2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 靴職人と魔法のミシンをみてきました | トップページ | 繕い裁つ人をみてきました »

2015年6月27日 (土)

サンドラの週末をみてきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

サンドラの週末をみてきました。フランス映画です。個人的ランクC-。


鬱病をわずらって休職していて、復帰したとたんに解雇通知。でも家のローンなどがあるため仕事は続けたい。続けるためにはボーナスと引き替えにサンドラの雇用を同僚に支持してもらわなくてはならない。そのため同僚たちにボーナスをあきらめて自分を助けてくれ・支持してくれと頼んで回る2日間を描いた作品です。


ここからネタバレを含みますので、読みたくない方は飛ばしてください。































鬱病が治ったとサンドラは言い切りますが、いやいやいや、あなたのその行動は治ってませんがな、です。単に薬で押さえつけているだけでしょ?と医療者の視点で見てしまいました。辛いことが起こりそう、起こってしまうたびに抗うつ剤を服薬。夫も「また飲んでいるの?」と注意しますが聞きゃしません。あげくに大量服薬して自殺を図ろうと。ここまでするのによくもまぁ、鬱が治りましたといえるものです。


しかしこの映画、元々の起こりは彼女の復職が原因というのではなく、単に会社の経営が悪化、そのためのリストラというのが事の起こりです。そしてその際に主任によるパワハラもあって。この主任に対して非常に怒りを感じます!!この主任、弱い立場の人(契約社員)にあからさまな圧力をかけていました。そりゃ契約社員は契約更新してほしいが故に、権力を持っている輩の言いなりになってしまいます。この弱者を権力でもって操る、というのは本当に心底腹が立ちます。自分がそれをされたらどう感じる?どう思う?という想像ができない動物以下のダニ以下の輩です。


彼女に好意的な社員もいれば、「俺たちの金を何でこんなやつに分けなくちゃいけないんだ!」という自己中心的な馬鹿もいます。この馬鹿はそのことで自分の親すら殴るのです。親を殴った後、その場にいたガールフレンドと一緒に車で立ち去ります。おいおい彼女。そんな金の亡者で怒りで親すら殴るような馬鹿と一緒にいると、あなたが同じことをされるよ〜と余計な心配までしてしまいました。(似たもの同士だから一緒にいるのですしね。どうなろうが自業自得というものです。が、それでもと思うあたり、私の甘さです。)


彼女の同僚の一人が、彼女のこの行動のおかげで自分が旦那からDVを受け続けていたことにようやく気がつき、離婚を決意します。彼女の行動が、別の人間に真実に気がつく手助けとなっています。DVを受け続けていたと言うことに気がついた友人、離婚を決意したのは英断です。


また情けないことに、この社長もクズなんですよ。冒頭でサンドラから再度投票をと訴えられる前に会社から逃げようとしていましたし。彼女の努力の甲斐あって、彼女の復職をどうするか?という社員の投票は五分五分に。引き分けでは彼女の負けなので会社を去ろうとしたときに引き留めます。しかし、その引き留める条件がひどい!契約社員をすべて切る代わりにサンドラを復職させる、というものでした。サンドラは契約社員からも彼女の復職の応援を受けていましたし、契約社員を主任の嫌がらせからも何とか守ると約束していましたから、この社長からの提案は到底のめる条件ではありません。ここでサンドラが自分の身のみがかわいいという人間なら、この社長の条件をのんで復職したでしょう。でも彼女はりりしくこの糞社長の提案を蹴って会社を去ります。その後ろ姿には、自分は職を失ったけどその代わり別の人たちを守ることができたと言うこと、自分には良い仲間がいたと言うこと、そして支えてくれる家族がいると言うことを理解しているのです。また職を見つけるわ、と夫に電話しているその笑顔には、自信が出ているのです。


リストラとそれに関わるパワハラ。実際はこんなものじゃなく、もっと陰湿なやり方で解雇しているのは間違いないでしょう。この作品ではサンドラは結局職を失いますが、その代わり自分は一人じゃない、という大切なことを思い出します。捨てる神あれば拾う神ありですし、人間万事塞翁が馬です。そのことを再度確認できるという意味ではいい映画です。


パワハラ、DV、強制解雇、こういう他者をおとしめる行為をしたら後で必ず自分に戻ってきます。因果応報・カルマです。これは存在します。だからこそ、自分がされたら嫌なことは他者にしてはいけないのです。

« 靴職人と魔法のミシンをみてきました | トップページ | 繕い裁つ人をみてきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事