2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« ようやく全国紙でも取り上げられましたが | トップページ | 実写版『ルパン三世』を観てきました »

2014年9月 2日 (火)

めぐり逢わせのお弁当を観てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

「めぐり逢わせのお弁当」を観てきました。いや、よかったです〜。大人の恋愛映画と言っていいのではないでしょうか?公式サイトはこちら。個人的ランクB+です。

公式サイトから一部抜粋しますが、

インド・ムンバイでは、お昼どきともなると、ダッバーワーラー(弁当配達人)がオフィス街で慌ただしくお弁当を配って歩く。その中のひとつ、主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕を振るった4段重ねのお弁当が、なぜか、早期退職を控えた男やもめのサージャンの元に届けられた。神様の悪戯か、天の啓示か。偶然の誤配送がめぐり逢わせた女と男。イラは空っぽのお弁当箱に歓び、サージャンは手料理の味に驚きを覚える。だが夫の反応はいつもと同じ。不審に思ったイラは、翌日のお弁当に手紙を忍ばせる・・・。

でストーリーが始まっていきます。いや、このダッバーワーラーやインドの街中の騒々しさ等々、今世界で最も発展中とも言えるインドのパワーに画面を通して圧倒されてしまいました。

現在のメールや携帯電話でのやりとりではなく、手紙。これがとても良い味を出します。日本でも一時メールで年賀を出して年賀状を送らなくなるのでは?と言われていましたが、年賀状のあの手紙で書いて出す、と言う行為の良さは決して廃らないと思います。私もデジタル物は大好きですが、それとほぼ同等かそれ以上にアナログの物が大好きです。アメリカにいたとき、時々届く日本からの手紙。それがどれほどうれしかったことか!ですのでこの映画を観ていて、サージャンとイラの手紙のやりとりはほほえましく、そしてその手紙を受け取るうれしさを自分のことのように感情移入して観ていました。

イラが映画が進むにつれてどういう行動を取るか、そしてサージャンは?これは是非映画館でご覧になって確かめてください。うん、再度書きますが大人が観るべき恋愛映画だなぁ〜。デート映画としてもピカイチだと思います。観た後に妙に私の大切な人たちに手紙を書きたくて仕方がありませんでした。メールではなく、あえて手紙で。即座に相手に届くというのも良いことなのでしょうが、想いを届けるには文字に想いを込め、手紙にしたためてそしてそれを第三者の手によって届けてもらう方がより強く届くのかもしれませんね。

« ようやく全国紙でも取り上げられましたが | トップページ | 実写版『ルパン三世』を観てきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく全国紙でも取り上げられましたが | トップページ | 実写版『ルパン三世』を観てきました »