2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« イップ・マン 継承を見てきました | トップページ | 咳止め薬のコデインの小児への使用(処方)制限が検討開始されました »

2017年5月 7日 (日)

名探偵コナン から紅の恋歌を見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『名探偵コナン から紅の恋歌』を見てきました。個人的ランクD。公式サイトはこちら


え〜、私はアニメ映画も好きですが、コナンの映画は好んでみる映画ではありません。今回は、娘にせがまれて選んだ次第です。ま、それでも初めて子供たちと一緒に見た映画になりました。私自身が記憶している、私が初めて母親と一緒に見た映画は『ジョーズ2』でしたね〜。初映画がジョーズというのが、今の私のホラー、サスペンス好きを決定しているのかも?


相も変わらず、冒頭から事件が起こりますが、必ずその事件現場にいるというコナン少年。ん〜、ファンには申し訳ないのですが、彼は死を呼び寄せる疫病神としか、いや死神としか思えないのです〜。彼がいるせいで事件が起こり、その事件に首を突っ込み、解決するというマッチポンプを演じているだけでは?と、うがった見方をどうしてもしてしまいます。😓


結構笑わせてくれます。子供たちも笑っていたので、子供にも十分受ける笑いだったかと。


ちょっと伏線が子供にはわかりにくいのでは?と思いました。やっぱりそうかぁと思ったのが、見終わってから子供たちから「誰が犯人だったの?」と聞かれたからです。😱それとも、うちの子供たちに読解力が足りないのか?あの犯行理由を理解するには、ある程度の人生経験が必要だろうとは思いますけど。中学生ぐらいになっていないと、わかりにくいだろうとは思います。


ツッコミどころは結構あります。でもこの作品は、突っ込んではいけないのですよね〜。😵


劇場はほぼ満席でした。大人もかなり多いのに驚きました。子連れという意味ではなく。てっきり中高生の方が圧倒的だろうと思っていただけに、びっくりしましたわ〜。それだけ大人にも人気と言うことでしょうか?


エンドテロップ後に、さらにエンディングシーン。そしてそのエンディングシーンの後に、来年に新作映画をやります!という広告が。すごいなぁと素直に感心しました。Back to the futureのように、最初から三部作(違いましたね。2作目を作ったときに長くなり、3作目としなければ収まりがつかないとなったのが真相だと聞きました)などの連作として作る予定の作品以外で、もう来年の広告を打つのを見たのは久しぶりでしたから。

« イップ・マン 継承を見てきました | トップページ | 咳止め薬のコデインの小児への使用(処方)制限が検討開始されました »

映画・テレビ」カテゴリの記事