2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お薦めの本

無料ブログはココログ

« ゴールドー金塊の行方ーを見てきました | トップページ | アイム・ノット・シリアルキラーをみてきました »

2017年6月17日 (土)

ジェーン・ドウの解剖を見てきました!

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『ジェーン・ドゥの解剖』を見てきました。個人的ランクB+!!いやもう、久しぶりにいいホラー映画を見ることができ、大満足です!公式サイトはこちら。B級ホラー映画ですが、おもしろい!


どんなものかなぁ〜という軽い気持ちと、つまらなかったら腹立つなーと思いながらでしたが、見事に裏切られました。映画は見るまでわからないですからね〜。特にホラー映画は、と私自身は思います。


医療者で解剖学を学んだ人間なら、うんうん、そうそうとうなずきながら見てしまうことでしょう。え?変?解剖学を思い出しますので、自然そうなると思うのですが?特に冒頭の、ある遺体の本当の死因を見つけるシーン。う〜む、法医学というのは本当に興味ある分野です。何かの作品で読みましたが、法医学というのは、『遺体の声なき声を聞く仕事』だと書かれていましたが、本当にそうだなぁと。


場所の設定もいいですね!遺体安置所!!👍🏼(何興奮してるんだ?といわれそう・・・。)当然、他の遺体もあるわけで。なるほど!と思ったのが、足に鈴をつける習慣があったということ。遺体の足に、です。昔は死の定義が今ほど厳格ではなかったし、医療も同じくそうだった。ですので、仮死状態を死亡と誤診していたことが多かったのでしょう。ですから、実際には死んでいないのに棺桶などに入れられた場合、動けば鈴が鳴るので『生きている!』とわかるわけです。まぁ、この作品ではこの鈴が・・・。あぁ、これ以上言えない!(察しはつくと思いますけど。何しろホラー映画ですから。😉)


中だるみなんて全くありませんでした。だからこの作品はおもしろいと。ホラーで中だるみなんてあったときには、面白さ半減以下ですから。そして、終盤でわかったのですが、実は伏線が冒頭から始まっていたんだ、と言うこと。これはやられました。物語の作りが、非常にうまいのです。この点も、この作品の優秀さだと思います。


ホラー映画でありながら、父親の息子への愛情まで描いているのは、すごいなぁと感じましたよ。ホラー映画ですので、突っ込みどころはありますよ、この作品でも。でもでもでも、それを差し引いてもこの映画はおもしろい!


名古屋ではもう終わってしまいましたが、まだ他の地域で上映しているのでしたら、よろしければ見に行かれてください。なかなかによいホラー映画ですから!ホラーだけに内容のネタバレになることは一切書けません。あと、この映画のホラーとしてよい点は、すべてをはっきり見せないということ!最近のホラー映画は、たとえば悪霊がその原因だとしたら、その悪霊の姿を見せすぎるのが欠点です。見せすぎは怖さがなくなります。はっきり見せても半減です。よくわからないからこそ、恐怖感が上昇するのですよ。その点、この作品はそうじゃない。だからいい!(いつになく熱く語っているような・・・。😵)


最近感じていることなのですが、女性客でホラー映画を見に来る人が増えたなぁと。ホラーと聞くだけで毛嫌いする女性が多い中、同じホラーファンとしてうれしい限りです。今回も、ほぼ半数が女性客でした。👍🏼

« ゴールドー金塊の行方ーを見てきました | トップページ | アイム・ノット・シリアルキラーをみてきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事