2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お薦めの本

無料ブログはココログ

« メアリと魔法の花を見てきました | トップページ | 君の膵臓をたべたいを見てきました »

2017年7月24日 (月)

猫からSFTSに感染?!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


医療者として、予測していたことが起こりました。遅かれ早かれ、と思っていましたが。


マダニ感染症、ネコにかまれ感染 女性死亡
2017/7/24 18:11 日本経済新聞

 厚生労働省は24日、野良猫にかまれた50代の女性がマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、10日後に死亡していたと発表した。かまれたことが原因とみられ、ネコからヒトへの感染事例が明らかになるのは初めて。

 厚労省や国立感染症研究所によると、女性は西日本に在住。昨年、弱った野良猫にかまれた。数日後にSFTSを発症したという。野良猫もすでに死んでおり、ウイルスに感染していたか、最終的な確認はできていないが、感染研は野良猫から女性に感染したとみている。

 厚労省は今年に入り、SFTSウイルスに感染し、発症した飼い猫と飼い犬も確認した。同省はペットのマダニを駆除するとともに、動きが鈍いなど、様子のおかしい野良猫に対しては慎重に接するよう注意喚起を始めた。

 感染研によると、SFTSはマダニが媒介する感染症で、初期は発熱などの症状が出て、5~6日後に意識障害や出血などが起きることがある。死亡することもあり、致死率は約20%とされている。特効薬はなく、熱を下げるなどの対症療法が中心となる。国内ではこれまで、西日本を中心に266人の患者が報告された。死亡例は全て50代以上で、高齢者が重症化しやすいと考えられている。シカやイノシシなどからも、ウイルスに感染していたことを示す抗体がみつかっている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H7H_U7A720C1CR8000/


産経によると、世界初だそうです、猫から人へのSFTS感染は。


ダニによる媒介ですので、ダニが食いつく動物なら、どれでも感染源・感染先となり得ます。そういう意味では、人間もキャリアーとなる可能性もあるのではないか?と思います。人間の免疫が、このウィルスを100%駆逐できるのか?という懸念です。現状、SFTSウィルスに対する特効薬は存在しません。正直、ウイルス疾患に対する特効薬って、ほとんどないのが実情です。抗生物質があるじゃん、というひとが必ずいますが、大間違い。抗生物質が効くのはバクテリアと一部のアメーバなどに対してです。ウィルスに対して、抗生物質は全く効かないです。なら、風邪を引くと医者が抗生物質をくれるじゃないか、それで治っているじゃないと、これまた大きな勘違いをしている人がほとんど。風邪はウィルスによるものですので、抗生物質は全然効いていません。なら医師の処方する抗生物質は何のため?理由の一つは、風邪を引いたときに体の抵抗力が弱まるので、ほかのバクテリア感染を起こすことが多いから、それを防ぐもしくはバクテリアに感染していたらその治療という名目で。(あくまで名目上であって、本当にバクテリアに感染しているかどうかは検査をしなくてはわかりません。ですが、ほとんどの医師は検査をせずに抗生物質を出してきます。)二つ目の理由は、(これが一番大きな理由です)医師の儲けのためです。再度書きますが、風邪に抗生物質は、全く無意味です。(むしろ、この医師が無意味に処方してきた抗生物質のおかげで、多剤耐性菌が出現。さらに抗生物質の副作用も重大な問題です。)水疱瘡ウィルスは、いったん感染した後、免疫から逃れるかのように神経に潜伏し、宿主(人間)の抵抗力が弱ったときに帯状疱疹として出現してきます。このSFTSのウィルスも同じような行動パターンを持たないと、断言できるほど今の研究ではわかっていないと思います。


この獣医さんのサイトの説明によると

中国における血清疫学調査では、山羊、牛、羊、豚、鶏、犬から、抗SFTSウイルス抗体が高率に検出されています。
また、牛、山羊、犬、猫に寄生するマダニからもSFTSウイルス遺伝子が検出されています。
これらの動物が感染源となるかどうかの特定はされていません。

とあります。


今回、猫からSFTSウィルスを移されて亡くなってしまった方、とても優しい心の持ち主でしたが(野良猫を保護しようとしてかまれたようです)今後は革の手袋をするなど、爪や牙でこちらが怪我をしないように準備した上で保護するしかないかな、と。もしくは、野生の動物に人間が餌を与えてはいけない、という自然界のルールを徹底させるか。生物学、環境生物学を学んだものとして、私自身は後者を基本選択します。野生動物に、人間が一度でも餌を与えたら、もうその動物が死ぬまで餌を与え続けなくてはいけません。餌付けとは、そういうことなのです。その野生動物が死ぬまで面倒をみる覚悟がないのなら、餌付けをしてはいけません。この基本原則を知らなさすぎるのですよ、ほとんどの人が。弱っている、怪我している、かわいそうだから助けたい。それは人間だけが持つ心の動きです。そしてそれは確かに貴重で尊いものです。ですが、それは自然界にとっては何の関係もないものです。人間が、『一方的に』かわいそうなどと思い込んでいるだけなのですから。


北海道からはエキノコックスが本州に入ってきていることは、以前書きました。すでに、本州のどこまでエキノコックスの感染が広がっているか、精確な調査はまだされていないようです。もしかしたら、もう四国や九州にまで広がっているかも。そして、このSFTSもまた、日本のどこまで北上しているか。これまたすでに青森、下手すると北海道までSFTSウィルスが広がっているかもしれません。別の例でいえば、蚊が媒介するデング熱、これはもう日本の本州はほぼ全域に広がっていると私は捉えています。


これだけ世界が近くなっているのです。24時間あれば、地球のどこへでも行ける現代、さまざま寄生虫、バクテリア、ウィルスも同じように人にくっついて移動します。完全に防ぐことは不可能でしょう。ですが、ちょっとした注意でこれらの多くを感染させないですませることは可能なのです。


SFTSなら、先も書いたとおり、ダニが媒介するので、ダニにかまれないようにするだけ。そして、そのダニがいそうな動物(特に野生動物)に、無防備に触ろうとしないこと。ごく簡単で、基本的なことでSFTSの予防は可能です。


今回の事故、猫にかまれたときに、かなり深く傷を負ったと思います。亡くなられた女性に基礎疾患はなかったようなので、発症後の治療が遅れた可能性があるかな、と。前述したとおり、SFTSには特効薬が存在しません。対処療法だけです。ですので、いかに早く治療を開始し、体への負担を少なくすることが大切だと思います。


どの野良猫がSFTSウィルスをもっているかどうか、わかるわけないのです。感染を防ぐためには、うかつに触ろうとしないこと。これにつきます。

« メアリと魔法の花を見てきました | トップページ | 君の膵臓をたべたいを見てきました »

医療」カテゴリの記事