2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 夫婦フーフー日記を見てきました | トップページ | シグナルを見てきました »

2015年6月 6日 (土)

ピッチ・パーフェクトを見てきました!

ピッチ・パーフェクトを見てきました。ピッチであってビッチではありませんのでご注意ください。(笑)内容的にはビッチでも十分行ける、というか、監督もピッチとビッチを入れ替えても行けることを狙っていたのでは?と思えるほどです。個人的ランクB+!良い作品でした!

主役ベッカのアナ・ケンドリックが美人!(しかし最後まで化粧ばっちりなのが・・・。)そして歌声が綺麗でうまい!いや、この映画に出ている人たち全員歌がムチャクチャうまいんです!!公式ホームページによると、歌が歌えて踊れる役者さんばかりだそうで、心の底から納得しました。

冒頭から下品なギャグが出ますが、これは日本人にはあまり受けないでしょうね。私は大笑いさせてもらいましたが。本家アメリカの劇場なら、観客全員手を叩いて大笑いしているシーンですよ。それ以外の笑えるシーンでも、笑っていたのは私だけのようで・・・。む〜、こんなに下品でおもしろいのに!!!アメリカンジョークですから日本人には分かりにくいのかもしれません。『あと1cmの恋』と同じ状況だなぁ〜。

この映画、映画が始まる前のシーンから注目です!そのBGMまでもがアカペラなのですから!!そしてどうやらこの映画、劇中のコンペティションシーンなどは全てアカペラのようです。(そうでなければこの映画の根幹が崩れるかと思います。)いやもう、アカペラの凄さに圧倒されますよ!曲もテンポも良いものですから、見ていて体がリズムに合わせて動いてしまいました。劇場が空いていてよかったぁ〜とつくづく思いました。あ、でも私の体が動いているのを他の客に見られていたかも・・・。(@@;)

ミュージックコメディーとして逸品だと思います。そして元気がもらえます!「はじまりのうた」でも同じように元気をもらえましたが、このピッチ・パーフェクトは笑いから元気がもらえます。

劇中のコンペティションシーンで入る解説者のコメントが、これまた大笑いできます!もう、毒舌たっぷりで。

言葉遊びが冒頭で入るのですが、訳が残念!他の部分の訳はよかっただけに、やはりこういう言葉遊びは訳しにくいのは分かりますが、もうちょっと何とかならなかったか?と。これを読んでいる人は私の様に訳のチェックをする人はごく少数だと思いますので書きますが、継母はStep Motherです。これを言葉遊びでStep Monsterとベッカは言い換えてます。個人的には素直にステップモンスターと訳した方がよかったのでは?と思うのです。

男性アカペラグループの『トレブルメーカーズ』のリーダーの傍若無人ぶりが徹底していて笑えます。や〜、いくら実力があるからといってもそこまで現実生活でわがまま放題にやったら、最後は痛い目に遭うぞ〜と思わせる性格ですわ。ですが実際、そういう人間がいるのも事実です。(個人的には、今の日本ではこういう傍若無人な輩が激増しているなぁとつくづく感じます。そしてそういう輩の自らのわがままな行動を正当化して曰く『個人の勝手』『自由』『誰にも迷惑かけてない』です。本当の意味分かっているのか??と問いたいです。)

今年二作目の音楽で元気がもらえる映画です。デート映画としてもおすすめ!ただし下品なギャグを受け入れられないのなら止めた方が良いかもしれません。でもそれを補ってあまりあるほどパワーを持った映画だと私は思いますよ!だまされたと思ってぜひ行かれてください!!こんな良い作品が2012年にアメリカでは上映されていたとは。3年も経ってから日本に〜。日本でも上映されたから良いけど、きっと同じようにおもしろいけど日本で上映されていない作品がたくさんあるんだろうなぁ〜。ホラー映画なんて特に・・・。

« 夫婦フーフー日記を見てきました | トップページ | シグナルを見てきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事