2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« バック・トゥー・ジ・iPhone | トップページ | 王様のためのホログラムを見てきました。 »

2017年2月21日 (火)

なんでこういう差別発言がでるかな〜?

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


もう、またもや情け無いことが。関西学院大の外国人非常勤講師の差別発言です。


関学大講師「放射能浴びているから光る」 福島出身学生に差別発言
 関西学院大(兵庫県西宮市)の40代の外国人非常勤講師が2014年、英語の授業中、福島県出身の20代の女子学生に「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」と話していたことが21日、大学への取材で分かった。大学は差別的な発言で「東日本大震災の被災者に思慮がなかった」として、17日付で講師を減給3カ月の懲戒処分とした。

 女子学生は14年4月に入学。講師は同10~11月ごろ、出身地を尋ねた後、教室の電気を消し「光ると思った」と発言した。学生は精神的なショックを受け授業に出席できなくなった。

 大学の調査に対し講師は「冗談のつもりだった」と説明したという。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017022101001361.html


冗談?冗談でもして良いこととしてはいけないことがあります。これは完全に駄目ですわ。ラジオでもこの事件について紹介していまして、実際にこの非常勤講師は、部屋の電気を消したそうです。どこの国の人間だ?と思いますね。


減給3ヶ月?いや、これは本来クビでしょう?冗談と言えば何でも許されると思っているからこそ、こういう言動が出ているのでしょうから。あぁ、でもこの非常勤講師だけを責めることはできませんわ。横浜などでは小学生が福島避難者から恐喝をしていたケースもありましたよね?原発事故当時、福島にいた人たちは『被害者』です加害者は『東電』と『この日本政府』です。問題は、その被害者である人たちをなぜ虐めるのか?です。加害者側の東電と日本政府に対して攻撃するのが正当であり、理にかなっているはずです。情け無いことに、加害者の東電と日本政府は自分たちに責任はないと言わんばかりの行動ばかりを繰り返しています。やり逃げ?こんな狂ったことが許されているのが今の日本です。本来なら、こういう東電と日本政府のやっていることを追求するのがマスメディアの仕事です。ところが今の日本のマスメディアは機能不全に陥っていますので、よけいに加害者側がつけあがっているわけです。


この国の国民が被害者である人たちを虐めているから、外国人まで『自分もそうして良いんだ』と思うのでしょう。個人的には、この外国人の精神構造自体、実に今の日本人と同じく幼いと思いますけどね。多くに流されると言うことで。流されずに、人としてどう判断しどう行動するか、を自分自身でよく考え、そして実行しなくてはいけなかった。非常勤とはいえ講師です。学生達に教える立場です。その立場にある人間が、率先して被害者の虐めに走ったと言うことが情け無い上に許しがたい。(もうね、こういうことがあると以前書いたように、私の高校時代を即座に思い出してしまいます。教師からのいじめのことを。)


この日本、いつになったら正直者が馬鹿を見ない社会になるのか?今の自民党政権のままでは無理でしょう。野党がもっともっと連携して自民を潰すように働かなければ。結局、野党も自己保身にのみ走っているのが情け無い。なにより、国民がお上のやることに口を出さないといわんばかりの態度!こういう点はアメリカなどの海外を真似した方が良いと思いますね。バカな政治屋達に対して、国民が断固として声を上げる。災害時に暴徒と化すのは駄目です。それはただの野人ですから。そうではなく、明らかに国民のことをまともに考えず、自分たちの利権を守ることだけに執着して、国民の血税である税金をポケットマネーのように湯水のごとく使う今の官僚や政治屋共に対して、『お前らまちがってんぞ!』と国民が立ち上がらないといけないと思います。


間違っていることを間違っていると認めない社会。正直であることが、徳ではなく不徳と見られる社会。まともじゃないです。まともじゃない日本社会だから、被害者がさらに悲しい目に遭うことになっているのかと。いい加減、まともじゃないこの社会を少しでもまともな方向に戻していかないと、今の子供たちが成長したときに笑われることになるか、その子供たちから今の大人達がさらにひどい目に遭わされることになりかねません。


こう書いても、多くの日本人は「またバカが何か下らんことを書いているわ」で終わることでしょう。心底虚しくなり、悲しくなりますわ。

« バック・トゥー・ジ・iPhone | トップページ | 王様のためのホログラムを見てきました。 »

ニュース」カテゴリの記事