2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 死を選ぶより、生き抜いて将来笑ってやった方が | トップページ | なんでこういう差別発言がでるかな〜? »

2017年2月13日 (月)

バック・トゥー・ジ・iPhone

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


iPhoneに戻しました。サヨナラAndroid。赤貧の私ですが、仕事で使っているので清水の舞台から飛び降り買い換えましたわ。


ホームページにも記載しましたが、これでiPhoneユーザーの方でしたら、iMessage(iPhoneに最初から入っている『メッセージ』アプリです)で無料の上、文字数無制限でやりとりができます。


いやぁ、最初Androidにしたときには、そのiPhoneにない機能に「おぉ」と思った物でしたが、使い込んでいくと、でるわでるわ、その使いにくさというか痒いところに手が届かないところがボロボロと。


堪忍袋の緒が切れたのは、仕事で使っているのでその仕事に差し支えが出ることが最大の理由です。一番驚くと同時に腹が立ったのは、メールの着信を教えてくれないこと!消音になってませんよ〜。AndroidはiPhoneより自由に着信音を設定できます。ところが、メール受信しても音を出してくれない事が何度も。着信と同時に音を鳴らして振動もするようにしてありますが、その振動も起きない。Google謹製のGmailアプリですらそうでした。アプリの不具合なのだろうと思われますが、次のリリースで直ったか?と思っていてもまたその次のリリースでまた駄目になったり。仕事ではない、プライベートで使っているのならそれでもいいでしょう。ですが、仕事で使っているのでこれには閉口しました。付け加えるなら、メールだけじゃなく、SMSアプリでも同じようなことが。SMSアプリを開いている状態で患者さんからすぐ返事が届いても、音を鳴らして教えてくれない・・・。振動もありません。なぜ?!iPhoneですと、1回目の通知でアプリが開かれなければ、2,3分後ぐらいにもう一度鳴らして通知を知らせてくれます。道具という観点から見ても、iPhoneの方が明らかに正しい動作ですよね?私の使っていたAndroidでは、一回知らせて終わりでした。


2番目の理由は消音について。iPhoneは物理スイッチで消音します。これが非常に便利かつ確実なことに、Androidを使ったからこそ理解しました。(初めてAndroidを持ったときには、逆にこの点に驚くと同時に新鮮みがありましたね。)防水に関わる?んなもの、ケースなどで何とでもなります。物理スイッチだからこそ、指先で触るだけで消音がオンになっているかどうかが分かることが重要なのです!Androidは音量ボタンを押し続けて、音量を下げ続ければ消音になります。ところがここで落とし穴が。普通に消音状態にした程度では、ウィジェットが届いた時、音を鳴らすという驚きの事態が起こりました。このウィジェットでも音を鳴らしたくなければ、さらにもう一段階押して消音のランクを上げなくてはいけません。なにこれ?そして私が困ったのは、Androidをポシェットに入れて腰に下げているのですが、このポシェットに入れるときにその角度によっては音量ボタンが押されてしまうこと。と言うことは、自分でも知らないうちに消音が解除されていると言うことです。特にバスの中とかで狭い状態でゴソゴソし、Androidをポシェットに入れたりしたあとでよく起こりました。こっちは消音にしているのを確認した上で入れていますが、知らない間に解除されている。お陰で何度もバスの中や電車の中で音が鳴り出して無茶苦茶焦ったことがあります。そして消音がされているかどうかを確認するためには、Androidの画面を点灯してマークを確認しなくてはいけないこと。いちいち取り出さないといけないことがめんどくさくてなりませんでした。当然、画面を確認したあとにまたポシェットにしまう時に、もしかしたら運悪く(?)音量ボタンが触れて消音が解除されてしまうかもしれないという不安感が全くぬぐえませんでした。これが精神的に全くよくない!『もしかしたら鳴り出すかも?』というのは、他人に迷惑をかけたくない私としては、とてつもない圧迫でした。ならポケットに入れろ?それでも音量ボタンが押されないという保証はありませんよね?あと、ポケットだと何かの拍子に落とす可能性が高いです。だからポシェットに入れて腰から下げているのです。消音にしてポシェットに入れたのに、勝手に解除されていないかどうかと何度も出し入れして確認する。強迫観念か!と一人突っ込みを入れたことが何度もあります。これってかなりのストレスですよ、いや真剣に。


3番目の理由は、起動に大変時間がかかること!iPhoneなら起動してパスワードを入れればそれですぐ使えます。ひるがえってAndroidはどうか?といいますと、まずパワースイッチを入れて起動します。一連の起動画面が出てパスワード入力まで来ます。パスワードを入れてすぐiPhoneのように使えるか?と言いますと違うのです。ここからまた最初と同じ起動画面が出てくるのです。なにこれ?2度起動しているの?パスワードを入れてから再起動をかけているのと同じ事です。iPhoneの起動になれている私としては、この起動にこれだけ時間を取られることが腹立たしい。せっかちじゃないですよ〜。特にこれが問題になるのは、最終の時間で映画を見たあと、電車の乗り継ぎなどのことで焦っているとき、この起動時間の長さがネックとなります。せっかく面白い映画を見て気分が良いのに、次の電車の乗り継ぎを調べたいのに起動が遅すぎてイライラ。気分ぶちこわしです。


4番目の理由は、そのセキュリティーについて。AndroidOSにも不具合があります。もちろんiPhoneのiOSにも。だからGoogleもアップルもセキュリティーアップデートをします。問題はAndroidOSのその自由度故、製造会社のカスタマイズが入ることです。私の使っていたMotorolaは、ほとんど手を付けない素のAndroidだそうですが、それでも2016年のセキュリティーアップデートはたった2回でした。ほぼ毎月のようにGoogleはパッチファイルを提供していました。でも実際に手元のAndroidに製造会社からパッチが配信されたのは、たった2回。そりゃ私は仕事でしか使っていないのでおかしなネットを見たりしません。でもセキュリティーに問題があるOSを日々使うのは、これまた精神的によくありません。Androidに比べればiPhoneはそのOSの自由度は低いです。ですが、その代わりセキュリティーがしっかりしてます。iPhoneでは、もう古い技術で穴だらけのFlashが使えなくしてあるのもそのためです。私の携帯には患者さんの情報が入っているので、セキュリティーには大変気を遣ってます。プライベートで使っているのであれば、Androidの方が遊びの要素が大きいので面白いことでしょう。ですが、仕事で使う道具としてはどうか?と。


先日の患者さんの治療後、日にちを確認するためにポシェットから出したら、また消音が解除されてた上、音量が最大にまでなってました。この瞬間、もうダメ。心が折れました。そんなのは小さな事だと言う人が必ずいるでしょうが、こちらが設定したことが勝手に解除されているというのは我慢なりません。少なくとも、iPhoneではこういうことがなかったのですから。私は、自分で機械を操作したいのです。機械に操作されたくありません。余談ですが、だから車もオートマ車はキライです。マニュアル車の方が良いです。


ほぼ1年ぶりにiPhoneに戻りました。iPhoneSEですが、やっぱりこの小ささが良いです。片手で画面の全てに手が届きます!画面が小さいから見にくいのでは?という意見も聞きましたが、慣れですよ、慣れ。最初のiPhone3Gの頃はSEより画面は小さかったのですから。あと、ひいき目かもしれませんが、私の使っていたMotorolaのMoto X Playより画面が綺麗と感じます。iOSの設定もこの1年で少々変わっていて。目覚まし代わりに鳥の声で起こしてもらえるなんて、良い機能が追加されていたのには驚きました。


自分の思い通りに使え、そして使用者にストレスを極力与えないのがよい道具です。逆に、ちくちくとストレスを与える道具は悪い道具です。ストレスを極力感じず、仕事に集中するためなら、多少高くてもよい道具を職人は求めます。よい道具でなければ、望む結果を得られないからです。とまぁ、これってiPhoneを持つがための言い訳でしょうか?


まぁ、色々書きましたが、私はやはりiPhoneでなければ私の要求に応えられないと思います。

« 死を選ぶより、生き抜いて将来笑ってやった方が | トップページ | なんでこういう差別発言がでるかな〜? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事