2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 僕と世界の方程式を見てきました。 | トップページ | アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場を見てきました。 »

2017年2月11日 (土)

TOMORROW パーマネントライフを探してを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


『TOMORROW パーマネントライフを探して』を見てきました。個人的ランクA。公式ホームページはこちら


もう、ただただ素晴らしいとしか言いようのないドキュメンタリーです。久しぶりにパンフレットまで買ってしまいましたわ。


個人的には、一人でも多くの人にこの映画を見て勉強して欲しいと切に願います。持続可能で再生可能エネルギー、食糧生産について、経済について。多角的にこの映画は訴えてきます。今のシステムが本当に正常に機能していると言えるのか?と。実は今のシステムは、一部特権階級や大企業が、自分たちだけが儲かればよいというシステムです。こやつらは、金儲けのためならこの地球がどうなろうが知ったことではないのです。地球すらどうなろうが構わない連中なので、当然自分たち以外の人間がどうなろうが知ったことではありません。


アイスランドでは確か2030年までに原発全廃。スウェーデンなども確かそうだったと思います。アイスランドは火山国家なので、地熱発電を進めていました。映画の中でも、研究者が日本も火山国家だから地熱発電でかなりまかなえるといってます。初期投資には多少お金がかかりますよ。ですが、運用し始めたらその安全性とメンテナンスのしやすさなどで、電気代は今よりずっと安くなるそうです。長い目で見れば、初期投資など簡単に回収できてしまいます。翻って、3・11での原発の怖さと反省を何ら生かそうとしていないこの腐りきっている日本はどうですか?未だに原発を推進しようとしています。初期投資も高ければ、いざ事故が起こったときには天文学的な金が必要になるだけでなく、地、水、空気を毒で汚染し、子孫が住めない場所と空間を作り出します。3・11でその事を日本人は理解しなかったのか?と問いたい。海外の国は福島原発事故を見て、原発は駄目だと『正常な判断』を下しています。そして脱原発として行動を起こし、再生可能エネルギーを成功させつつあり、それだけで十分まかなえるところまで来ているのです。


農業も、大規模農業(アメリカとか大企業が行っている機械農業のことです)は、土地の力をどんどん減らし、その収穫量が減ってくるのです。ここも再生可能な農業にしなくてはいけないのです。そして、世界の実に60%以上の食料は、機械的な大規模農業でまかなわれているのではなく、小さな農家によってまかなわれている事実。この映画でも驚くような農業が出てきます。でもそれは自然の摂理に沿ったものです。今の大規模農業は、明らかに自然の摂理に反しているのです。


経済も、地域通貨をもっと広めた方が、結果として経済活性化に繋がると言うこと。これも自然の摂理をまねるだけだそうです。自然は単一な種で成り立っていません。様々な種が混ざり合い助け合って成り立っています。経済もそうした方が良いとのこと。単一種だと、何かあったときにいっぺんに死滅します。そう、多様性が必要なのです。


う〜ん、この映画はDVDで手元に置いておいて、子供たちに見せて勉強させたいと真摯に思います。もう、今までのシステムでは、この地球も人類も保たないと言うところに来ているのです。日本は関係ないわ、ともし思うのであれば、その人は井の中の蛙です。


ぜひ多くの人に見てもらいたい映画です。変わらなければならないときに変われないのであれば、絶滅が待っているだけのことです。こんな簡単な自然の摂理を、なぜ多くの人が理解しないのか?感じ取れないのか?それほどまでに人間は自分勝手になりすぎているのか。この映画を見て、各個人が自分のしていること、社会のシステムについて立ち止まって考え直すことをしないといけないよ、と訴えてきます。

« 僕と世界の方程式を見てきました。 | トップページ | アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場を見てきました。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事