2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お薦めの本

無料ブログはココログ

« ヒトラーに屈しなかった国王 | トップページ | 2017から2018の年末年始 »

2018年1月 4日 (木)

ユダヤ人を救った動物園を見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』を見てきました。個人的ランクA。公式サイトはこちら


素晴らしい。もう、この言葉以外ありませんし、出てきません。素晴らしい作品です!


1939年、第二次世界大戦開始と同時にポーランドに進軍したドイツ軍によって行われたユダヤ人迫害。そのユダヤ人たちを300人も(ほんとに300人も!ですよ。当時がどういう政権下であり、万が一見つかったら間違いなく殺されるという危険を冒して、300人もの命を助けたのです!)助けた実話です。


公式サイトにもあるように、

  • 「すべての命は等しく、すべての命は守られるべきものである」

本当にその通りです。どの命が優れていて、どの命が守るに値しない、そんなアホな理由は存在しないのです。ですが、北朝鮮やこの日本においては、このアホとしか言い様がない、訳のわからない非人道的なことが、まかり通っているのですよ!北朝鮮は独裁国家と言うことで当然ながら、日本は平等だろ、というお馬鹿さんたちが必ずいます。そういうお馬鹿さんたちは、社会に目を向けてみるといい。どれだけの貧困家庭が、本来平等の命として、守られるべき命がないがしろにされているか、その閉じた目を開いてみたことがあるのか!!!と声を大にして言いたい。この日本は、本当にひどい差別社会に成り下がっているという事実から、多くの人たちが目を背けているのです。明日には、自分がそうなるということから目を背けてね。


主人公のヤンとアントニーナ夫妻、彼らの精神性と魂の発達度合いには、心の底から畏敬の念を感じずにはいられません。自らの命の危険よりも、なんの罪もない人々を救いたい、ナチスの行っている差別はおかしいという、ごく普通の、まっとうな感覚を元に行動されているのです。


この作品を見ながら、今の日本の社会を重ね合わせたら、映画に描かれている時代とほとんど同じじゃないか、と思えて仕方がなかったです。

  • 迫害され、搾取されるユダヤ人たちは、今の日本の貧困層。
  • ユダヤ人でないから迫害されないけど、自由も糞もない社会で、自分たちはユダヤ人じゃないからまぁいいやという人々は、今の多くの平均的日本人。
  • 弱者を一方的に迫害し、自らの権力と資産を強欲に増やし、他者を迫害し続けているナチスは、日本の官僚、政治屋、大企業、公務員のダニ共です。

まさに、今の日本社会が、この映画に描かれているわけです。被害妄想?そう思う人は、想像力が欠如した、他者への共感力のない人間だと、最下層に近いところにいる、貧困層の私だからこそ言い切れます。医療者だから儲けているだろ?!と思う人、私の治療代の安さ、保険治療をしていないこと、患者さんのことを最優先に考えているので、毎月赤字ですよ。以前も書いたことがありますが、安ければいいと、錆びた鍼を使っていたらどう思います?指先でいくらひねっても艾炷(がいしゅ:米粒大にひねって作るもぐさ)ができないような、程度のひどい、薬効成分もほとんど期待できないようなもぐさを使ってもらいたいですか?ほんとうに悪い部分を見つけることもできず、適当な施術をされていてもいいわけですか?そんないつ事故が起こるかもしれない道具を使って、適当な施術をされ、それでいて高額の治療代を請求されたら腹が立ちませんか?まぁ、そんな悪徳な輩たちにだまされたいのなら別にいいですけど。


人間って、他者をどのように扱ってもいいという権力を持つと、どうしてこうも傲慢になれるのでしょうね?自分が同じことをされたらどう思う?なんていう、ごくごく基本的なことすら、すぐに忘却の彼方に行ってしまう。いくら低俗な、ぼんくらな大馬鹿者でも、権力を持った途端にその馬鹿さ故に他者に暴虐の限りを尽くすのです。本来なら、そんな低俗な輩だから仕事もまともに見つからず、他の心優しい人たちからのサポートがなければ生きていけないような立場のはずなのですけど。『虐殺器官』でも描かれていましたが、人間というのはもともとそういう野獣性を持っているのでしょう。それをそのまま解放するのが戦争です。人間が、人間であることをやめてしまうことが戦争です。人間って、簡単に人間であることを捨てることができるのでしょうね。いつになったら、人間の精神性って進化するのでしょうか?今のまま、進化しないままなら、近いうちに現生人類は絶滅するしかないのですけど。ネイティブアメリカンや、多くの現代人たちが見下す未開の部族の文化・風習から今すぐ学び直す必要性があると思うのです。彼らに比べれば、現代人たちは野獣以下の精神性ですよ。


今でもこの動物園は存続しているとのこと。できるのなら、足を運んでこの目で、この動物園を見たいものです。そこには、この夫妻の気持ちが心が未だに残っていると思うからです。


是非、多くの人に足を運んでもらい、今の日本社会を考え直してもらいたい。どれほど貧困層を搾取して、ごく一部の権力者層がその暴利をむさぼっているのかを。

« ヒトラーに屈しなかった国王 | トップページ | 2017から2018の年末年始 »

映画・テレビ」カテゴリの記事