2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 地獄でなぜ悪いを見てきました | トップページ | エリジウムを見てきました。 »

2013年10月 2日 (水)

うわ、これはすごい・・・

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

風呂上がりにネットサーフィンしてニュース記事を見ていたら、以下の記事が目に留まり、驚きました。ネズミが嫌いな人、とにかく小さいものが好きだけど大きなものは嫌いな人は見ない方が良いです。


農民が体長1メートル弱の大ネズミを捕まえ酒の肴に―湖南省邵陽市
2013年10月1日(火)14時20分配信 Record China

2013年9月29日、燕趙都市報は記事「農民が体長1メートル弱の大ネズミを捕まえ酒の肴に、骨が硬く包丁2本がおしゃかに」を掲載した。湖南省邵陽市邵陽県五峰鋪鎮冷水村の農民が体長90センチもある大ネズミを捕まえた。

ここ数年、養殖池の魚が大量になくなる事件が続いており、村民たちは日夜警備を続けていた。ネズミが魚を捕って食べる姿が何度か目撃されていたが、逃げ足がはやくこれまでは取り逃がしてきた。

25日、ついにネズミを捕まえることに成功した。体長90センチ、体重5.1キロもある大ネズミで、2キロはあろうかという魚を捕まえて食べていた。これまで散々被害にあってきた農民たちだが、この大ネズミを料理して酒の肴にすることでお返ししたのだとか。骨が硬く包丁が2本壊れてしまったという。(翻訳・編集/KT)

Viewrcdc20131001018world

 

こ、これは凄い・・・。私も以前大阪にコンサートに行った際、帰りの電車がなくなり大阪で一晩過ごしました。(ホテル泊まりではなく、ビリヤード場で夜を過ごしました。(^_^;)翌朝早朝、梅田の繁華街を歩いているときにゴミ箱の周りに黒い生き物がたむろしているのを発見。クロネコがゴミ箱をあさっているんだなと近づいてみると、それが実は体長30cmはあろうかというまるまる太ったドブネズミたちでした。似たような大きさのドブネズミを名古屋地下鉄の東別院のホームで見たことがあります。あれは恐怖でしたがこの記事によると今回のネズミは体長90cm!体重5.1キロ!そりゃこれだけ大きければ養殖池の魚を狩って食べますわ。どうやって捕まえたのか気にはなりますけどね。

しかも、被害に遭ってきた農民が仕返しとばかりにこの大ネズミを食べた、と言うのも又・・・。一匹だけなの?もっといるんじゃないの?と思えて仕方がないのは私だけでしょうか?

ほ乳類のみならず、生物が常識を越えて巨大化することは多々あります。特に魚類においてはその傾向があると思います。餌を食べれば食べるだけ大きくなる、と言う。しかし、ほ乳類では限界が自ずとあると思うんです。人間でもホルモン異常でない限り身長はどんなに大きくても2メートル止まり。体重も(自分で動くことができなくなるほど太ったとしても)200〜250キロが限度では?ネズミも同じほ乳類ですので、餌を食べ続けることができたからここまで大きくなった、とはちょっと考えにくいです。もしかしたら新種のネズミか、なにかの化学物質(環境ホルモンなど)による遺伝子異常ではないか?と私は思えます。昨今の中国本土における広範囲の環境汚染、それが原因ではないのか?と勘ぐってしまいます。骨が硬くて包丁二本が壊れたそうですが、あの肉厚の、切ると言うより叩き割るというほうが正しい中華包丁が、ですか?にわかには信じがたいです。(実はこのネズミの骨はウルヴァリンと同じ材質でできていまして、と言う下らん冗談を思いついてしまいました。(..;))

なんにせよ、こんなネズミが人家に入ってきていたら、寝ている赤ん坊は間違いなく食い殺されますね・・・。いや、これだけ大きければ大人でも危ないかもしれないです。ぶるぶるぶる・・・。

« 地獄でなぜ悪いを見てきました | トップページ | エリジウムを見てきました。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地獄でなぜ悪いを見てきました | トップページ | エリジウムを見てきました。 »