2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お薦めの本

無料ブログはココログ

« 2011年の幕開けとなりました | トップページ | 100歳の少年と12通の手紙 »

2011年1月 8日 (土)

『うまれる』を見てきました

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

もう2010年のことになりますが、『うまれる』を見てきました。

2010年一番泣けた映画でした。2009年は『私の中のあなた』でした。

日本映画でこれほど泣かされたのは初めてかもしれません。映画館でも年を問わずカップルが多かったです。もう、はじめから泣かされたのは実に『パッチアダムス』ぶりでした。

私の患者さんで出産に恐怖感を持っておられた方がおられましたが、この映画を見てその恐怖感が消えたそうです。

これからご結婚や出産を迎えられる方、なによりこれから恋愛をして行くであろう小・中・高校・大学生には必ず見ておいてもらいたいドキュメンタリー映画だと思います。特に小・中・高では授業の一環として、今の厚労省が指定しているおかしな性教育の映画より、ずっと価値があると思います。それぐらいすごい映画だと思います。

« 2011年の幕開けとなりました | トップページ | 100歳の少年と12通の手紙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年の幕開けとなりました | トップページ | 100歳の少年と12通の手紙 »