2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お薦めの本

無料ブログはココログ

« DESTINY 鎌倉物語をみてきました | トップページ | ヒトラーに屈しなかった国王 »

2018年1月 2日 (火)

スター・ウォーズ 最後のジェダイを見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を見てきました。個人的ランクB+。公式サイトはこちら


うん、これもありです。これもスター・ウォーズです!なにより、ルーク・スカイウォーカーの物語りなのです!!


そして同時に、レイア姫の物語でもあります。個人的に、もう、次回作以降、彼女を見ることができないと言うことに、とてつもない悲しさを感じているからです。次回作以降、どうするんだろう?今のCG技術なら、他人でも顔だけレイア姫に差し替えることは可能です。でも、はたしてファンはそれを望むだろうか?と問いたいところです。


SWの歴代、最長の作品です。ですが、その長さを全く感じませんでした。体感的には、あっという間でしたから。そして、エンドロール。


新シリーズになってから出てきた主人公たちは、以前の主人公たちに完全にとって食われています。それぐらい、前のファンからすれば、以前からの主役たちが大切であり、その存在感がとてつもなく重いといえるのです。


SWの、どの作品でもいいです、ファンなら足を運んでください。そして、あなた自身の魂で感じてほしいです。


フォースについては、この作品で述べられていることが一番正しいと私は感じました。超能力者じゃないのですよ、ジェダイは。自然界にあふれている、まさに自然からの、神の力の使い方を、先天的だろうが後天的だろうが、それを学んだものがジェダイだと思うのです。なぜ?理由は、私の使う技術、セラピューティック・タッチも、先天的であろうが後天的であろうが、きちんとトレーニングをすれば、誰でも使える技術だからです。習得するまでの時間差は当然あります。これについては、先天的だとしか言い様がありません。ですが、習得までの時間差はあっても、必ず誰でも、程度の差こそあれ獲得することはできるものです。


フォースも全く同じだと思います。先天的に、遺伝的にのみ伝えられるものだ、というのは、面白いですよ?ですが、実際はそうじゃないのです。アホな(個人的意見です)人間ほど、先天的に神から与えられたものであって、自分にはそんな力はない、と思い込むものです。自分自身で、心底試すこともせずに。それでいながら、できる人を妬んで恨み言を言う。個人的には、そういう輩に対して心底唾棄すべきものだと感じますね。


SWのファンなら、時間を無理矢理作ってでも見に行く価値があると思います。

« DESTINY 鎌倉物語をみてきました | トップページ | ヒトラーに屈しなかった国王 »

映画・テレビ」カテゴリの記事