2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 死の体験旅行について | トップページ | ヒマラヤ〜地上8000メートルの絆〜を見てきました »

2016年8月27日 (土)

ストリート・オーケストラを見てきました。

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


ストリート・オーケストラを見てきました。個人的ランクB+。公式ホームページはこちら


よかったですわ〜、これ。ブラジルのスラム街のひどさ。実際はこんなものじゃ無いでしょうけど。ギャングが牛耳っていて、子供たちですら犯罪に手を染めなければ生きていけなかったりする。おかしいですわ。ブラジルという国の影の部分です。急成長した分、貧富の差がもの凄いわけですね。中国と同じですが、まだ自由がある分、中国よりマシかもしれません。


子供たちが音楽でだんだんまともになっていくのが素晴らしい!音楽、それもクラシック音楽の持つ力と言うべきでしょう。これがヒップホップやヘビメタでは無理だったのでは無いか?と思います。あぁ、別に否定していませんよ。否定じゃ無く、観察の結果を述べているだけですからね。以前読んだ科学記事でありましたが、植物にクラシック音楽を流して育てたら(確かモーツアルトだったかと)、非常に成長がよく大きな実がなったそうですが、ヘビメタを流して育てたら途中で枯れてしまったそうです。個人的には、音は振動です。波長です。そして細胞も実は波長を持っています。クラシック音楽の持つ音の波長は、生物のもつ波長と合っているのでしょう。ヘビメタは逆なのでは?


個人的には、今現在の本物のストリート・オーケストラをエンドテロップ中でも良いので、もっと流して欲しかったです。あれ?それともあの子供たちのほとんどが実際のストリート・オーケストラの楽団員なのかしら??


どん底のスラムで生きる子供たちが、希望を見いだしていく姿は素晴らしいの一言です。希望、人間にとってこれほど大切なものは無いと、再度教えてくれる良作の映画です!

« 死の体験旅行について | トップページ | ヒマラヤ〜地上8000メートルの絆〜を見てきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事