤされると、ものの見方が非常に狭量になってしまうのでしょう。いくら寺の修行僧であっても、そういう自尊心の増長を抑えるのは、非常に難しいのかもしれません。


ギャングに借金してアメリカに入国したが故に、その返金のためにホステスとして働かされている女性達。ヒロインがアメリカの医学部に入って医者になる夢を語りますが、当時は入学に資産金額の提示や学力、高校や大学卒業の証明の提示を求められなかったのかしら?留学したものからすれば、ちょっと気になる部分でした。が、こんな程度のこと、些細なことでしょう。


この映画、リーとウォンの心の、魂の成長を描いたものだと思います。カンフーについては二の次ですね。


魂を磨くということはどういうことか?そういうことを学ぶためには、こういう映画を見て参考にされると良いかと思いました。

2018年5月 2日 (水)

祈り サムシンググレートとの対話を見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。ブログ更新を怠けていたら、あっという間に2ヶ月たってしまってました。😨


「祈り サムシンググレートとの対話」を見てきました。5/4までの限定上映です。名古屋のシネマスコーレにて。個人的ランクA+。


祈りの力については、私も何冊も本を読んでいてある程度の知識があります。しかも、この映画で出てきた本の何冊かは、読んでいた本でした。しかし、改めてこういう映像として、世界各国で行われた祈りの力についての研究結果を示されると、圧倒されますね。しかも嬉しかったのが、ゼロポイントフィールドまで出てきたこと。まさに、このゼロポイントフィールドが気とかプラーナとか呼ばれているものだと思うからです。やっぱりと思ったのが、祈りの力は、祈る人の数は余り関係ないと言うこと。それよりも、集中して祈れる人が必要と言うこと。劇中、すごいデータが示されます。人の祈りで、紛争や犯罪をなくすことができる、という事実!全世界人類のうち、1%の人が祈ってくれれば、この世界から戦争がなくなるそうです!!


人が祈ったところで、それが他者に影響を与えるわけがないと、頭から信じていない人、このドキュメンタリーを見るべきです。祈りと願いは違うのですよ。ほとんどの人が、そこのところを勘違いしています。願いは『自分のため』にするものです。祈りは『他者のため』にするものです。今の腐りきっている日本人、ほとんどの日本人は『自分のことしか』考えない、狭量な輩ばかりです。ゆえに、『願い』しかせず『祈り』をしないのですよ。だから、祈りと願いの違いを理解できない。理解できないから、この映画のような、事実を伝えるドキュメンタリーを頭から信じない。もったいないですよ、そんな狭量は。


人は、その潜在意識下で他者と繋がっています。それが集団的無意識となり、この映画でも示されたように、世界のどこかで何か大きなことが起こったときに、地球磁場の変動として観測されます。実際は重力場も変動しているはずです。(地球磁場の方が、衛星で観測しやすいのでしょう。)それぐらい、人の意識というのは、大きな力を持っています。このことは、素晴らしい書物である『アナスタシア』シリーズでも、何度も述べられていることです。


人の意識、ポジティブでもネガティブでも、それぞれが同等に体に影響を与えることがこの映画で示されています。これは、日々患者と向き合っている私にとっては、ごく日常茶飯事であり、当たり前のことです。体に影響を直接与えるのですよ。なら、どちらの考えでいた方がいいですか?悪い方悪い方へと常々考えている人は、その体調も悪く、病気をしやすく、そして非常に治りにくいのです。それよりも、痛みがあっても「なんとか動けるし、もっと痛みに苦しんでいる人もいるのだから、自分はまだまだ幸運だ」とポジティブに考えている人は、治りが早いです。


脳はだませます。脳は、心や感情が動いて笑顔になったのと、嬉しくなくても表情筋を動かして(口角を上げて)笑顔にしたのとの、区別がつきません。そう、区別がつかないのです。区別はつかない故に、嬉しくなくても笑顔を作るだけで、脳から(本当に嬉しくて笑顔になったときと全く同じ)様々なホルモンが放出されます。ホルモンが放出されると言うことは、そのホルモンを作る遺伝子がオンになっていると言うことです。


一つのホルモンを作るためには、一つの遺伝子が活性化しなくてはなりません。一遺伝子一酵素と学生の時学んだと思いますが、酵素と言うよりホルモンという方がいいです。一遺伝子一ホルモン。(私はそうアメリカで学びました。)遺伝子が活性化しない限り、ホルモンは作られないのです。


この映画で驚いたのが、血液検査で、人体の遺伝子活性度がわかると言うことです。0か100という絶対数的な活性度ではなく(これだとほんの少しでも活性していれば100となってしまいます)、25%、50%とか、本当にその遺伝子の活性程度がわかるのです。笑えたのが、人が恋をしていると本当に遺伝子が活性化しているという事実。劇中、村上博士が言われましたが、本当にあなたに恋をしているかどうか、自分の遺伝子の活性程度を見せて証明できますよ、という下りです。😆恋愛ホルモンは3年でなくなると言われますが、村上博士も言われてました。この恋愛によって活性化した遺伝子も、だんだん活性度が下がってくる、と。恋愛ホルモン3年説は、事実だろうと私は思いますね。


もっといろいろ書きたいことばかりです。が、書きすぎると映画の内容を全て書き出してしまいそうですのでやめます。祈りの力について、この映画を見て、その事実を学んでほしいです。


あと、劇中、村上博士が言われたこと、私も全く同意見でした。3.11の大地震、これは天(サムシンググレート)からの警告だ、ということ。日本人の人心が余りに乱れまくっているが故に、それを気づかせるためにあの地震が起こったのではないか?という考え、私は同意です。あの地震の後、日本人の人心が変わってきたように思えたのですが、わずか7年で元の状態に戻っています。たった7年で。変わらなかったら、再度心底変えさせるために、今度はもっと大きなことが起こってもおかしくありませんし、起こると思います。被災者じゃないからそんなことがいえるんだと言ってくるお馬鹿さんもいることでしょう。被災者じゃなくても、被災した人たちのことを心底思えば、この7年ほとんど復旧が進まないこと、被災者の人たちをさらに追い込んでいる東電、糞日本政府や自治体の方がおかしいと理解できるはずです。原発もそう。人間がコントロールできる類いのものじゃないのです、原子力というのは。人間ができるのは、原子力をコントロールするのではなく、爆弾としてそのエネルギーを一気に解放させるという、実に低俗かつ幼稚なことだけです。今、現実にコントロールしているじゃないか、という人、事実を見なさいな。矮小な人間が行うことが、自然が行っていることと同等のことができるわけないのです。特に、現代人のように、自然に対する謙虚さや畏怖が欠如している人間などに。村上博士が言われる、サムシンググレート。科学者故に、神と簡単にいえないから、サムシンググレート。何か偉大なもの。人間は遺伝配列を「読む」ことはできますが「作る」ことはできません。遺伝子改変できるじゃないか!という人、よく考えて。改変は一部を作り替えただけであって、無いものを一から作ったわけじゃないのですよ。そして人間は、それができません。なら、遺伝子をデザインした存在がいなければならないはずです。それがサムシンググレート。人間を超越した、何か偉大なもの。それを感じれば、自然と謙虚さが出るはずなのですけどね。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年7月 »