2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お薦めの本

無料ブログはココログ

« しあわせな人生の選択をみてきました。 | トップページ | ハックソー・リッジをみてきました。(なぜ『ハクソー・リッジ』なの?!) »

2017年7月11日 (火)

怪物はささやくをみてきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『怪物はささやく』をみてきました。個人的ランクC-。公式ホームページはこちら


ダーク・ファンタジーと聞いたので、喜び勇んで(?)見に行きました。う〜む、結果は・・・。ダーク・ファンタジーといえばいえるのでしょうけど、私好みのダーク・ファンタジーではありませんでした。私好みは、ティム・バートン監督作品のダーク・ファンタジーですね。


ですが、怪物の語る物語、これはもう現実を的確に表現したものだけに、この点ではまさにダークなものでした。現実というものが、それほど汚いということです。それを怪物は的確に主人公の少年に、物語として聞かせます。私も子供たちに、写実的に現実の汚さを話して聞かすのではなく、物語として聞かせた方がよりよいのかも?と思いました。


子供はこの作品を見ても、あまり感じることが少ないかもしれません。むしろ、大人が見るべき作品なのではないでしょうか?


怪物の声を当てていたリーアム・ニーソン、いい味出していて、ぴったりのはまり役でした。日本の声優なら、やっぱり故永井一郎さんにやってほしいと思います。


誰にでもお勧めできるものではありません。ですが、現実を皮肉ったファンタジーをみたいというのであれば、この作品はかなりおすすめできます。


最後、少年の心が救われたこと、これがなによりほっとしました。

« しあわせな人生の選択をみてきました。 | トップページ | ハックソー・リッジをみてきました。(なぜ『ハクソー・リッジ』なの?!) »

映画・テレビ」カテゴリの記事